Sora no Aosa wo Shiru Hito yo
SORAAO PROJECT

Sora no Aosa wo Shiru Hito yo

840
Watchers
-%
Satisfaction
0
Ratings

Information

Title (kana)
そらのあおさをしるひとよ
Title (en)
Sora no Aosa wo Shiru Hito yo
Media
Movie
Release Season
Aired
2019-10-11
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)
Syobocal
MyAnimeList

Share

Synopsis (ja)

「井の中の蛙、大海を知らず――されど、空の青さを知る」
過去と現在をつなぐ、せつなくてふしぎな“二度目の初恋”の物語

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。金室慎之介。あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる…。それを知ったあおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

Source: https://soraaoproject.jp

Staffs

超平和バスターズ
Original Creator
長井龍雪
Director
岡田麿里
Script
Tanaka, Masayoshi
Character Design
Tanaka, Masayoshi
Chief Animation Director
CloverWorks
アニメーション制作
東宝
配給
清水博之
プロデューサー
川村元気
プロデューサー

Comments

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

僕が今朝の1限と2限をサボって観た超平和バスターズさんたちの最新作
公開からもう1ヶ月くらい経っちゃったけどやっぱり観てよかった。

13年前に東京へ行かなかった過去の自分と、コネと運だけの夢の世界で精一杯足掻いた現在の自分との二項対立的な物語でした。あの場所から出られないのは囚われてるというか地縛霊というか、お姉ちゃんに断られた時のほんの一瞬の迷いが彼をそこに留まらせてしまったのだと思った。二項対立とは言ったものの、この映画の見どころにはやっぱりあおちゃんとお姉ちゃんのいろーんな想いっていうのがあると思う。
あおちゃんは自分の将来だとか「しんの」が好きな気持ちとお姉ちゃんへの想いとかで揺れてたけど、やっぱりメインの女の子キャラが究極的に報われないのはもう超平和バスターズの宿命なのかなぁ、と。性格が年相応というか頑固で大雑把なところとか可愛かったです。
お姉ちゃんは両親がいなくなってから妹を支えるために身を粉にして、でも妹の前では何でもできる完璧なお姉ちゃんで、好きな人と一緒に東京へ行くのも断って、本当に辛い思いをしたんだと思う。演歌歌手のペンダントなんかをわざわざ取りに行って土砂崩れに巻き込まれて、もしそのまま帰らぬ人になってたら僕のメンタルが持たずにこの感想もしみじみしながら書けなかったと考えるともうそれはそれは恐怖ですよね。ほんとに生きて、幸せになってくれてよかった。会場設営の合間の慎之介がお姉ちゃんの好きな自分の曲を演奏するシーンのあの笑顔は何ものにも変えられない、かけがえのない瞬間なんですよね。その後の両親を亡くした以来に見せた涙もそうですけど、それをあおちゃんが見てるってのもなんて皮肉なことなんじゃい、って思った。
土砂崩れにあってるかもしれないお姉ちゃんを助けに行くシーンで主題歌を流しながら空を飛ぶのはご都合主義感あったけども、ラストがとても素敵だったのでもう何も言えません。

井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さ(深さ)を知る
夢の世界のはずの東京の学校で教師の退屈な授業を朝っぱらから受けるよりも、この映画を観ることの方が僕にはよっぽどいい経験だったなって感じました。
入場特典のラジオも聴きました。とても和やかな雰囲気だったので、次回も聴きたいですね。

Rating
Animation
Good
Music
Good
Story
Good
Character
Great
Overall
Good

少し本筋と違うことを書きますが、余談程度で。
劇場に入る前にクリアファイルをもらいました。めんまと順とあおがプリントされたビジュアルでした。
ふと思ったのが、この3人を主人公(メインヒロイン)として捉えるなら、3人とも恋愛面では報われなかったんだなあと思い、改めて岡田磨里と長井龍雪の一貫とした信念みたいなものが見えた気がした。素直にヒロインが報われるENDを選択するよりも少し物悲しいENDを選択することによって、その人の人となりが浮き彫りになったり人間らしさというのも見えてきた気がします。
余談はこれくらいにして感想を述べますと、前作のここさけやあの花と比べて印象度でいえばもうワンパンチ欲しかったなあと言うのが正直な感想です。ただそこが悪かったというわけではないです、作品のテイストは地味ではありますけど登場人物の心理描写の描き方とか丁寧ですし、主要人物に絡めてくる周囲の人物との関係性も上手に分かりやすく演出されていて見やすさも抜群でした。個人的には、関係性の深さを追及するには映画1部作で完結するには少し短かったかなという思いではあります。
冒頭のあおが放った言葉の中に’’夢を見る’’という言葉があったのを思い出し、しんのが現界に留まり続けた理由がしんの自身の未練だと作中では言われてましたが、あお自身の願いとしてどこかにしんのに会いたいという想いがあったのではないか?と勘繰ってしまい、その具現化としてしんのが昔のままのしんのとして現れたのではないかと。そう考えれば素敵な話だったなと思いますよね。実際に大人の慎之介に会えてますけどw

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

公開決定のニュースで見たときに主人公(あおい)のビジュアルが刺さったので観に行った。

この作品の一番良かった点は、「これは何についての話なのか」がはっきりしていたところ。
普段アニメを見馴れている人ほど、ラストが突然すぎるとか、肝心なところであかねは前に出てこないとか、小さな違和感を何度か持ったんじゃないだろうか。おそらくそれらは全て、「これはあおいの物語だから」で説明できる気がする。周りの人間との関係が漫画的手法で観客の見ていないところで勝手に進んだりしないのも、一貫してあおい視点だから。
そう考えると納得がいく。

声優陣の演技も素晴しかった。気鋭の俳優を抜擢!みたいに煽られると途端に見たくなくなる人も多いだろうが、この作品は本当に「適任な人を選んだらたまたま俳優だっただけ」と感じた。特にしんの/慎之介役の吉沢亮さんの一人二役は見事だった。別の「キャラクター」として演じわけるのではなく、同じ人間の別の側面なんだと自然に感じられるような、両者が地続きになっている演技だった。

楽曲も良かった。とりあえず主題歌は買ったので、あとでサントラも手に入れたいと思う。

総じて、もしかするとアニメに慣れていない人のほうが素直に見れる作品かもしれないと感じた。時期が時期だけにそこかしこで近年の新海誠監督作品と比較されているが、あちらがあくまでアニメーションという土台のうえでいかに色々な人に観てもらうかを追求したのに対し、こちらは先に作りたい物語があり、次に自分達はアニメーションが得意だからアニメとして観てもらえるために形を整えていこう、という段取りの違いがあるのかもしれない。

予告映像で想像したほど『君の名は』の後追い的な作品でなく、むしろずっと登場人物の心理描写中心の作品だった。終盤に予告映像にあったような空を飛び跳ねるシーンなどもあるけどそれがストーリー展開に関わる部分はほとんどなく、ほんと人間ドラマ中心の作品。登場人物たちの思い悩む姿やちょっと重い設定もあったりするけど、それほどうじうじすることもなく笑える部分などもあって気軽に楽しめて良かった。もっともその分、わかりやすいハデな見せ場などがあるわけでもないのでそのへんはたしかに好みが分かれるかも。あと登場人物たちのその後は観た人の想像におまかせしますパターンかと思ったら、EDの映像ではっきりと描いていてびっくり。そのへんは想像におまかせしますで良かったんじゃないかなと。個人の好みの問題だろうけど。

『井の中の蛙、大海を知らず
 されど 空の青さを知る』

きれいではないけれど、人間くささや複雑さが出ていてよかったのではなかろうか。
あの花もそうだったが、そこにいないはずの誰かが主人公たちを引っかき回す、否、後押ししてくれるというのは良い心情表現であるものの、ファンタジー要素なのでリアルさは減る。
でも泣いた。お姉ちゃんがいい人すぎる。

「また昆布かよ!」

そう、あかねぇは最初から
両親が事故で亡くなる前から
ずっと、ずっと——

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

飛んだのは置いておけば完璧!
あかねえが完璧すぎる

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

今回は恋愛要素が少なめだったけどとてもいい家族物語だったと思う
途中の楽曲を使いながらのとこと空飛んでるとこは天気の子かな?って思ったけど
魅せたいとこで音楽使うなんてよくあるやつだし楽曲にあって引き込まれるからとてもいい演出だと思う

青々しい思春期を全力で描写した爆発力あった作品。

スタッフ陣からつい比較してしまうあの花とここさけですが、本作は恋愛要素は少ない一方、それよりも親を無くした姉妹関係が先立って、それを起点とした恋のもつれ模様が描かれてる印象。

強烈だったのは2シーン。
一つは慎之介が昔のしんのに怒られるシーン。昔の夢に溢れる自分に叱責されるというつらさ。僕自身、心に突き刺さることも多く、幾ら出だしに毒を吐きまくって印象悪い慎之介とは言え可哀想なシーンでした。ただ、それを機に大きく動き出すことを考えるととても重要な描画。とても印象深かった。

二つ目にはあおいがあかねの料理レシピ?を見てしまうシーン。そりゃ高校生一人で妹を育てるなんて、並大抵の努力じゃない。さらに自分のせいであか姉を縛り付けてしまった罪悪感が相まる。本作で一番泣きそうになりました。

終わってから、一言で言うとあか姉のおにぎりの具が昆布でなくツナマヨへ変わる物語(雑)

しんのからの東京行きを断ったあの時から止まった恋の針が二度目の初恋へ動き出すまでを描いた作品。恋と夢と家庭環境を巧みに織り交ぜた作品。見応え十分でした(*´-`)

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Average
Character
Good
Overall
Average

期待しすぎてしまった。
もっとしんどい終わりを期待してたんだ…

Rating
Overall
Great

感動した
演奏シーンの作画もよかった

Stats

Watchers

Status