劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-

1005
視聴者数
-%
満足度
-
評価数

基本情報

タイトル (かな)
げきじょうばん そーどあーとおんらいん おーでぃなるすけーる
メディア
映画
リリース時期
2017年冬
公式サイト
sao-movie.net
公式Twitter
@sao_anime
ハッシュタグ
#sao_anime
Wikipedia
ja.wikipedia.org
MyAnimeList
31765

動画サービス

シェア

Annictサポーターになると広告を非表示にできます
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

川原礫
原作
abec
キャラクターデザイン
足立慎吾
キャラクターデザイン
足立慎吾
総作画監督
A-1 Pictures
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
総合的にはさすがの完成度。お決まりのアスナとのラブラブっぷりではあったけど、アクセルワールドに向けたARとか、SEOでのYUNAの存在がしっかり描かれていたりとか、最後のシーンでアリスプロジェクトにつなげるとか色々つながる丁寧なストーリー作りが好き。神田沙也加起用の曲を戦闘BGMにするとかも良かった。 戦闘シーンは全体的に気合入っているのは伝わるが、スピード感がありすぎてちょっとついていけなかったのが個人的には残念。静と動、そしてスローををうまく組み合わせてるのがSAO戦闘シーンの良いところだったのでもっと見たかった。 総じて非常に満足度は高い。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
思いの外、良かった。ワグナリア出てきたのウケた。 やっぱ劇場版アニメは劇場で見るべきだなーと感じた。 ラストバトルは見もの。
評価
全体
記録用
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ディープラーニングがただ単に""それっぽいから""って理由で使われてる感があったけどそれ以外はすごく良く出来てて非常に面白かった. 「二刀流のキリト」,「果たせなかった100層のボス撃破」,「(事実上)絶対に死んではいけない状態のキリト」など視聴者的には見たい要素がきっちり詰め込まれつつもしっかりストーリーが進むので120分という映画にしては多少長い時間も全然飽きずに見ることが出来る. 個人的には旧SAOを体験してるキリトとOSからのプレイヤーとの比較が細かくてすき.旧ボスが出てきたときにもOSからのプレイヤーは「死にゲー」と言いながらなにも考えず突っ込んで死んだ後に「あーあ死んじゃった」って言ってるあたりに「死んでもいいゲームとしての本来の姿」と「旧SAOの命を懸ける異質さ」が強調されていたのかなとも思う. ただOSが「死んでもいいゲーム」から「記憶をかけた戦い」に発展することで実質絶対に死んではいけないゲームをやっているキリトを描画してるのが非常に良かった.だからこそ周りが「たかがゲームで」と言ってるのに対して完全にマジな状態でゲームをプレイしてるキリトとのギャップがあったりと置かれてる状況の違いが随所に見られてそういうところも面白かった.
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
キリトさんサイコー 全くふざける様子もなく、糞真面目にネタ発言を連発してくれるキリトさんはさすがです。 ・「君たちゲームしすぎじゃない」 ・「それはどうかな」腕の重りドサー etc・・・ キリトとアスナの関係は完全に出来上がっていて、安心感すら覚えました。 劇中に出てきていたSAOの歴史本読んでみたい。
2回目は爆音でみたのだけども、音響的にそこまで変化がなかった感じでした・・ ユナのユビキタスDBホント好きだ~ 最初のARの戦いが激しくてかっこいい
アクションから何からかっこよかった… 最初の一部でシリカが突如歌う的な所も可愛かったし、 この作品の鍵となる神田沙也加演じるユナの歌やその他の所も色々と素敵だった… それとは別に、噂になっていたワグナリアでキリト達が会話などしてたシーンがあったのが個人的にはおっ!って思った・・・ アスナが記憶を失いかけてしまった診療室での診察結果を聞いた直後のシーンでは「嘘でしょ」…って印象があり、 また、病院のロビーで絶望に近い様な会話やその後主に顔が青ざめて倒れてしまった時などの場面では、ちょっとした意味での(小さな)感動に近い状態な印象があったな… でも、アスナのために戦うキリトもかっこよかった…(100層のシーン) 梶浦由記さんの作る音楽も含めて色々と映像にあっていてそれも含めて素晴らしかったです。 でも、やっぱりこのアニメをテレビ版から色々見続けてる自分は、瞬時には思い出せない部分もあるかも知れないけど、やっぱり色んな意味で素敵な(この作品も含め)ところがいっぱいあったな…
評価
全体
控えめに言って最&高
評価
全体
アクションシーンと楽曲が素晴らしすぎる!サウンドトラック速攻購入(*´ω`*)
評価
全体
待ちに待ってました。 とりあえず疲れましたw 映像が綺麗っていうのと、戦闘シーンの迫力と緊張感は1期から変わらず眼を見張るものがあります。 ストーリーよりも戦闘シーンを楽しみにしていたのですが思っていたよりも多くて幸せいっぱいでした。特に最後の戦闘シーンは圧巻! 内容はこの短時間によく詰め込んだなーって感じ。SAO、ALO、GGOキャラも所狭しと登場させ、ユイの超裏ワザ発動してのボス戦は観てきた人の心をくすぐりますね。 雑になってしまうところは仕方がないといったところでしょうかw でもやっぱりARよりVRかな!

統計

Watchers

Status

商品はありません
商品を登録する

関連作品

Annictサポーターになると広告を非表示にできます