ONE PIECE FILM RED

ONE PIECE FILM RED

  • 視聴者数:780
  • 評価数:-
尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

原作は最低限序盤だけ読めておけば楽しめる内容。
ウタの掘り下げが良く出来てて、見終わる頃には劇場版オリジナルキャラである事を忘れる位引き込まれていた。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

Ado嫌いでは無いけどそこまで好きでもないかなーというステータスで行ったら想像以上に良かった。行ってよかったです

全体
とても良い
映像
良い
キャラクター
普通
ストーリー
良い
音楽
とても良い

予備知識なしで観てきたけど面白かった。

ウタ(Ado)による劇中歌と劇伴が素晴らしかった。欲を言えば,「新時代」はラストでもう1回聴きたかった。
ATMOSで観るよりもTOHO系の轟音の方がいいんじゃないかな。

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

夢女子が全員死んだというシャンクスの娘という設定でオタクが色々盛り上がってたけど
めちゃくちゃ良かった
ウタのライブシーンめちゃくちゃ凄かった
ONEPIECE知らなくても楽しめると思うけどしってると最後のEDのとこでめちゃくちゃうわああああってなるね

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

観る麻薬みたいな映画でした!前作までとは毛色が違くて、大音量でウタ/Adoの世界にひたったもん勝ちだと思います。体験する物語。

全体
良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

生きていたら流石にご都合展開すぎるので、この終わり方で良かった、

全体
良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
良い

谷口監督だとは全く知らず。谷口監督だと聞いて観に行きました。

不穏らしいことは分かっていたので冒頭から嫌な予感しかしねえ!でしたが、
この子は一体何を課せられているんだろうと考えながら見ていました…。
谷口悟朗らしい悪が見られると聞いていたので
この子をねらうのがそういう輩なのね…と思いきや、
いやこっちかーーーーーい!!!

尾田先生の色なのか谷口監督の色なのか分かりませんが、
耳触りのいい事を言ってその実めちゃくちゃなことをしていたり、
本人は本気でそれが良いことだと信じてやっているだけだったり、
でも人によっては救済なので白とも黒とも言えなかったり、
カリスマで妙に説得力有ってカルトっぽいところだったり、
谷口監督作品あるある悪役という感じでニヤリと出来ました。

ライブシーンをどういう感情で見たら良いか分からない方ですが、
さすがに映像の出来が良く、目で楽しめるライブシーンでした。
自分の趣味ではないので歌の良し悪しはノーコメントですが、
展開によく合った不穏さたっぷりの歌とかは良かったです。

全体
良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

作品としての祭りと音楽としての祭り
時系列的にはホールケーキアイランド編と和の国編の間くらいだと思う。
ある程度ワンピースを認識していないとよく分からない部分があるが、作品の強者、キーキャラたちがこぞって出てくるのでそれだけでも楽しいと思う。
音楽についても超新星Adoの歌声を中心に中田ヤスタカ、ミセス、秦基博と数々のアーティストが主題歌、挿入歌含め楽曲提供しておりお祭りと言えるだろう。
作品内で謎が多いシャンクスに対してスポットを当てている点はコナンを意識しているなと感じる。
ここからは少しずつネタバレをしていく。
構成はワクワクが徐々に不安、絶望に変わっていく感じ、狂っている感じがオマツリ男爵を思い出す感じがあって個人的には良かった。
違和感・伏線の出し方も小出しに出して後半キャラの説明があったので分かりやすく、丁寧なつくりだと思った。
UTAの歌パートが想像以上に多くあり、主題歌含め全ての楽曲がほぼFullで流していたように思う。
作中の半分くらい流れていたのではないか?
入場者特典の単行本の作りもUTAを好きになってくれるようなコンテンツが溢れていたように感じメディアミックスを狙っている感が凄かった印象。曲は非常に良いのでそれでいいんじゃなか。
UTAを出来るだけ掘り下げるために最終決戦中に回想が異様に連続で入っていたのは少し設定盛りすぎじゃないかと思ったところがあったと思う。テンポに少し違和感があった。
クライマックスのシャンクス、ルフィの重ね攻撃、ヒロアカでも似たような演出があった気がするが流行っているのだろうか。
最後、UTAが生きていたのか死んだのかの解釈は視聴者に委ねているところがあり、全て公にするワンピースの印象が少し変わったかな。
私の予想は十中八九死んだんだろう。
赤髪海賊団と目線とルフィのクールに去るぜ感
世界の7割を滅亡させようとした大悪党となる人物がEDでCDが全ての国に流通していること、「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」のボーナストラックに別れの歌と言われている「ビンクスの酒」が入っていること
周りから察しさせるような作りは嫌いじゃないぜ

全体
良い
映像
良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

思っていたより面白かったです。
キャラクターはいつも通り、キャラクター大集合といった感じで、懐かしい顔ぶれでした。シャンクスがとてもかっこよかったです。
音楽がこの映画の醍醐味でしょう。Adoさんの歌声を映画館で聴いたときは鳥肌がたちました。どの楽曲も映画の内容を反映していることや、作曲者の特徴が表れていること、Adoさんの歌声に合った音楽になっていることなど、クオリティが高かったです。
映像は戦闘シーンが迫力がありました。またライブシーンは3Dなどを使い、とても凝っていたと思います。
ストーリーは2時間という短い時間だったため、駆け足になっている部分もありましたが、最終的にはまとまったと思います。ボスキャラがいつものような人の強敵ではない部分が、少し満足がいかなかった部分だと思います。
映画館でAdoさんの歌を聴くだけでも見に行く価値があると思います。

全体
良い
映像
良い
キャラクター
普通
ストーリー
良い
音楽
とても良い

FILM Zぶりのワンピ映画
開幕から挿入歌てんこ盛りで、ストーリーもかなりしっかりしていた
残念なのは露骨なファンムービー感あるキャラの多さ

全体
普通
映像
普通
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
良い

イーストブルー編までしか知らない私。たまたまムビチケを貰って公開日に見に行った。
音楽がAdoで6曲ぐらい歌ったのかな?結構フル尺ぐらいで歌う場面もあって、
映画館でAdoのYouTubeみてる感じ。(多分この辺、飽きてたのかも)
戦闘シーンやキャラクターの掛け合いが面白いなと思ってみてたけど、エンドロールのあと、
近くで見てた大学生男2人組が席に座ったまま話し込んでた。
「色々思うところあるな・・・」「・・・うん、だな。」「まずさ~、」みたいな意味深なこと話してて
伏線とかマンガ関連の何か事情があるんだろうなと。
折角だし、1週間お盆休みだしワンピース見てみようかな~

Loading...