間違ってることを間違ってると「本人」に言う難しさ。それがどれだけ難しかろうがそれを選択できるひかりの意志の強さと決意の大きさが少しだけ見えた気がした。ひまりとひかりの間で何があったのかわからない、首輪の意味がそれなのかもしれないけど語らなくともそこにある大きな決意がきっと彼女らしさを作ってるんだろうなーとなんだか切ない気持ちになったけど、最後にはそれでも誰かがいてくれる温かい気持ちになった。

No comments