Suzumiya Haruhi no Yuuutsu (2009)
2007,2008,2009 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

Suzumiya Haruhi no Yuuutsu (2009)

4366
Watchers
63.18%
Satisfaction
90
Ratings

Information

Title (kana)
すずみやはるひのゆううつ
Title (en)
Suzumiya Haruhi no Yuuutsu (2009)
Media
TV
Release Season
Official site (ja)
Wikipedia (ja)
Syobocal
MyAnimeList

Share

Characters

No Characters

Staffs

No Staffs

Comments

Rating
Animation
Average
Music
Average
Story
Average
Character
Good
Overall
Good

正直アニメだけ見るとそれほど面白くなかった
ただアニメ版が『涼宮ハルヒの消失』への伏線だと考えるとやはりアニメが必要だったと納得できた
ハルヒの地上絵、横暴な態度も大人朝比奈さんの登場も詳しいことを教えられていないことも、長門の無口設定もエンドレスエイトもすべて伏線と解釈すれば、消失がとても面白いものとして見れる
長門は性質上、吐き出すことのできない感情をハルヒによって溜め込み続けた。それが映画での話。
長門は厳密には人間ではないけど、現実世界におきかえてみると僕ら人間を象徴していて、ハルヒは目に見えない感情を象徴しているのかもしれない。そうやって見ていくとまた違う見方ができるなと思った。
とはいえそこまで思えるのも映画を見てからだったのでアニメとしてもう少しまとまっていればなぁと思う。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Average
Character
Good
Overall
Good

何となく見てみたけど、まあ良かったね。
ただやっぱりエンドレスエイトはちょっとしつこいかな。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Average
Character
Bad
Overall
Average

1年前に見て何が面白いかわからず切り、今回暇だったので全話見たわけだが、結局面白さを理解することはできなかった。誰か、これの何が面白いのかを説明してくれ。
ハルヒが自己中で横暴でクソうざいのでまったく好きになれない。そのくせ神だし
エンドレスエイトはソシャゲ周回しながら流していたので特になし。でもまあ飽きるわな。せいぜい3回まででしょうよ

Rating
Animation
Average
Music
Good
Story
Bad
Character
Average
Overall
Average

京都アニメーションの事件もあったし、かの有名なエンドレスエイトにまつわる8月だったし、ハレ晴レユカイとGod knows...だけ知ってるのもオタクとしてどうなんだと思い視聴。しかし、ビックリするほどつまらないアニメだった。涼宮ハルヒという横暴な女にただただイライラした。ハルヒに振り回されるキョン視点で描かれているから無理もないのだろうが。
特にエンドレスエイトは同じような話を延々8回も放送していたわけだが、退屈極まりなかった。この辺でこの作品をソシャゲしながら流し見するようになった。
しかしながら、中身がないわけではない。これは他人からの受け売りだが、この作品は人生の縮図であるという見方がある。あまりにもしっくり来たので、俺なりの解釈を交えて書き留めておく。
以下ネタバレ満載なので一応注意すること。
エンドレスエイトは1万5千回以上も同じ日常を繰り替えす話であるが、アニメではそのうちの7回とループから抜け出すラスト1回の計8回が描かれた。ラスト1回は明らかに他の7回とは異なるのだが、その7回も再放送ではないのである。2回目以降はデジャヴについて言及していたり、毎回服装が違ったり、キョンが自転車を止める位置が違ったり、やっている大筋にほぼ変化がないのにもかかわらず細かい部分は違うのである。これは、繰り返しのような毎日を送っているなと感じたことがある人ならばそんな日々と重ねて見ることができるはずだ。俺は高校の頃、毎日学校に行っては授業を受けて帰宅して寝るという生活の繰り返しに飽きたことがあった。エンドレスエイトのようにループしてるわけではないものの、繰り返しに退屈したのである。しかし、ループでない以上授業の内容は先に進むし、学友との会話内容も毎日変わるし、弁当の中身も毎日違う。繰り返しの日々の中にある小さな違い、そういうのを楽しむこともできるのだとこの作品は教えてくれているのではないか?
また、涼宮ハルヒというキャラクターは俺から言わせると「考え得る限りもっとも関わり合いになりたくないタイプの女」であるのだが、人生に置き換えると会社の上司であったりといった嫌なやつ(全ての上司が嫌なやつというわけではなく、ものの例えである)に該当し、そういうものも受け入れてうまく生きていくんだぞというメッセージをキョンから受け取ったような気もする。特に映画撮影回での数々のハルヒの横暴な行いにキョンが怒り殴ろうとしたシーンは理不尽さに怒る自分と重なると思う。しかし、この殴りが小泉により阻止されたことに関しては、暴力に頼ることが良くない事であることを直接的に表現している。
他にもいろいろあるが、限りがないのでこの辺にしておく。このように、人生に重ねてみるとこの作品の意味(勝手にそう解釈しただけかもしれないが)が見えてくるのではないだろうか?

ここまで書いていうのもなんだが、この作品に人生を求めてはいなかったしオタクの教養的なのを期待して見ただけに落胆したため作品評価は低めである。
原作未読であるし、映画を見て作品の評価が変わる可能性もあるが、アニメ1つだけでいえばこの評価が妥当と考える。

Rating
Animation
Good
Music
Good
Story
Good
Character
Good
Overall
Good

思ったよりもエンドレスエイトはきつくなかった。そして今更時系列滅茶苦茶になっている事に気づいた。どのみち面白かったからいいけど。

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Good
Character
Good
Overall
Good

少数派かもしれないけど、僕は好きだよエンドレスエイト。
視聴者にとって、8回目のキョンの輝きは長門と似た心境だったでしょう笑
まぁ、演出として必要だったかと言われたら、悩んでしまうけれど。

Rating
Animation
Average
Music
Good
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

あまりに有名すぎるからこそ、いまさら観る、というタイミングを逃していたが、面白いと言われる作品を片っ端から観てみようという試みで初めて観た。

絵面はやはり少々古く感じてしまうし、本当にこいつら可愛いと思うのか?という疑念をいだきつつ、
3話ほど観続けたら、古いやら絵面やらどうでも良いわ、と思うほどにサラッと面白かった。

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Average
Character
Great
Overall
Great

挑戦的なアプローチで日常風景を切りとっててすごく鮮やかな印象を受ける。エンドレスエイトはさすがにきつかった。

Rating
Animation
Average
Music
Average
Story
Average
Character
Great
Overall
Average

事実上の完結作。一期+特別編。エンドレスエイトとかいう地獄

Rating
Animation
Good
Music
Good
Story
Average
Character
Average
Overall
Average

エンドレスエイト・・

Stats

Watchers

Status

Related Works