Liz to Aoi Tori
武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

Liz to Aoi Tori

1668
Watchers
-%
Satisfaction
0
Ratings

Information

Title (kana)
りずとあおいとり
Title (en)
Liz to Aoi Tori
Media
Movie
Release Season
Aired
2018-04-21
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)
MyAnimeList

Video Services

Share

Synopsis (ja)

あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。
だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、
あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。

北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。

高校三年生、二人の最後のコンクール。
その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

「なんだかこの曲、わたしたちみたい」

屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。

「親友」のはずの二人。
しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

Source: http://liz-bluebird.com/

Staffs

武田綾乃
Original Creator
山田尚子
Director
吉田玲子
Script
西屋太志
Character Design
篠原睦雄
Art Director
石田奈央美
色彩設計
高橋博行
楽器設定
高尾一也
撮影監督
Umedu, Tetsuro
3D 監督
鶴岡陽太
Sound Director
牛尾憲輔
Music
(Lantis)
音楽制作
洗足学園音楽大学
音楽制作協力
大和田雅洋
吹奏楽監修

Comments

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

 ひとつひとつのコマが絵画のように美しく、人間の機微がいろいろな場所に見られ、本当に美しかった。dアニメで見たのだけれど、何度も止めて深呼吸しながら出ないと見れなかった。結局4時間もかかってしまった。
 変化の瞬間を丁寧に描いていて、のぞみが誰とでも気さくに接するさわやかなキャラだったところから、後半ではそんなにいい面ばかりではない人間であるところが露呈したり、のぞみなしでは何もできないはずだったみぞれが実際は非常に優秀であることが分かったり、後半でいろいろ明かされることが多くて驚きが続いた。
 リズのもとにやってきた青い鳥は、リズがひとりぼっちだったからと言うので、最初は明らかにひとりぼっちであるみぞれのもとにのぞみがやってくるという構図だと思ったが、実際は逆であった。でも後から思い返せば、青い鳥が靴の先をこつんとさせる動作が冒頭シーンのみぞれと重なったりしていて、はっきり描かれずとも示唆されている。
 個人的には、この年代特有の世界の狭さ、それゆえにその世界に浸かることで自分が認知する世界が繊細で広がりを持つことの、どうしようもない窮屈さと美しさが素敵な雰囲気につながっている気がした。なんだか本当に一コマごとに額縁に収めたくなるようなきらめきを持っていて、それでいて窮屈でうまくやれないもどかしさがあって、これは切ないという言葉では表すことができず、靴擦れのような痛みと苦しみのようなものを感じて、苦みを感じた。痛みを伴って、物語は前に進むのだろう。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

響けユーフォニアムのスピンオフ作品。心情描写が良すぎた。本編より数倍好き。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

遅ればせながら見ましたが劇場で見なかったことを大後悔しました。
巣立ちのソロ、ホント良かった!

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

良かったです。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

めっちゃ良くて2周してしまった。旅立ちのオーボエが情感たっぷりでもう何も見えなくなった。一緒にいたいのに羽ばたいていく青い鳥の気持ちが苦しい。童話とは違ってたまに会えるような関係になることを願ってる。

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

ユーフォニアム未視聴で見た私は愚か者です。それはともかくとして絵本の世界と同時に且つ複雑に物語が進行していくのが今作のミソ。思春期の少女たちの思いが複雑怪奇に絡み合いリズと青い鳥の様に巣立ちする。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

作品の構成があまりに素晴らしく、視聴中に度々感嘆してしまった。
希美とみぞれが何を思い、考え、悩んでいるのかをそっと見ているような感覚に陥る。
絵本の世界が進むに連れて、現実の世界も進んでいく。最初から中盤にかけてはずっとリズがみぞれで青い鳥が希美のように描写されるが、終盤に差し掛かるにつれて何度も何度もそれが入れ替わり、交わる。そして最後は二人一緒になって飛び出していく。これこそまさに青春だなと。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

二人の少女の関係性にどこまでもフォーカスを当てた作品。
友情とも愛情とも嫉妬、憎悪とも形容できない微妙な心境を童話とリンクさせて描き切った作品。
しかし最後には童話のような唯一解を導くのではなく、折り合いをつけるという形で終わっているのも趣深い。
二人は一歩前進しただけですべてが解決したわけではないのでこれからもぶつかり合い成長し、この先二人の道が分かれることもあるのかもしれない。そんな二人の心に一生残るであろう青春の一コマ。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

吹奏楽部の話だが、コンクールの練習中のある期間を切り取った範囲の作品。なのでコンクールに出て金賞!みたいなオチではなく、ひたすら仲の良い2人の関係性の変化が描かれる。逃げのようでアレだが、この作品の良さを上手く伝えるだけの文章力がないのがもどかしい。とりあえず響け!ユーフォニアムの2期の後の時間軸なのでその後に見て欲しい。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

2回目記録 *注) ネタバレとか個人的な考察など

どうしてももういちど見たくて行ってたのでタイムラグあるけど記録。
1回目の心の揺さぶられ方がヤバかったので2回目だと落ち着いて見れてる自分が少し残念だったけど、それは1回目の視聴体験が凄くて全てストーリーも流れもほぼ完璧に覚えてたからってのがあるし、やっぱり1回目で見たときの気持ちの持っていかれ方は本当に特別だったと思う。語彙がやばい。あと席とか劇場の環境があまりよくなかった…。
で、1回目見たあとなんとなく個人的に思い浮かんでたことがいくつかあって、それは
”みぞれ側の性格で、だけどみぞれのような才能も何も無い子は一体どうしたらいいのだろう”
”希美みたいな子は世間で何度も出くわしたことがある気がするけど、女ってやっぱりよく分からん”
”京アニの人たちは才能の塊の集団だし北宇治吹部みたいに鎬を削って魂焦がしてる人たちだろうし、何も出来ない側の人の気持ちを分かるものなんだろうか”
などなどいう具合のもので、観てる最中は感動しまくってた割にみぞれ側という自覚のありながら大した才能もなく冴えない人間としてのコンプレックス丸出しのひどい感情ばかりが後から後からと頭をめぐっていた(笑...笑えないけど)。

それで、せっかく2回目を見るにあたって山田監督のインタビューを読んだところ『希美をよく見てほしい』と書いてあった気がしたので希美に注意しながら見ることにしたんだけど、希美に対して相変わらずこういう女ってよくわからんという感情は残ったままで、しかも上に書いたような集中力削がれた状態ではあったんだけど、それを差し引いても新しい発見があったと思う。
それはクライマックスの生物室のシーンのときに感じたことで、
”特別と思われること自体が特別なことなんだ”
ということで、あまりうまく表現できないけど希美の瞳の内側の気持ちを探ったりしながら見てるなかであのシーンで写った希美の瞳はきっとそういうことを感じたんじゃないかなと感じ取れたし、その後の2人の関係性からもそう思えたし、『希美を見てほしい』という山田監督の言葉の意味はこのへんに詰まってるんじゃないかなと個人的に思った。人間賛歌だったり物語の造り手側から受け取る側へのメッセージとしてこういうことを伝えたかったんじゃないかと感じて勝手に心が温まった。よかった。
才能のない側の希美(それでも十分うらやましく思う対人スキルを持っていると思うけど)が、才能のあるみぞれと心を通わせる。才能とかそういうものは抜きに特別と思い合える相手と特別な関係になれたと希美が気づく。それだけで、(私)あなたは特別なんだよ。っていう山田監督からのメッセージなんじゃないかなと勝手に感じた。これは1対1の人間同士の関係じゃなくても、たとえば家族とか仲間のグループとか、さらには京アニの作品や山田監督の作品を特別と思えたりするというそういう時点で特別なんだということであって、生きてるって素晴らしくて特別だってことなんじゃないかって思える特別な作品だった。宗教くさくなってきたw

最後に少し野暮な考察をすると、山田監督は近くにライバルや強敵がいないことを憂いているんじゃないかなと端々で感じることがあり、もしかして作品を通して平野綾さんやヤマカン氏に戻ってきてほしいというメッセージを送っているのではないかと感じた。新海監督が売上的にはジブリに並ぶ偉業を成し遂げた中で、ハルヒで一時代を作ったあの勢いを取り戻したいみたいな所で(文字数制限なのでおわり*すべて個人の妄想です

Stats

Watchers

Status

Related Works