えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

  • 視聴者数:195
  • 評価数:-
西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

感想

全体
とても良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

夢は諦めなければきっと叶うよ、ねえドラえもんって感じ(違う
予告からメッセージ性が強い作品だと思っていたが、その通りだった
そのメッセージが刺さるか刺さらないかでこの作品に対する評価は変わると思う
作品の雰囲気は原作が絵本ってこともありカートゥーンとディズニーを足して2で割ったような感じ
ハロウィンに突然現れた謎のプペルと主人公が仲良くなって街の謎を解明していく、これだけの設定でも王道で非常に面白いが、サブキャラたちがクライマックスへの引き立てを全力で後押しするように仕組んであり最高の盛り上がりを演出してくれる
また、今の自分が現実だとどの立ち位置にいるかこの作品に出てくるキャラクターに割り当てると違った見方ができるのではないかと考えさせられる
この見方がキャラクターに感情移入しやすくなっており、誰もが主人公を全力で応援してしまうようになるだろう
曲も絵本の物語を語るようにそして、サビは非常に簡単に口ずさみやすいようになってる
大人も子供も楽しめる作品だと思う、なんてことだ

全体
普通
映像
普通
キャラクター
普通
ストーリー
普通
音楽
普通

スチパン好きなので街の感じは好き。最も知りたい謎が明らかにされないまま終わるお話ではあった。ミュージカル仕立てであることを差し引いても冗長さを感じた。作画が云々は分からない。私は作画アニメを必ずしも高評価しないので。私向きではない話だったのかもしれない。

シナリオ面白かったなぁと。なぜ煙を焚いているのか、腐るお金、取り締まる異端審問官。主人公が星を見たい理由、皆に星を見せたい理由など、背景設定の濃さは素晴らしかったです。

ただ、疑問点として、ルビッチの父親がなぜプペルになったのかが説明されてなかったなぁと。あのプペルの心臓になった石とか、あの石が空から来て空に帰った理由とか、そもそもルビッチの父親には何があったのかとか、気になりました。

Loading...