映画 ゆるキャン△

映画 ゆるキャン△

  • 視聴者数:1007
  • 評価数:-
あfろ・芳文社/野外活動委員会
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

あらすじ

これは、少し先の冬からはじまる物語。

志摩リンは故郷の山梨を離れ、名古屋のちいさな出版社に就職し、一人暮らしをしていた。
とある週末、ツーリングの計画を立てていたところに、
高校時代の友人・大垣千明から唐突にメッセージが届く。
「今、名古屋にいるんだが」

山梨の観光推進機構に勤める千明は、数年前に閉鎖された施設の再開発計画を担当していた。

「こんなに広い敷地なら、キャンプ場にでもすればいいじゃん」
そんなリンの何気ない一言から、動き出す千明。

東京のアウトドア店で働く各務原なでしこ、
地元・山梨の小学校教師となった犬山あおい、
横浜のトリミングサロンで働く斉藤恵那。
かつてのキャンプ仲間が集まり、キャンプ場開発計画が始動する。

キャンプでつながった五人が、今だからできることに挑む、
アウトドア系ガールズストーリーの幕が上がる。

引用元: https://yurucamp.jp/cinema/story/

感想

全体
とても良い
映像
良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

大スクリーンでくらう飯テロ。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

いい映画だった。
本作は環境音の聞こえ方で味わいが変わってくる作品だと思う。今回劇場用に調整された明るさと劇場の良い音響で映画を見て、初めてアニメ版『ゆるキャン△』を十全に味わえた、という感覚があった。そういう意味で劇場で見るべき作品。
映画ではリン達は社会人、と聞いたときは「それって大丈夫なの?」と不安がよぎったが、全くの杞憂だった。社会人になった彼女達でなければ描けないドラマになっていたと思う。
あと、千明がめっちゃ美人になっていたことを特筆しておきたい。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

大人になったなでリンたちのストーリー。とても良い出来だった。
TV1クール分の新作物語を2時間に収めた感じ。実質3期。

BESTIA上映で鑑賞。予想以上に音が良い作品で,BESTIA回を選んで正解。この作品はいい音を鳴らすハコで観た方がいい。
あと冒頭の松竹富士山から本編への移行が史上最高だった。見ればわかる。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

素晴らしい映画だった。
社会人になって高校生のように自由気ままな生活は送れないけれど、それでもその忙しい社会人生活の中での生きる希望と楽しみを見つけて過ごすという心持ち。(+)
大人になったからといってなんでもできるわけではなく上手くいかないこともあるけれど、それでも頑張って何かを成し遂げようというキャラクター達に感動した。

サークルの先輩が言ってた、
「希望と鬱の映画」
まさにその通りだなって思ってしまった。

ちょっと辛さも感じてしまうけど、現実の世の中はこれ以上に甘くないんだよなあ……

余談だけど、先日の大学の芸術系の話の講義で、
「樹海で撮影を行う時はむやみに歩き回ってはいけない。」
っていう教訓を教わったけど近いものを途中で感じた。
樹海で遺体などを見つけてしまったら警察に報告しなきゃいけないけれど、警察に通報すると絶対に現場検証が始まってしまってその場所が使えなくなってしまうから、と。
ちくわが土器の破片を見つけた瞬間にこれが頭をよぎったけど、なんとか綺麗に収まってよかった。

斉藤恵那と結婚したい。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

大人のくせにじゃない。大人だからこそ夢を見て、夢を見させるんだ。って感じか。やりたい事と好きな事への向き合い方を見せてくれた映画だった。そして大垣。大垣の良さは俺だけが知ってるんだ…。

全体
良い
映像
良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
普通

そうだ、飯テロアニメだったこれ!
あおい先生エッッッッ

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

メモ 
Date:2022/7/1

全体
良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
良い

地元がゆるキャン△の聖地でそういうのを関心持って見てる身としては、そういうとこを作品内にも持ち込んだみたいな感じでなかなかおもしろかった
犬子先生、良いな……

事前情報で社会人になった姿を描くということで、変な方向にブレるんじゃないかと思っていましたが、キャラクター同士の距離感や、その距離感を埋めるスマホのやり取り、キャラのブレの無さ、キャンプ飯など、TVシリーズの空気感そのままで、心配は全くの杞憂でした。
リンが取材でキャンプ場巡りするときの軽快な曲や、キッズエリアを建設する際のワクワク感のある曲など、音楽も非常に良かったです(ただ自分好みってだけですが)。
冒頭、松竹のオープニングロゴからのシームレスな始まりは、ゆるキャンならではの粋な計らいでした。
桜さんが、なでしこに温泉紹介したのは、キャンプ場建設が止まって落ち込んでるのを励まそうとしたからかな?なんだかんだいって妹思いな桜さんなので「TVでやってた」も半分照れ隠しな気もしなくはない。

社会に揉まれながらも、これまでのゆったりのんびりな雰囲気はそのままで、キャンプ場作りという新しい活動を続けていく5人が見れてとてもほっこりでした。

まさか1番キャンプしたそうなリンちゃんが名古屋のオフィスレディーになっていたのは驚きでしたが、観光向けの編集業というところで納得みがありました。

遺跡の施設建設の影響でキャンプ場の企画が駄目になりそうな展開は、社会の縮図詰め詰めのゆるキャン△にしては過酷展開でどうなるかヒヤヒヤして見てましたが、対立ではなくお互いを理解して尊重していく様子は見ていて癒やされました。公共事業はこうでなきゃね!笑

そして、極めつけは極上の飯テロ連発と。仕事帰りで夕食食べれてなかった社畜アニメヲタクにとってはかなり苦行(褒め言葉)でした笑。

めちゃくちゃ癒やされる作品、ありがとうございました!

Loading...