カンナのために入学道具一式を購入してやる小林の優しさは天井知らずか。カンナって自分の子供でもないし小林って親になる覚悟が有ったわけでもないのにここまで出来るのは、小学生の列を羨ましそうに見ていたカンナの真意を理解したからかな。小林に気を遣ってキーホルダーを戻したカンナのために別の機会にキーホルダーを買ってあげる小林は本当に優しさにあふれている 皆と違うと排除されることも有る。これって悲しいけどどうしようもない真実だよね。これが「普通」の範囲で違うならまだ解決法は有るかもしれないけど、カンナはドラゴンだからなぁ。正体がバレた時のリスクは小林が言う以上に恐ろしい。でも学校に行くことを止めないのはやはりカンナの意思を尊重しているからか マジやばくね?が流行るさまは単なるギャグ描写である以上にカンナがクラスにきちんと受け止められたことを表しているようで笑いながらほっこりできる

No comments