Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

サービス開始日: 2020-03-27 (1540日目)

視聴状況

お気に入りのキャラ

愛城華恋
少女☆歌劇 レヴュースタァライト
露崎まひる
少女☆歌劇 レヴュースタァライト
花園たえ
BanG Dream! (バンドリ)
霞ヶ丘詩羽
冴えない彼女の育てかた
ダクネス
この素晴らしい世界に祝福を!
白咲花
私に天使が舞い降りた!

お気に入りの声優

茅野愛衣
26作品見た

お気に入りのスタッフ

岩浪美和
31作品見た
虚淵玄
6作品見た
上江洲誠
3作品見た
藤澤慶昌
9作品見た
加藤達也
6作品見た
関口可奈味
4作品見た
KSASが記録しました
とても良い

ここまででいちばんエモーショナルな話数。
部内でも,幹部間でも,部員と滝先生の間でもくすぶる不和。
あすか先輩に助けを求める。
「滝先生も雰囲気悪いこと知ってるはず。オーディション結果を出した以上は迷いを出さない,何も言わない」。
確かにその通りだ。

関西大会当日の久美子部長のスピーチよかった。
ED曲の間に演奏は終わったようだがw

ああもう少しで物語が完結する。OP曲がとても沁みる。



KSASが記録しました
全体
とても良い
映像
良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

期待せずに観たせいか,とても良く感じた。
劇場で観た本予告で興味が高まり,ムビチケを買った。

全体としては新海誠「君の名は。」と「天気の子」と「すずめの戸締まり」を足して3で割って,ジブリテイストをふりかけた感じ。
掘り出し物に出会った感があり,エンタテインメントを純粋に楽しむことができた。

映画コムのレビューがすこぶる良くないのだが,その多くは「説明が足りない」に集約されるとおもう。
ふだんから何でもかんでもセリフで説明するのはいかがなものかと思っていて,視聴者の想像に任せる作品もいいものだよ。
言ってみれば「細けえことは気にするな」的な作品。ストーリーは破綻してなかったし。

あとパンフレット制作なしにはがっかりした。こういう作品はパンフで世界観を読ませて欲しかったなあ。
舞台は山形県。聖地巡礼ブームはたぶん起きないとおもう。
上映館数の少なさが残念。都内でも4館だけって…



KSASがステータスを変更しました
見た

KSASが記録しました
全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

期待のさらに上を行く出来だった。

劇場版RTTT総集編を観た後だから,てっきりテイエムオペラオーの物語かと思ったら,ジャングルポケットの物語だった。
初見でもオーケーなプロローグで,ていねいな作りに感心。TVシリーズ履修してればもっと深く味わえると思う(わたしはTV2期を見ていない)。

レースのシーンはよく練られていたし,それまでのストーリーもよかった。
アグネスタキオンに惚れた。



KSASが記録しました
全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

原作未読で前章後章を鑑賞。
こんな壮大なドラマが待っていたとは。

原作とは異なる結末らしいので,原作も読んでみたくなった。
どんなことがあっても,おんたんと門出の友情は決して揺るがない。

予告編のおんたん「僕はねえ,いつだって門出の味方ですよ」が思い出される。



KSASがステータスを変更しました
見た

KSASが記録しました
とても良い

各話ドキッとするような展開が含まれる構成だが,これまででいちばん心がざわつく話数。

奏がメンバーから外れ,ソリが真由と発表されて,真由が久美子に「場所,変わらなくてもいいから」。
そのあとの久美子「北宇治は実力順」。奏が一瞬表情を変えて退室。
うーん,ユーフォバートはギス感しかないな。
それでも練習後の久美子奏のシーンは落ち着いて見られる。

部内でくすぶり始めた滝先生への不信。
部員だけでなく顧問の先生を巻き込んだギスギス感。

そして麗奈が部内で浮いた存在になりそう。
さらにくみれいまですれ違い。どうすんだこれ。
ラストで滝先生に問いただそうとする。次回はいろいろと解決してくれればいいのだけど。



KSASが記録しました
とても良い

オスティナート=ある種の音楽的なパターンを続けて何度も繰り返す事。

3日間の合宿。
1日目の夜がオーディションで,2日目の朝に発表。場合によっては波風立ちそうなスケジュール。
結果発表。ユーフォは久美子真由2名のみ。奏は外れた。
ユーフォのソリは真由。なるほど。

久美子「そして,次の曲が始まるのです」なんという寂しげな言い方。



KSASが記録しました
良い

そんなにドタバタ回ではなかったがあっという間の話数。

クリス回でもあるがダクネス回。
カッコいいダクネスとポンコツダクネスの両方が楽しめる。
予告の人は渡辺明乃。まだシルビアだw



KSASが記録しました
とても良い

このすばが帰ってきた,そして更にパワーアップしたと認識させる話数。
そして濃すぎる話数。
感想の各文の末尾に「w」をつけねばならないw

魔王軍討伐で「おー!!!」と勝ちどきの声をあげたアイキャッチの次がカズマとエリス様の再開かよw
しかも長い沈黙ww エリスの胸はパッド入りだもんな。

ダクネス「かかってこーい!!!」 かやのん,どっから声出してんのww
他社と身体が入れ替わる神器,CV変わらず入れ替わるのかw
こんなんいちばんいいところで入れ替わりが解けるに決まってるじゃないかwww

ED,予告の人 津田健次郎という文字を見た瞬間に草生えた。

エンドロールで脚本・絵コンテ金崎貴臣だとわかって,すべて納得。



KSASがステータスを変更しました
見た

KSASが記録しました
とても良い

奏と真由は我が道を行くって感じで,久美子から離れて行ってるように見える。
別に2人が表立って反目してるわけではないが,雰囲気的に怖い。
そんな中,くみれいがプールに行くのどうのっていう百合展開。

真由の煮えきらなさにイライラしてきた。もう夏だよ? 3年生は受験が近づいているのだよ?
吹奏楽部は1つのチームだと考えれば,そろそろ吹っ切れてほしいのだが。
そしてプールで最後に撮った集合写真,真由は「現像が上手くいかなかった」って言ってたけど,ウソだよなこれ。
真由の闇は深い。



KSASが記録しました
全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

TVシリーズは1期は見ていたが,2期は見てない。
本作のオリジナルWebアニメも観てなかったけど,とても良かった。
特にレースシーンが胸アツだった。

ナリタトップロード,アドマイヤベガ,テイエムオペラオーそれぞれにドラマがあった。

エンドロール後に新作映画の予告編。
新作予告篇自体は劇場で何度も見ているけど,RTTPを観たあとに見ると印象が変わる。
テイエムオペラオーに感情移入しちゃいそう。



KSASがステータスを変更しました
見た

KSASが記録しました
全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
良い

予想外にいい作品だった。
主人公・東ゆうの言動は賛否分かれてSNSでは荒れているようだけど,あれはあれで良かったかな,と。
エピローグはちょっと説明不足な気が。それでも全体的には上手くまとまっていた。
なんとなく冴えカノFineを思い起こさせるエピローグ。
原作小説を読んでからもう一度観たいな。



KSASがステータスを変更しました
見た

KSASが記録しました
とても良い

あっという間の話数だった。
ディゾナンス,つまり不協和音。不穏なサブタイでオーディション編がはじまる。

久美子奏真由がまたもやギスってきた。
府大会のユーフォは久美子奏真由の3人が選ばれる。2人だけ選ぶ線もあったろうに一安心。
チューバはサプライズ選考あり。これがディゾナンスになっていくのかはわからないけど,今後に響いてきそう。
大会ごとにオーディションするのはやっぱ問題かもなあ。

終盤でくみれいが2人で会話するところでホッとする一方,胸が痛くなった。



KSASが記録しました
とても良い

久美子が進路に悩む話数。
そして麗奈の弱い面というか繊細な面が描かれる話数。
高坂邸を出て2人で歩いているシーンがすごく良かった。
久美子は麗奈と話すときに声がちょっと高くなる。
アンコンもそうだったけど,久美子麗奈の友情がキモなんだよなあ。

Aパートの電車内の作画が細かくて丁寧。床に落ちる架線の陰が動くとか揺れるつり革とか。

EDのラストで出てくる4つのブローチ,左から春夏秋冬を表してるのだと気付いた。
演奏曲が春夏秋冬を表しているという麗奈のセリフがなかったら,いまだに気付いてなかったと思う。



KSASが記録しました
良い

このすばはどの話数も視聴者を裏切らないな。
ダクネス好きにはたまらない3期だ。
アニメは3期で完結だと思ってたが,このペースだと4期で完結かな(根拠はない

ダクネス役のかやのん,前話まではすげえ声出してるなwという感想だったが,この話数で確信した。
かやのんはこの収録を楽しんでいるww
王都でミツルギキョウヤと鉢合わせかw
しばらくクリスとのストーリーね。

EDキャストの予告の人;安元洋貴w デュラハンなつかしいww



KSASが記録しました
全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
とても良い

2024年にラ!無印を見てからの視聴。
どうしても無印のμ'sと比較してしまうが,μ'sのストーリーが良すぎたので本作は全体的に物足りない感じを受ける。
悪いとは思わないがどうしてもね。

スクールアイドルものではなく,学校閉校にまつわる群像劇として見ればとてもいい作品。
この点で予想とは違ったストーリーだった。
もうちょっと詳しく描写してほしいところもあったけど,総じていい作品だった。



KSASがステータスを変更しました
見た

KSASが記録しました
良い

アバンでラブライブの優勝旗。ラ!シリーズはほんとプロセスを見せてくれないなw
9人揃ったシーンで1人ずつひとこと言って捌けるのは芝居がかってるけどいい描写。
1年生組が扉を閉めるところはちょっとグッときた。善子がいちばんさみしがってる。
学校閉校だけど,ライブで明るく終わって良かった。



KSASがステータスを変更しました
見たい

KSASが記録しました
良い

月永求回。

久美子と真由の仲はいい感じ。真由のウインクよかった。
求と緑輝のコンバス夫妻,アンコンでも二重奏やってたけど,そんないきさつがあったのね。
久美子「気持ちは演奏に出るよ」。いいセリフだ。

求の問題は解決。こうやって毎話問題を乗り越えていくのだね。



KSASが記録しました
良い

ラス前話数。
最終話はアキバドームでのラ!決勝回だろうが,その前日譚を丁寧に描いている。
1年生組,2年生組,3年生組それぞれに絆があることがあらためて出てくる。

ラブライブ出場のために鳳鳴館に宿泊。
千歌「私たち,ラブライブに優勝して,浦の星の名前を残して… それでいいんだよね。 …それで」
意味深なセリフすぎる。まだハッピーエンドの線が残ってる?

最後のライブシーン,もしかしてラ!決勝のステージ?
まあ最終話を見ればわかるだろう。



KSASが記録しました
良い

アバンからこのすば全開だなw
本編も福島潤節全開ww さすがだわ。

Aパートからしてカズマとアイリスの物語かと思ったら,ララティーナ一行がw
やっぱタダではすまないな。
ダクネス役かやのんも声色変えるの上手くて草。

EDキャストで予告の人 渡辺明乃って出てきたときにまた草。シルビアじゃねえかw
このすばはブレることがなくて安心できる。



KSASが記録しました
良い

閉校祭かあ。しみじみしちゃうね。
事態としては寂しい…はずなんだだけど,ほんわか進行。
善子の占うAqoursの未来はなんなのか。

ED曲の全校生徒バージョンに思わずグッときた。
あと2話。どういう展開になるのか。



KSASが記録しました
普通

鞠莉「ずっと一緒にいられますように」。
いろいろ話が動きそうなアバン。3年生組を中心とした話数。

鞠莉に統廃合先の理事のオファーが来るも断る。
これで浦の星女学院は泣いても笑ってもあと3ヶ月。
Aqoursはどうするのか。μ'sはスクールアイドルにこだわり,3年生組卒業とともに活動を終えた。

最終章のイントロダクション的な話かな。
評価は「普通」だけど,「良い」にきわめて近い「普通」。



KSASが記録しました
とても良い

みずいろは1年生の色。
1年義井沙里と部長久美子の物語。
久美子奏真由のさんかくはまだ微妙な空気よね。

すずめの爆弾発言。
「このままだと1年全員ボイコットしますよ。というか集団退部」。
これをすずめが伝えるのがキモかもね。
久美子とのメッセージで種明かしとなる。
実際このまま行ったら麗奈の立場が怪しくなりそうだったけど,ギリ踏みとどまったかな。



KSASが記録しました
良い

MVみたいな始まり方。
男ものっぽいスーツを着てるニジガクメンバー,侑がいちばんカッコいい。
劇伴の「虹色Passion」アレンジバージョンいいね。
映像製作でしずりなコンビ誕生しててびっくり。

新キャラ登場。歩夢に飛びつくとは意外。
愛さんがせつ菜を「せっつー」呼びするのは初めてかしら
侑「わたしはスクールアイドルじゃないよ」。そういう思いだったのか。

EDはニジガク+栞子ミア嵐珠。めばち画がいつもよりアニメ画っぽい。



Loading...