リズと青い鳥

リズと青い鳥

  • 視聴者数:2280
  • 評価数:-
武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

動画

あらすじ

あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。
だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、
あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。

北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。

高校三年生、二人の最後のコンクール。
その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

「なんだかこの曲、わたしたちみたい」

屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。

「親友」のはずの二人。
しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

引用元: http://liz-bluebird.com/
とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

これは心に沁みる!「リズと青い鳥」を通じて少し成長した二人の心情、関係性が良いし。髪やスカートのなめらかな動き、表情の機微の丁寧さが光る。
特にみぞれの「希美と離れたくない!」という気持ちが、進路や演奏にこぼれ出てるのが腕組みポイント。

とても良い
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

誓いのフィナーレからみています。絵本「リズと青い鳥」の話を聞いていて、「幸福な王子」が思い出されました。リズがどうして青い鳥を送り出したのか、最後まで明言はされなかったと思いますが、凍えしんで終わないようにということなのかなと思いながら見ていました。
二人とも青い鳥になっていつか飛べたら、いいですね。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

2年ぶり3回目の劇場での鑑賞。
登場人物の心情や感情は概ね解することができているのだが、何回見てもリズと青い鳥は何だったのかというようなすとんと落ちるような答えが出せそうにない。ただ見終わった後にはエモーショナルというより得も言われぬといった感じのエモさが残るし、ある意味この雰囲気を楽しむことがこの作品の正しい見方のようにも思えた。そして、どこまでも繊細で触れたら途端に壊れてしまいそうな質感に硝子の如き美しさを感じる。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

・少女たちの成長と別れの予感を、劇中劇と平行して描く→あえて語る言葉は少なく、演出で視聴者に察することを求める作品

・終盤で描かれる圧倒的な演奏シーン→あのキャラだけではなく、まわりの人まで泣いてしまうのも納得

・どちらがそれぞれリズと青い鳥だったのか?→それが明かされる後半の展開が鳥肌もの

・最高に百合で青春な告白→歩幅は違うけど、一緒に歩いていく二人→『ハッピーエンドのほうが好きだし』の言葉を信じたい

・少し難解なところもある作品なので、誤読もあるかも→だからこそ考察や他人の感想を読みたくなる作品

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

 ひとつひとつのコマが絵画のように美しく、人間の機微がいろいろな場所に見られ、本当に美しかった。dアニメで見たのだけれど、何度も止めて深呼吸しながら出ないと見れなかった。結局4時間もかかってしまった。
 変化の瞬間を丁寧に描いていて、のぞみが誰とでも気さくに接するさわやかなキャラだったところから、後半ではそんなにいい面ばかりではない人間であるところが露呈したり、のぞみなしでは何もできないはずだったみぞれが実際は非常に優秀であることが分かったり、後半でいろいろ明かされることが多くて驚きが続いた。
 リズのもとにやってきた青い鳥は、リズがひとりぼっちだったからと言うので、最初は明らかにひとりぼっちであるみぞれのもとにのぞみがやってくるという構図だと思ったが、実際は逆であった。でも後から思い返せば、青い鳥が靴の先をこつんとさせる動作が冒頭シーンのみぞれと重なったりしていて、はっきり描かれずとも示唆されている。
 個人的には、この年代特有の世界の狭さ、それゆえにその世界に浸かることで自分が認知する世界が繊細で広がりを持つことの、どうしようもない窮屈さと美しさが素敵な雰囲気につながっている気がした。なんだか本当に一コマごとに額縁に収めたくなるようなきらめきを持っていて、それでいて窮屈でうまくやれないもどかしさがあって、これは切ないという言葉では表すことができず、靴擦れのような痛みと苦しみのようなものを感じて、苦みを感じた。痛みを伴って、物語は前に進むのだろう。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

響けユーフォニアムのスピンオフ作品。心情描写が良すぎた。本編より数倍好き。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

遅ればせながら見ましたが劇場で見なかったことを大後悔しました。
巣立ちのソロ、ホント良かった!

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

良かったです。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

めっちゃ良くて2周してしまった。旅立ちのオーボエが情感たっぷりでもう何も見えなくなった。一緒にいたいのに羽ばたいていく青い鳥の気持ちが苦しい。童話とは違ってたまに会えるような関係になることを願ってる。

とても良い
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

ユーフォニアム未視聴で見た私は愚か者です。それはともかくとして絵本の世界と同時に且つ複雑に物語が進行していくのが今作のミソ。思春期の少女たちの思いが複雑怪奇に絡み合いリズと青い鳥の様に巣立ちする。

とても良い
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
以前作品の記録に設定できた4項目の評価を表示しています

作品の構成があまりに素晴らしく、視聴中に度々感嘆してしまった。
希美とみぞれが何を思い、考え、悩んでいるのかをそっと見ているような感覚に陥る。
絵本の世界が進むに連れて、現実の世界も進んでいく。最初から中盤にかけてはずっとリズがみぞれで青い鳥が希美のように描写されるが、終盤に差し掛かるにつれて何度も何度もそれが入れ替わり、交わる。そして最後は二人一緒になって飛び出していく。これこそまさに青春だなと。

Loading...