光と影の演出。愛城華恋という光(依存対象)を編入生「ひかり」に奪われた暗い「まひる」の物語。
レッスン場を照らす朝の光の中で練習する2人。それを見ている影の中にいる1人。
寮の消灯時間で廊下の電気が消えていく。TV画面を消したあとの暗いモニターに浮かぶ「まひる」。
華恋への仄暗い情念からくるストーカー的行動が、いくども「ひかり」に見つかってしまい「ひゃぁ」と執着の証を投げ捨てる「まひる」。

どこかのだれかが「野球回のあるアニメは名作」と言ったが
今回の嫉妬のレヴューは「野球回」に該当するだろうか?

各種じゃがいも料理をみんなが食べるシーンの「朗らかさ」たるや。
中学生のときの自分が出演したニュース映像。
「露崎まひる」の名のうちに、すでに「真昼」という光の刻印が予告されていたのだ。

0

No comments
Project Revue Starlight

Shoujo☆Kageki Revue Starlight