好きなことを頑張ることにおしまいなんてあるんデスカ!?
llxyo.github.io

サービス開始日: 2017-06-27 (1493日目)

視聴状況

お気に入りの声優

赤尾ひかる
5作品見た
高田憂希
6作品見た
堀江由衣
26作品見た

お気に入りのスタッフ

中村彼方
2作品見た
古川知宏
2作品見た
小出卓史
2作品見た
岩浪美和
30作品見た
浜口史郎
7作品見た
岩崎琢
4作品見た

お気に入りの団体

アクタス
8作品見た
CloverWorks
8作品見た
LLxyo が記録しました
評価
全体
とても良い

10カ月ぶりに映画館で涙がとめどなく溢れた

大切な人だからこそ大切な本音を表に表すのは難しかったりするし、時に真逆のことが口をついて出てしまうこともある

近すぎるからこそ複雑になってしまう関係の中で、あなたを想って遠ざかりたい気持ちとあなたの傍にいたい気持ちが絡み合ってしまって、互いに想い合っているのにすれ違ってしまう

だけどそれを伝えることができる時間は永遠に用意されているわけでない
そして、なかなか伝えづらい素直な想いを伝える手段を手紙は担えるのかもしれない

LLxyo が記録しました
評価
全体
とても良い

1年ぶりに映画館で
小学生くらいの子どもにとっては特に聴覚障碍者というのは未知の存在で、自分も硝子の行動の意図を時折図りかねる時があった
聴覚障害者だからか人一倍誰かと仲良くなりたがっていて硝子が他の人の行動の尺度と違っているのかもしれないと思った、例えば悪口の書かれた筆談ノートを大切そうにしていたことだったり

でもこれは硝子に限らず、いじめの加害者ということに囚われた将也や被害者の家族ということに囚われていた結絃や母やその他の登場人物も何かしらの考えに囚われていた

そして、そういった縛られた思考のフィルターと照れや後ろめたさ、建前などによって本音を隠してしまうことが重なってしまうとすれ違いはより決定的で元に戻れないものになってしまう

この物語では小学校での出来事が元に戻れないきっかけとなったが、その後加害者と被害者の立場が逆転する事件が起きて、それを経て幸か不幸か元に戻ることができた
立場が逆転することで互いの壁、フィルターを破ることができた

一番好きな場面に最後の上野が硝子に「バカ」と手話を送ったとこがある
それを愉快そうに受け止めた硝子は気の使わない、ある意味聴覚障害者という壁を突き破ったフラットなコミュニケーションを特別に思っていたように思える、もちろん親切に優しく接されたりサポートされることも硝子にとって嬉しいものであっただろうことは言うまでもないと思うが

障碍者じゃなくとも他人との間には色々な壁があるし、そういったものを乗り越えた向こう側の想いを想像してみる、佐原が劇中で言っていたように見方を変えてみることがこの129分から得られるものの1つだったと思う

LLxyo が記録しました
とても良い

感情の欠けていた来ヶ谷唯湖にとって、リトルバスターズの放つ眩しさは何よりも羨ましいもので、その輪の中に入ればずっとそこにいたい居場所だった

この強い想いはこの楽しい時間を夢の中に閉じ込めてしまった
だけど、運命に従ってこの今も終わりを告げる

いつまでも続いて欲しいこの楽しい青春の瞬間も、理樹のそばにずっといたい恋心も切なく寂しくも散ってしまい、忘却の果てに消えてしまう

穏やかだけど騒がしくて楽しい日常だからこそ切なさは一層積もり、それは悲しみとなり涙となって流れ落ちる

最後の場面の来ヶ谷さんの笑顔はもう最後だから思い残すことのないようにという程の笑みで、だからとても、とても切なかった

LLxyo が記録しました
とても良い

恋する来ヶ谷さんがかわいすぎる
そしてこの世界の真実に近づきつつある感じ

LLxyo が記録しました
良い

来ヶ谷さんは相変わらずカッコいい

LLxyo がステータスを変更しました
見てる
LLxyo が記録しました
評価
全体
良い

仲間が集い、仲間と進む物語
愉快で楽しいゆるい日常回もあれば、重い苦難に立ち向かう回もあり、いつもそこにはリトルバスターズの仲間の姿があった
何より個性的なキャラクターたちが楽しい

LLxyo が記録しました
とても良い

その優しさこそが理樹の強さであり、それがリトルバスターズのメンバーを集めてこの仲間たちでの物語を作ってきた

それでもいつまでもリトルバスターズは一緒じゃいられない、理樹もいつまでも恭介に頼れるわけじゃない
その優しさでみんなに寄り添ってきた強い理樹ならもう一人で歩いて行ける、そう確信できた

LLxyo が記録しました
良い

夢破れても、自分の殻の外に目を向ければ生きがいはきっとまた見つかる

LLxyo が記録しました
良い

歯車で繋がっているから前に進める

LLxyo が記録しました
評価
全体
良い

最後のシーンまさにサイダーのように言葉が想いが湧き上がって溢れるようでよかった
良い青春アニメ

LLxyo がステータスを変更しました
見た
LLxyo が記録しました
とても良い

いいおねショタ....とてもいい....

LLxyo が記録しました
評価
全体
とても良い

久しぶりに映画館で
重低音ウーハーだと機銃の音にも重さがあって楽しい
他校の戦いもわちゃわちゃ楽しい

LLxyo が記録しました
評価
全体
とても良い

久しぶりに映画館で
マイペースなマリーさまがかわいい
BC自由学園戦の最後の追い込みのとこは何度見てもすき

LLxyo が記録しました
評価
全体
とても良い

久しぶりに映画館で鑑賞&重低音ウーハーセンシャラウンド
轟音とみぽりんの機転が楽しい

LLxyo が記録しました
LLxyo が記録しました
良い

ホーリーマミさんがおもしろすぎるな

LLxyo が記録しました
LLxyo が記録しました
LLxyo が記録しました
LLxyo がステータスを変更しました
視聴中止
LLxyo が記録しました
とても良い

みんなにとってがまがま水族館は何かしらの拠り所で、くくるにとっては失くした家族との思い出の場所
だから、くくるはがまがま水族館に夢中になって全てを懸けるように奔走している

高校生で水族館館長はとても勇気の要るチャレンジだけど、そこはたくさんの生き物の命を預かっていて、たくさんの人の拠り所で、くくるが何でも一人で背負い込んじゃうには荷が重すぎるもの

色んな人に助けられて反省をして、最後の場面でくくるは無謀なこととは違う本当の勇気を確かめることができた

ファーストペンギンだって後ろに仲間が続いているから勇気を持って最初に飛び込める

LLxyo が記録しました
LLxyo が記録しました
普通

ゆいにゃかわいい

LLxyo が記録しました
とても良い

本当に大切にしてきた夢、だからこそ壊れてしまうのが怖い

夢を追いかけられる姿に憧れる英子にとっては、そうやって見て見ぬ振りをして夢から目を背けてしまうことが許せなかった

好きなことを本気でやることって偽らざる自分と向き合わなきゃいけないこともあるし、それ以外でも難しいことなんだなぁって

恭也の仲間を100%信頼し切れるとこもすごい

LLxyo が記録しました
普通

カッケー女すぎる

LLxyo が記録しました
良い

俺たちの壬生先輩を久しぶりに拝めて大満足

LLxyo が記録しました
良い

謎は深まるばかり

極限状態における人の心理、怖いわね