Koukaku Kidoutai: SAC_2045
士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

Koukaku Kidoutai: SAC_2045

457
Watchers
92.43%
Satisfaction
88
Ratings

Information

Title (kana)
こうかくきどうたいすたんどあろーんこんぷれっくす
Title (en)
Koukaku Kidoutai: SAC_2045
Media
Web
Release Season
Aired
2020-04-23
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)
MyAnimeList

Video Services

Share

Synopsis (ja)

When sustainable war spawns a "post-human" threat,
Major Kusanagi and her Section 9 team are called back into action

In the year 2045, after an economic disaster known as the Synchronized Global Default, rapid developments in AI propelled the world to enter a state of “Sustainable War”. However, the public is not aware of the threat that AI has towards the human race.

Full-body cyborg Major Motoko Kusanagi and her second-in-command Batou are former members of Public Security Section 9, who are now hired mercenaries traveling hot devastated American west coast. This land is full of opportunity for the major and her team, they utilize their enhanced cyberbrains and combat skills from their time working in Section 9. However, things get complicated with the emergence of “post humans,” who have extreme intelligence and physical powers. The members of Section 9 comeback together again in order to face this new threat.

Source: https://www.ghostintheshell-sac2045.jp/

Staffs

士郎正宗
Original Creator
神山健治
Director
荒牧伸志
Director
神山健治
Series Composition
イリヤ・クブシノブ
Character Design
松重宏美
3Dキャラクタースーパーバイザー
臼井伸二
プロダクションデザイナー
寺岡賢司
プロダクションデザイナー
松田大介
プロダクションデザイナー
田崎真允
モデリングスーパーバイザー
錦織洋介
リギングスーパーバイザー
井上暢三
リギングスーパーバイザー
清塚拓也
エフェクトスーパーバイザー
高橋孝弥
ライティングコンポジットスーパーバイザー
定松剛
編集
戸田信子
Music
陣内一真
Music
高木創
サウンドデザイナー

Comments

Rating
Animation
Good
Music
Good
Story
Great
Character
Good
Overall
Great

見た目や動きに癖はあるものの攻殻機動隊の面白さは変わっていないように感じました。
動きに関しては冒頭の大事なシーンですら違和感を覚える出来で、慣れが必要でした。各話にオチがないところは、配信だからこそなせる技かと思います。

Rating
Animation
Average
Music
Average
Story
Average
Character
Average
Overall
Good

▼12話すべて観た。

攻殻機動隊は一番好きなアニメで、原作漫画も読んでいる。
フル3DCGということで、いちファンとしてどきどきしながら観た。

ところが3DCGには中々慣れず、気にならなくなったのは最後の方になってから。
まず、声優陣が今まで通りだったのは安心したのだが、
少佐が幼く若干萌え要素が入ってるような見た目で、声とのギャップが気になってしまった。
違和感がほぼ無かったのはバトーとイシカワぐらい。
他にも課長の髪型(髪質)の違和感や、トグサがやたらかっこよく若返っていたり、
1話目は無駄にかっこよく演出しようとタメすぎたのか、テンポがイマイチで、1話目は何度も中断して途中で諦めそうになった。が、攻殻ファンとしては一応すべてみなくてはと、なんとか観続けたところ、後半になってようやく少しずつ面白くなってきた。

ジョン・スミスの下りでは、「マトリックスのスミスじゃん!」と思ったが、
マトリックスは'95の攻殻機動隊にインスパイアされているから、それとも絡めてのネーミングなのかなとも思った。

▼本作を観て思ったのは、違和感のない全編3DCGにたどり着くには、まだまだ発展途上期にあり、その習作でもあるのだなと感じた。
やはり人の動きの違和感が拭えない。普通の日常動作だけでなく、せっかくの義体化で生身にはない動きが可能であるはずで、前作まではそのような表現ができていたが、本作ではそこが物足りなかった。特に戦闘シーン。

それから、細かいようだが、人物の髪質の違和感。特に荒巻課長。(重力はどこへ…?重そう&固そう)などと野暮なことを考えてしまった。
逆にCGのメリットでいうと、瞳がやたら綺麗に強調されている点か。それから女性の唇の艶。

▼本作のキーワードは、
「持続可能な戦争(サステイナブル・ウォー)」と「ポスト・ヒューマン」。

テーマとしては、2期以降でシンギュラリティに帰結していくのだろうかと予測している。
「持続可能な戦争(サステイナブル・ウォー)」とは、昨今耳タコの「持続可能社会」への一種の皮肉にも感じられた。
ポスト・ヒューマンの出現については、同じ日に、ネットに接続していた後に生まれていることから、
シンギュラリティに達したAIによる仕業なのだろうか、などと妄想が膨らむ。

いずれにせよ、ラストが次も観たくなるニクイ終わり方であったので、2期目への期待をこめて全体評価は「良い」に。
そういえば、音楽も菅野よう子さんではなくなっていたこともちょっと悲しい。
3DCGが気になりすぎて、絵面にばかり気を取られて音楽を全く覚えていないのだが。

Rating
Animation
Good
Music
Average
Story
Average
Character
Average
Overall
Average

2020/4/25

「攻殻」らしいのは確かだけど、とにかくフルCGの気持ち悪さと人物描写の不自然さに耐えられずに第1話10分足らずで視聴断念した。
期待値は高かったけど、この調子で全話完走は苦痛レベル。
やっぱり旧神山版SACのTVシリーズが一番好きだな。
だから個別評価は無しで、コメントだけ残すことにした。

Stats

Watchers

Status

Related Works