Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

あらすじ

人はみな 誰にも見せぬ自分を 持っている――

世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。
東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)は、十数年間にわたる冷戦状態にあった。

西国の情報局対東課〈WISE(ワイズ)〉所属である凄腕スパイの〈黄昏(たそがれ)〉は、東西平和を脅かす危険人物、東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、ある極秘任務を課せられる。

その名も、オペレーション〈梟(ストリクス)〉。

内容は、“一週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入せよ”。

〈黄昏(たそがれ)〉は、精神科医ロイド・フォージャーに扮し、家族を作ることに。

だが、彼が出会った娘・アーニャは心を読むことができる超能力者、妻・ヨルは殺し屋だった!
3人の利害が一致したことで、お互いの正体を隠しながら共に暮らすこととなる。

ハプニング連続の仮初めの家族に、
世界の平和は託された――。

引用元: https://spy-family.net

エピソード

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

ええと思うで

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
良い
音楽
良い

原作が面白いから期待してたアニメ。作画と声優はすごくよかった。
アニメオリジナルも入れつつ流れは壊さずいけたからよかったかな~

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

文句なしのジャンプ作品、気合の入ったアニメ。

スパイとは言いつつも、次第にアーニャを中心に本当の家族になっていくとこがまたほっこりする。その裏でスパイ活動であたふたするのも面白い。ジャンプマジックと言うべきか、万人受けしやすい、分かりやすい話の作り方素晴らしいよね。OPEDも超有名アーティスト、ポップでアップテンポなOP、落ち着いたED。OPで気持ちが高揚した状態で本編を見て、EDで「見終わってしまった」という感情をホットココアのように温かいメロディで包み込み、この作品をまた見たいと思わせる。売れない訳がない。

WIT×CWの共同制作で変な作品になるわけがない。JOENにも期待しつつ、2クール目も非常に期待。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

期待通りの神アニメでした!今期アニメの中で1番ではないでしょうか!
キャラクターはそれぞれ特殊な設定があり、それぞれの立場からの視点や、その個性が組み合わさることですごく良い作品になっていると思います。あとはアーニャが可愛くてすごく癒されました。
音楽はOP、EDともに自分が思い描いていた音楽で、聴いたときすごく鳥肌が立ちました。OPではアクション要素をイメージしたテンポの良い曲を、EDでは家族や癒しをイメージしたゆったりな曲を使い分けているのはさすがだと思いました。
映像も文句はなく、とても良かったと思います。キャラクターの表情を表現するのがとても上手でした。
ストーリーは原作を忠実に再現しており、丁寧に作られていました。むしろこんなに細かいところまでアニメにしてくれるのかと感心しました。
全体的に見てもとてもクオリティが高いアニメだと思います。毎週見ることがこんなに楽しみになるアニメは久しぶりでした。2クール目も楽しみです!

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

文句を付けるところが何もない。
私の中で江口さんのキャラナンバーワンが決まった。
キャストマジ素晴らしい。
続きめっちゃ楽しみです。原作買うかな。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

第2クールは10月からとのこと。アーニャの虚無の表情たまらん。裏テーマとしては、スパイとして「普通の人」として社会に潜り込まないといけないんだけど、社会は身の安全のために「普通じゃない人」をわずかな違いで見つけて排除する、というせめぎ合いかな。アーニャかわいい。あと、親がごまかしているつもりでも子供には色々伝わっているっていうことの比喩なのかもしれない。ヨルさんの本業は今後描かれるのかはたして。アーニャの言葉遣いかわいい

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

意外と話が進まなかったのは2期含め長く続けたいからと思いたい。楽しみ。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
良い

漫画でなんか凄い賞取っていたから期待高め。
前半、一部の影響で失速感...
後半、入学後の友好関係とか面白かった。

ただ、この笑いは超絶作画前提の面白さな気もする...
流石、CloverWork。WIT STUDIOも


###自分用感情可視化
画像エラー

  • 心... 入学編の[ロイド]とか?
  • 技術... 戦闘とか、変装とか
  • 可哀想... [アーニャ]過去
  • 最終話読後... (続くので?)最終話見た感がなかった
  • 中間... 4話?(アニオリらしい)の仰々しい展開が作画が凄いだけだったから?
全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

子供が笑って過ごせる世界を作るためにスパイとして父として奮闘するロイド、殺し屋だが母として自分に出来ることをしようと奮闘するヨル、そして超能力で家族を助けるアーニャ。それが彼らのSPY×FAMILY。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

上質なアニメではあるのだが、アーニャが入学してからは失速したように思われ、世間でもてはやされている程覇権アニメという気はしない。これ以上の点数をつけるにはどこか物足りない。
ヨルさんの萌え要素、心を読んだ際のアーニャの反応、黄昏のスパイミッションなど、面白いは面白いのだが、平均的なレベルに収まっている印象。ごめん嘘。ヨルさんの萌え要素は最高。
ストーリーはともかく、作画や演出はCloverWorksの丁寧な仕事をたっぷり見ることが出来て満足している。背景・人物共に最後まで美麗だった。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

コミックスも見てるけど、とっても良く出来てて感動です。
引き続き2クール目も楽しみです。

Loading...