Sword Art Online Movie: Ordinal Scale
2016 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

Sword Art Online Movie: Ordinal Scale

3285
Watchers
-%
Satisfaction
0
Ratings

Information

Title (kana)
げきじょうばん そーどあーとおんらいん おーでぃなるすけーる
Title (alter)
SAO
Title (en)
Sword Art Online Movie: Ordinal Scale
Media
Movie
Release Season
Aired
2017-02-18
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)
Syobocal
MyAnimeList

Share

Synopsis (ja)

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

Source: https://sao-movie.net/story/story.html

Staffs

川原礫
Original Creator
伊藤智彦
Director
abec
Character Design
足立慎吾
Character Design
足立慎吾
Chief Animation Director
梶浦由記
Music
A-1 Pictures
Studio

Comments

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Average
Overall
Good

SAOを見た理由。
VRではなくARとしたこと、アインクラッドのボスが出現するという設定、など掴みは非常に良かった。しかしながら、気になったのは後半の展開である。
エイジ撃破までは良かった。撃破の鍵も伏線が貼られていたし、妥当な幕切れだと思った。ARとは思えない移動速度の描写は突っ込みたかったが...。
その後のラスボス戦、尺足りなくて駆け足で詰め込みました~感のある展開だと感じてしまった。もちろん熱いのだが、数だけで押し切れるほどなのだろうか?仮にもあのSAOのアインクラッド最上階のボス。犠牲もなければ対策を立てて臨んだわけでもなく、いまいち釈然としなかった。
キャラに関しても既存キャラはいいものの新キャラは並といった印象を受けた。映像・主題歌のクオリティは申し分ない。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

ちょっとツッコミどころがあることは否めないが、熱い展開に胸が躍る。
キャラ勢揃い、きちんとアニメを見た人には感動があるはず。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

GWに一気にソードアート・オンラインシリーズにハマったので、最後にDVDを借りてみた

⚠️自分なり、文字序列考えてない、ネタバレ多

まず考えたのが、もし2番手の彼がキリトだったら…ということ

誰にだって起きえる話だったんだろうな
あの歌手の子がアスナだとして
SAOのせいで大切な人を失った、自分は何も出来なかった…

そうやって自分を責める人が多い気がするここで描かれているキャラクターは

自分の過去を否定するやつに負けてたまるか

この言葉が1番心に止まった

キリトくんは序盤でサチを見殺しにしてしまった、とか
SAO内で3人殺していること

GGOの時点ではまだ乗り越えられてなかったんだよね

最終的に、あの事件に勝つために、乗り越えれたけど

少しでもキリトくんが弱ければ…or GGOに踏み入れてなければ、このセリフは言えなかったんじゃないか?

私はついつい2番手の男に同情してしまうな、あとお父さん
もし、2番手の男の状況にキリトがなったら、それでもSAOファンはついてくるのか?私はかっこいいと思うのかな…

でも、それでも彼は強く生きていける精神力を持っているから、かっこいい、尊敬と思うんだろうなぁ

私もそんな人になれるよう、明日からも頑張ろ
長文失礼しました😊

追加
あの2番手の男はSAOの立場について、しつこいほどこだわっていた、名前とか、呼び名とか、SAO時代のことについて

きっと…キリトくんはSAOで大切な人を無くしても、SAOの立場についてこだわったりしない…いや、実際していない
常に前を上を向いて立ち上がれる精神力、それがこんなにも映り方が違うのか…

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Good
Overall
Great

少しツッコミどころはあるが、今まで見たSAOシリーズの中で一番面白い話だった。特にラストバトルは熱い

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

abemaで視聴、見ながら書いていたけどリジェクトされて消えてしまった…
なるほどここから今やってるアリシゼーションにつながるのね~

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Good
Overall
Great

ARで戦闘ゲームってどうなんだろう。
アスナはARでも速いな。
現実の肉体ラグが多くて重いって言い草笑うw
最初全然興味なしの低ランカーだったのにアスナを助けるために鍛えて敵倒しまくって1位まで上り詰めるのがキリト君。
途中必死過ぎてエンジョイ勢に態度悪いのもキリト君w
オーグマーはARデバイスのわりに記憶スキャンとか機能盛り過ぎではと思っていたらナーヴギアの機能制限版で解除したらフルダイブ可能とか高機能すぎ。
んでもそのくらいの機能がないとこの話はできないからな。
アスナ参戦。つええ。さすが閃光、速い。
最後キリトが剣一振りするだけで敵消えて笑った。
さすが100層ドロップ。

Rating
Animation
Good
Music
Good
Story
Good
Character
Good
Overall
Good

アスナさんはやっぱりレイピア!
最上階のボス余裕で倒せてて笑う。

Rating
Overall
Good

題材は凄くよく取材してあるように思う作品。
劇場版作品ということで戦闘シーンの迫力も音響もこだわりが見える。
ただし、現実世界の視覚を使ったオーディナルスケールというゲームの仕様、オーグマーという機器の設定など見ていて「おや?」と思えるような要素が散見して設定面ではそこまで楽しめなかった。
上映時間2時間に収めるために大人の事情でごっそりカットしたのだろう部分は後々までにモヤモヤが解消されないままストーリーは展開されていく。
良い点をいえば、キリトやアスナだけではなく、他のSAO時代からの仲間の会話はとても楽しめた。
特にALOの部屋でのアバターチャット部分は楽しくみることができた。
オーグマーは絶対安全を広告していたくせに、また何度目かのリアルの身体や脳に障害をもたらすような事件を起こして、企業イメージを傷つけているのだがどこでその事実を隠蔽しているのか問題は根深いように思う。
周辺機器オーグマーがダメなのではなく、プレイヤー側のマナー違反について企業も責任をとらなくてはいけない事実(例えば公園でゲーム中に怪我をしたクラインたちの事件は表立てすれば次回開催は中止にという判断もありえる)の隠蔽は非常に難しい。
あれだけ人が騒げばARをしていない人たちのクレームもあるだろう。
運営側には対策も何もなく不干渉…という風にしてもらわないと1プレイヤーであるキリトたちの行動は無駄になってしまう。そこに作劇の不自然さはぬぐえない。
一つ良かったと思う点は、キリトさんがオーディナルスケールランキングではそこまで目立ったプレイヤーではなくあくまで現実世界での謎解きに終始したこと。
SAOの記憶を狙うという敵の目的に関しては、またか…としか思わなかったが、2年間も仮想世界に閉じ込められて隔離されたまま死んだ娘のためにしたという動機は納得がいくものではあった。
やり方は荒が多すぎて笑えないレベルであったが。
ちなみに、キリトがSAOという作品で主人公でいられる大きな要素がAIに好かれているという点である。AIに好かれているからこそ事件の本質を見抜く探偵役ができるのだろう。本劇場版でも最大に利用して立ち回っていたのは面白かった。
終盤の戦闘ではSAO時代のデータのロードと称して最強装備の戦闘が見られる。
SAO100層の使われなかったデータが使われたというのもファンサービスで良い点だと感じた。
最後に…茅場明彦はネカマを許さない。つまりアバターの性別がそのまま現実でも女の子であることは保障されている。
クラインの望み通り仮想世界でも現実より遥かに女の子との出会いに繋がる要素があることになり現実より進んだ婚活ができるかもしれないと感じた。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Great
Overall
Great

Abemaで放送があったのでみました。
ちょっとIngress、ポケモンGOが思い浮かぶAR戦闘。
全体的にユナ関係をもう少し掘り下げてほしかったなぁという思いはあるけど、尺の都合もあるし仕方なし。
SAOといえばやっぱ自分が期待してるのは戦闘シーン(とイチャイチャ)なんだけど、さすが劇場版だけあってどの戦闘も見ごたえがあった。
特に最後のかつて見ることが叶わなかった100層ボスとの対戦が良い。
かつての仲間や一緒に戦った人たちが加わるのもそうだし、以前の衣装になるのも○。
そしてSAOの記憶は無くしてるけど、ALOの記憶はあるわけで、それでユウキを引っ張り出してきて戦うアスナはちょっと卑怯で涙腺が…。
1期、2期ファンであれば見て損はないと思う。

Rating
Overall
Good

交通費やべえな。
あとはディープラーニングで。
面白かったけどもうちょい親子の心理描写みたかったな思った。
けどファン向け作品ていうのあるだろうしこういう感じなんだなっていうの分かった

Stats

Watchers

Status

Related Works