Good

何かやりそう、と1話を見た時点から思ってきたが「何かやりそう」のまま最後まで行って終わりそうな気がした。
脚本は岡田麿里さんなので最後には何かしらある。ただそれが私の心を震わすのか、今の時点ではそう言い切る自身がない。
思ってたより「普通」のラブコメをしているといった印象。最後のシーンにより面白い要素は生まれたものの。
期待はずれ感

「普通」のラブコメにしては良い作品だとは思う。1話の時点で勝手に期待値を上げてしまった私がいるせいでこの作品にのめり込めない。

0

No comments
岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

Araburu Kisetsu no Otome-domo yo.