劇場版 SHIROBAKO

動画

あらすじ

いつか必ず何としてでもアニメーション作品を一緒に作ろうと、ひょうたん屋のドーナツで誓いを立てた上山高校アニメーション同好会の5人。卒業後それぞれがそれぞれの場所でアニメーション制作に携わっていく。宮森あおいは「えくそだすっ!」「第三飛行少女隊」の制作を経て、少しずつ夢へ近づきつつ、徐々に自分の本当にやりたいことを考え始めていた。

あれから、4年。日々の仕事に葛藤しながら過ごしていたあおいは朝礼後、渡辺に呼ばれ新企画の劇場用アニメーションを任されることになる。しかし、この企画には思わぬ落とし穴があった。今の会社の状況で劇場用アニメーションを進行できるのか?不安がよぎるあおい・・・新たな仲間・宮井 楓やムサニメンバーと協力し、完成に向けて動き出す。果たして、劇場版の納品は間に合うのか――!?

引用元: http://shirobako-movie.com/introstory/
とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

個人的には2014年TVアニメよりも数倍楽しめた。世知辛い世の中でも前向きに夢を追いかければ何らかの形で夢は叶うとはこういう事。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

U-NEXTの先行配信で、待ちに待ったSHIROBAKO劇場版を見ました!アニメ制作とうい業界の荒波に揉まれた宮森たちのその後の様子やそのリアルな心情ににまた仕事を頑張る勇気をもらえた気がしました。

とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

これって、コロナの時期にぴったりな映画だと思います。公開が、あと半年遅ければと悔やまれます。

とても良い
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

アニメからの続編ということで期待を持って視聴。アニメと変わらず高い完成度でした。主題歌も自分が好きなアーティストが歌っておりさらに感動。ストーリーも笑いあり、涙ありですごく満足しました。それぞれのキャラクターの成長や葛藤を作り込んでいるため、アニメのファンである自分としてはしみじみした思いで鑑賞しました。やっぱりSHIROBAKOは最高です!

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

再上映リマスターも含め3回見に行きました。
とてもとても良かったです!
「私たちはあきらめない!」の通り、困難に立ち向かっていく様がリアルに描かれているかと思います。
テレビシリーズ2クール分のいい部分も何箇所か出てきたので、テレビシリーズ見直してから行くととても楽しめます。
社会人として仕事をしていく上で、似たような困難に立ち向かわなければいけないこともあるとは思いますが、この映画を見ることで、自分の進む方向性など色々気付かされると思います。
この世界情勢下で再上映を実現していただいたことには感謝しかありません。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

SHIROBAKOは最高なのでテレビシリーズも劇場版もみんな見てください。遠藤さんのシーンが特に好きです。

とても良い

2回目
劇中に出てきたバルト9で

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

アニメから4年後のお話。。。(一応前置きで今までのおさらいしてくれて助かった!)
アニメ同好会のみんながそれぞれの道を進んで…それなりのキャリアを積んで…ムサニの状況はしんどくて…宮森は自分の目標・辿り着きたい場所がわからなくて…あああ~~つら~~~って思ったけど
そこはSHIROBAKO…!ミュージカルパートで今までのアニメのキャラだったり登場人物だったりが出てきて、うわ~!と喜んでたら、そこからどんどこ進んで盛り返していって、うんうん、みんなそれぞれが助け合って、自分のできるところやって、協力して、仕事してるんだよな!てかげぺう乗り込むとこなんてなんだあれアクションアニメか?!めちゃ気合入ってた!あと元社長のセリフ、全部全部刺さるしあんなんもう泣くわ~~~~!じたばたしてもいいからとにかく前に進むんだ…!最後のシヴァのラスト、に込めたみんなの思い…!熱いね。
安定の声優陣、作画もきれい。みんなかわいい。こんなにキャラが多いのにみんなちゃんと立っててすばらしい、映画なのに…!
それから、ドーナツ食べたくなってドーナツ食べに行きました。どんどんドーナツどーんと行こう!
明日も仕事だよ!働くよ!そう、俺たちの戦いは続くから…!!!!!!!!!
だからSHIROBAKOも続いて…!七福神作ってくれよな。
PS.作画監督の遠藤さん、奥さんになんで「遠藤くん」て呼ばれてるのかわからなくて…二人とも遠藤やろ…?!どこかでそういう話あったっけ?謎。。。気になる。。。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

人生

とても良い

めっちゃよかった

とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

アニメ現場のいい所も悪い所も包み隠さず描いたスポ根ストーリーは健在。クスクスっと来るような笑いもあり、観てて時間を忘れるほど。
作画は神。音楽も良し。映画ならではのミュージカル要素もgoodでしたね!

以下ネタバレ

観ていない人にも分かりやすく伝え、観ている人には要所要所クスクスっとくるようなあらすじは100点満点だと思います。
アニメから映画の間の様子を絡めながらの前半パートはわかりやすい導入でストーリーに深く入り込めるものに仕上がっていました。デフォルメ本田さんの万策尽きた〜!!が好きすぎました笑
みゃもりの自分がムサニを引っ張っていくんだというキャラクター性がしっかりと今回も描かれていて観ててこれこれ!っていう気にさせられましたね。ロロとミムジーとのミュージカルも良かったですね!
散っていってしまった仲間たちを集めながら映画を作り上げていく中盤。遠藤さんに瀬川さんがド正論で責め立てるところは自分とのリンクもあり共感出来ました(瀬川さんサイド)
お絵描き爺さん主催のお絵描き講座からアニメーション作りとは何かを教えるドーナツ5人娘。その中で子供たちからアニメ作りの原点となる素晴らしさを教わるところ、何気ないようで重要な場面だった思います。
監督の独房シーン、本当に面白いですね。監督の動き俊敏すぎでしょwww何コマ書いてんのあそこでwww矢野ネキほんますこ
後半のげ〜べ〜う〜との版権問題のシーン、みゃもりと宮井さんの和服姿で江戸風の殴り込みシーンの作画すごい動く動く。ブラボー。
そんなフィクション的なシーンと対比して決め手になったのはリアリティのある契約書と録音音声。この生々しさもSHIROBAKOならではでしょう。
ストーリー大詰めのダビング完了後、最後が駆け足と完成に満足のいっていないみゃもりと監督のシーン。ここまで良かった。非の打ち所がない。しかし、そこから作り直そう!お〜!となっていきなり公開当日まで飛んでいるところ。この間のカットなんか少し欲しかったなぁ〜と個人的に思いました。それこそSIVAでみゃもりたちが感じたであろう少し物足りなさを、私も感じてしまったその点が少し残念ポイントではあります。
あと、どんどんどーなつのこと忘れてたから最後に入れとこ感がちょっとありました。
公開されたSIVAは最後だけ見させられて、納豆の部分が気になってこのままだと夜も眠れませんwww
俺たたエンドはまぁ納得。まとめ方としてはコンテンツを畳まないというところで良かったのではないでしょうか?
というのがストーリーにおいての細かな感想です。

100点満点中 88点

Loading...