こうして観るとまどマギというのは改めてエポックな作品であったのだなあ、と。

No comments