グリッドマンやそれを支援する装備達が怪獣と戦うストーリーなのに、怪獣の少年と話をしようとする六花だったり、グリッドマンを倒し愉悦に浸るアカネだったり、女性陣のキャラクターが印象に残るお話でした。 最後の方で、ボラーが六花のことを「面倒臭そうな女だな…」って言ってるのが凄い滑稽でした( ˘ω˘)

No comments
円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

SSSS.Gridman