コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチヘ
SUNRISE/PROJECT G-AKITO

コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチヘ

1328
Watchers
-%
Satisfaction
0
Ratings

Information

Title (kana)
こーどぎあす ぼうこくのあきと さいしゅうしょう
Media
Movie
Release Season
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)

Share

Staffs

サンライズ
Original Creator
大河内一楼
Original Creator
谷口悟朗
Original Creator
赤根和樹
Director
大野木寛
Script
赤根和樹
Script
渡辺正樹
演出
三宅和男
演出
山下明彦
演出
間嶋崇寛
演出
大石康之
演出
(CLAMP)
Original Character Design
木村貴宏
Character Design
島村秀一
Chief Animation Director
吉川真帆
Chief Animation Director
嘉手苅睦
Chief Animation Director
前田清明
メカ総作画監督
安田朗
ナイトメアデザイン原案
宮本崇
メカデザイン
アストレイズ
メカデザイン
沙倉拓実
メカデザイン
寺岡賢司
メカデザイン
片貝文洋
メカデザイン
高倉武史
メカデザイン
カトキハジメ
メカデザイン
井野元英二
3DCGアニメーションディレクター
佐藤号宙
3DCGアニメーションディレクター
角田祐司
グラフィカルCGディレクター
中山久美子
色彩設計
佐藤豪志
Art Director
金平和茂
美術設定
大矢創大
撮影監督
千葉洋之
撮影監督
田村ゆり
編集
(Aketagawa, Jin)
Sound Director
橋本一子
Music

Comments

Rating
Animation
Good
Music
Good
Story
Bad
Character
Bad
Overall
Average

ファン待望の最終章だが、「よくわからない」というのが正直な所。今までの章も説明不足だったり展開が端折ってある部分がちょっとあってモヤモヤしていたのだが、今作でその「悪癖」が顕著に出てきたように思える。
尺の短さもあってか今まで以上に展開は速く、描写は抽象的で、さらに小難しいSF的解説も入るのでかなりややこしいことになっている。最終章なのに、綺麗にまとまっていない。
この問題を悪化させているのが、3章で登場した「時空の管理者」を筆頭とする「ギアス」関連の設定だ。3章ではスマイラスの関係者のように見えた彼女は、今作ではレイラの元へ現れ「意識の集合体」を自称、唐突に「ギアスの力は人間には重すぎる」「でもそうではないかもしれない。だからレイラが暴走したシン(≒ギアスの重さに耐え切れなかった者)を止められるか見て人類をどうするか考えるよ」と宣言する。
これが話をややこしくしている。最終章なのに、むしろ謎を増やしている。
意識の集合、という言葉は本家ギアスの「Cの世界」「神」を思わせるが、関連性は語られない。ギアスを人類に授けたと示唆する台詞があるが、これも明言はされない。何より何故レイラのもとにだけ現れたのか、本家ギアスでは何してたんだという疑問が生まれてしまった。
加えてギアスの力は本家ギアス以上のオカルトっぷりを発揮し、「ブレインレイドシステムの『共鳴』がアキトとシンを現実世界から物理的に消滅させ、精神世界らしき別空間に送り込む」「死者の意思を現実世界に表出させる」などやりたい放題だ。万能すぎて世界観から乖離していて、興ざめだった。
確かに本家でもギアスやCの世界関連の設定はやりたい放題な感じがあったが、それらはキーポイントの1つではあったが物語の本筋ではなく、物語の結末(ゼロ・レクイエム)に関わってくることはなかった。だが、本作ではそれらがガッツリ物語に絡んで、結末にも影響する存在感を持つ。それも、いきなり最終章で新設定がどんどん出てくる。
総じて「もうちょいシンプルに出来なかったもんか」というのが正直な感想。

そのくせ、細かい部分は説明を省いていて、わけのわからなさを加速させる。
作中の時間経過は具体的にどうなっているのか?
レイラの持っていた「ギアスの欠片」とは?
幼少期のアキトはどうしてシンのギアスを実行できなかったのか?
シンにギアスを授けたのは何者なのか?
アシュレイの専用アレクサンダはどこから出てきた?
スマイラスは結局時空の管理者をどのように「謀った」のか?
これらの一部は設定で語られているらしいが、疑問は残る。何より、こういうことこそ本編で語れよ、と思ってしまう。謎の精神世界ワープをランドルにメチャクチャな理論で解説させることが、本当に大事なことだったのか?

戦闘シーンは相変わらず素晴らしいが、4年の間に地上波アニメのCG技術も進歩したせいで見慣れてしまったのか、驚きは薄れてしまった。2章の市街戦、3章のランスロット無双、4章の「方舟」での三次元的な戦闘と比較すると、どうもインパクトが弱い。

結論すると、「全5章の有終の美を飾れた」とは言い難いと思う。つまらなかったわけではない。戦闘シーンだけでなく、面白いと思える所、面白くなりそうだと感じたところはたくさんあったし、色々言ったが最終章もグッと来る場面はあった。
だが、それ以上に粗と説明不足が目立ってしまい、物語にのめり込めなかった。最終章だというのに、疑問ばかりが頭に残ってしまい、すっきりしなかった。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Great
Overall
Good

18/06/23

Rating
Animation
Good
Music
Good
Story
Bad
Character
Bad
Overall
Average

過去に移動したり、皆の意識が繋がったり、死んだ者からの呼び掛けがあったり、作ってる人がやりたいと思ってることに表現が追いついてなくて散らかってる印象。
シンは愛する者をろくでもない世界から救うために「死ね」ギアスを使ってるのに、スゴい形相で「死ねッー!死ねッー!」と叫んで矛盾してる感じ。穏やかな顔で殺そうとする方が狂った感じが出ると思う。
観測者や過去の改変という伏線が突然出て何となく巻き戻しは予想は出来たけど、名前有りの美少女キャラが射殺されるのは良かった。ちょっとゾクゾクする。
攻城戦はミカエル騎士団の大兵力と要塞の仕掛けとのドンパチが良かった。
イレブン3人組は「世界を守る」とか「世界を愛せる」とか言い始めて、自己犠牲的なキャラクターになってしまって、まるで別人みたい。
お水欲しがりルルーシュとお守りのスザクは必要だったのかな?オリジナル作品ファンへのサービス?

Rating
Overall
Good

最後は駆け足だったけど、アキトとレイラが幸せそうで良かった。。。

Stats

Watchers

Status

Related Works