魔法戦士ガンダム、ほぼパロディだがギャグにならない程度で上品な仕上がり。 この手の作品は最後抽象的な展開で煙に巻いているところが多いけど、本作は悪く言えば既視感多く、良く言えば視聴者にわかりやすい脚本演出だったと思う。 それは水晶という共感しやすい意思をもった人格を配したことが大きかっただろう。それにより主人公の一面的な思い込みで終わらなかったということもあったと思う。 寧々は一生あのままでよかったのに。

No comments