ギャグのお約束感はともかくとして、ハッとするような切ないシーン。なんと効率よく感情の一部分だけを震わせるのだろうと思いました。

No comments