エルルがイグザシオンになるための儀が行われることになった。 竜族から振る舞われたワインやクッキーを食べてて、 慎重ながらも聖哉は振る舞われたらちゃんと食べるんだぁ・・・ なんて思ったら、案の定食べた直後に吐いてて草。 口拭いてたのは、吐いた後だったからなのか。 もう完全にエルルを奈落に落とそうとしだしたあたりから 竜族は怪しさ満載になったな。 リスタの作ったものしか食べないってのは 聖哉もなんやかんやでリスタのことを信用してるんだな。 ドラゴンソードの素材に マッシュとエルルの毛が使われるのはわかるけど、 それ以上にリスタの毛が100本使われてて草。 女神の毛ってのはやっぱり特別な力があるんだなぁ・・・ 毛がなかったら、逆に合成できない説あるな。 エルルは大事な荷物持ち。聖哉なりのエルルへの思いが聞けて良かった。 素早さの種どんだけ摂取するんだ・・・って思ってたけど それもエルルの首飾りの呪いの 時間がないことも含めての聖哉の慎重さなのかもな。 リヴァイエを倒すことでエルルも無事に助けることができた。 リヴァイエが奈落に落ちたことで出てきた剣は イグザシオンじゃなかったのね・・・ 竜族をだますことで、まあwin-winで円満に解決することができたな。 イグザシオン以外の別の方法も見つかるといいけどな。 魔王側の強そうな敵が最後に出てきたな。

No comments
土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会

Shinchou Yuusha: Kono Yuusha ga Ore Tueee Kuse ni Shinchou Sugiru