機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア
創通・サンライズ

Information

Title (kana)
きどうせんしがんだむじおりじん かなしみのあるていしあ
Media
Movie
Release Season
Aired
2015-10-31
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)

Share

Characters

No Characters

Staffs

No Staffs

Comments

Rating
Animation
Music
Story
Character
Overall

「シャアさん」で笑ってしまった

Rating
Animation
Music
Story
Character
Overall

19/08/20

Rating
Animation
Music
Story
Character
Overall

サブタイトルの通り、アルテイシアが可哀想すぎる。キャスバルは心底にザビ家への怨念を抱えているから、成長するに連れて冷酷さと何者にも負けない強かさを身に纏うようになる。宿願を果たす道を歩むために兄妹の縁を断つ覚悟を持つに至るまでの経緯が見事に描写されている。彼の考えは彼の口から語られないが、表情や行動で示されているように感じた。
ザビ家の中でもドズルはラル家とダイクン家に対する温情を持っている風に描かれていたが、1stガンダムではどうだったか記憶にない。ランバラルは若い頃からワイルドで格好良いけれど、彼とハモンもまた数奇な運命を辿る人物。また、この時点でジオンが試験開発中のモビルワーカーはまだ機動性が低く、後のザクがいかに飛躍的に優れた性能を誇ることになるかが分かった。
ルウムに兄妹が移り住んだことと、ルウム戦役の関係性はおそらく次作で明らかになるのだろうと推測する。
まだローティーンと思われるヤシマミライとその父がキャスバルとアルテイシアを匿う手引きをしていたり、地球から父と共にコロニーに向かう幼いアムロが描かれていたり、ファンサービス的な1stガンダムへの伏線が引かれていたのは嬉しい。
このORIGINEのシリーズは1stガンダムからの逆引きで設定とプロットを作らねばならない、即ち名作のキャラクターや物語の過去を創作しているために、作品存在自体の是非を問われることがあるかもしれないけれど、個人的にはとても楽しめる仕上がりになっていると感じる。ただ、1stガンダムのコンテクストがある程度頭に入っていないと楽しめないかもしれないとは思う。

Rating
Animation
Music
Story
Character
Overall

蛇足感半端ないです。
がっかりしました。

Stats

Watchers

Status

Related Works