タイトルの「壊れても」はハイジのことだったのに一安心。壊れても走りたいと思った。彼の走り続ける理由の1つなのかなぁ。

一方神童。描写ではあっさりだったけど、実寸スケール時間で見てたら気が気でなかっただろうな。

この難局を乗り越えた先に何があるのか。この作品を最後まで見届けたいなと強く思う回でした。

0

No comments
三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会

Kaze ga Tsuyoku Fuiteiru