映像研には手を出すな!

映像研には手を出すな!

  • 視聴者数:1962
  • 評価数:739
2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

動画

あらすじ

高校1年生の浅草みどりは、アニメーションは「設定が命」と力説するほどのアニメ好き。
スケッチブックに様々なアイディアを描き貯めながらも、
1人では行動できないとアニメ制作への一歩を踏み出せずにいた。
そんな浅草の才能に、プロデューサー気質の金森さやかはいち早く気づいていた。
さらに、同級生でカリスマ読者モデルの水崎ツバメが、実はアニメーター志望であることが判明し、
3人は脳内にある「最強の世界」を表現すべく映像研を設立することに……

「月刊!スピリッツ」(小学館)にて好評連載中の大童澄瞳のデビュー作に、
国内外で数々の賞を獲得してきた湯浅政明監督&スタジオ「サイエンスSARU」が手を出した!!
キャラクターデザインは浅野直之、音楽はオオルタイチが加わり“最強の世界”を“最強のスタッフ”でつくり上げる。
全世界が注目する電撃3人娘の冒険譚が始まる!!!!

引用元: http://eizouken-anime.com/story/intro/

エピソード

とても良い

個々のキャラ立ち、伊藤沙莉さんのはまり度合い、アニメ制作の描き方、数々の語録、妄想世界の没入感、どれをとっても最高のアニメだった。
こんな世界で青春を送れたら幸せだったろうなあ。
2期を熱望している作品。

とても良い
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

とてもインスピレーションを受ける作品で、今までにないわくわくが止まらないアニメになっていましたし、妄想の世界に入り込むときの音楽がとても好き。

とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

良すぎ。
純粋にものを作る事だけでなく、締め切りも利益も考えなきゃいけない利害の中でものづくりをしていくというのが新鮮だった。個人でものづくりをしている範囲では、知り得ないような大変さも色々あるんだなぁ。
おまけに世界観厨の主人公にあわせるように、このアニメの世界観も独特で、彼らの作ろうとしているアニメがまさにこのアニメそのもののような感覚にさせられる。
映像もアニメーションとしての面白さ満載でとても良い~!

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

OPのチェルミコ、映像、ストーリー、キャラクター、伊藤沙莉さんすごいよかった。芝浜UFO大戦はもう少し分かりやすかったら…ちょっと理解できなかったのでもう一度見直します。

とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

アニメーションを見るだけでワクワクする!
独特な雰囲気とキャラクターが良かった!

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

最高のアニメ、金森氏最高!

とても良い
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

アニメを作る部活のアニメ。
同じアニメ制作を描いたアニメとしてはSHIROBAKOが挙げられるが作風もアニメ制作に対してのアプローチも全くの別物なので同じものを期待してはならない。

映像研はとにかく”アニメが好き””絵を描きたい”というクリエイターの欲求みたいなものをとことん追求したキャラクターの活躍劇になっていた。
作品作りにのめり込むあまり実際に自分たちがファンタジー世界を体験してるような形で描写するのはワクワクして面白かった。

ストーリーとしてはもう少し盛り上がりが欲しかった感はあるが、アニメ好きな人にはぜひ見て欲しい作品に仕上がってると感じた。

とても良い
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

原作を読後に視聴。3人の女の子がアニメを制作するアニメだ。感触はよりもいやヤマス2期に近い。ド嬢のアニメはけれんみが薄かったが、こちらはけれんみがあり、良い

金森氏が白眉である。既存の作品であれば、コミュ障で設定厨の浅草氏や、カリスマモデル(?)を営みながら「アニメーションを作りたい」といった夢を貫く水崎氏の2人がフレームに収まり、下手したら二人が主役の物語になってしまっていただろう。そこに、そんなガールズビーアンビシャスアニメはさせねぇとばかりに中指と札束を突きつけるような金森氏の言動が、僕の目には痛快の限りであった。ゲッターロボの世界観にパトレイバーの薬莢が飛ぶような、ガルパンの戦車砲がかすめる音がリアルすぎて笑えるようなロックが、金森氏にはある

声優もよい。まず水先氏の声優が素晴らしい。次に金森氏のキャストに対する演技指導が素晴らしい

アニメーションはFLASHを生々しく使い、新鮮であった。作中劇のシーンは正直な所面白く感じなかった。それよりも「アニメを制作する事」への過程、情熱、こだわり、夢が面白く感じた。ストーリーは前半の1~3話はまずまずと感じたが、後半になるにつれ少しまとめきれていないと感じた。1クール通して「では何を言いたかったのか?」という点は完成度にちょっと疑問符が残る

とはいえ、”映像研” こいつはマジでビッグタイトル

とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

個性的な彼女たちがなにをやらかしてくれるんだろう!っていうワクワク感がたまらなかった。映像妄想ターンの設定を語りながらSEが口で入る感じも面白い。作っている映像がどんな感じで完成したんだろうって、完成作品を見るのも面白かった。浅草氏かわいい!!

とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

前期No.1です!

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

愛すべき世界

Loading...