ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-
暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-

1287
Watchers
-%
Satisfaction
0
Ratings

Information

Title (kana)
ゔぁいおれっとえゔぁーがーでんがいでんえいえんとじどうしゅきにんぎょう
Media
Movie
Release Season
Aired
2019-09-06
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)
MyAnimeList

Share

Characters

No Characters

Staffs

No Staffs

Comments

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

言葉は要らない。いい話だった。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

僕ッ娘のエイミーはイザベラとして淑女へ、わんぱく娘のテイラーはそのままに分かれたままで成長してヴァイオレットの手紙を基に再び繋がる。泣く事は無かったが京アニ特有の映像美と素晴らしい音楽と、良く練られたストーリー及びキャラクターでやはり感動してしまった。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Average
Character
Good
Overall
Good

映像と音楽がぶっちぎりでいい。これだけで観る価値ある。誰も死ななかったので思ったより感動しなかった。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

前後編構成の映画だった。
映像の美麗さはさることながら、引き離されてしまった姉妹を手紙が繋ぎ、いつか……と思わせるストーリーがとても綺麗で見入ってしまう。
柔らかで優しい世界。
ストーリー、表情、世界観、全てが細やかに描かれていて、じんと沁みる作品。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

イザベラ編・テイラー編のような構成になっているのを知らず、ダンスのシーンで “ あぁ、いい映画だったなぁ… ” ( 映画や舞台を観ている最中は体感時間がバグる人間なので ) と思っていたら、まだ前半だったのでした。

“ 子供が無茶なことを言う話 ” はどちらかと言うと苦手なのだが、ベネディクト ( あんなにスポットが当たるとは思わなかった ) やヴァイオレットの面倒見の良さもあり、テイラーの成長物語としても良かった。

僕っ子だったイザベラが立派な淑女になっていたのに、手紙を受け取って、素・本来の姿が出るシーンは泣いてしまった。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

エイミー・・・。
感動して2回は泣いた

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

自分としては数年ぶりの映画館での視聴でした。

ストーリーと人間模様の緻密さは、さすが京アニ作品でした。
音楽(主題歌等を除く)については劇場版で新たに作られたものではなかったようですが、テレビ版放送時からとても良かったので、むしろ安心出来たくらいでした。
しかし、これは映画館の音響設定の問題ではないかと思うのですが、序盤でBGMと他の音とのバランスが悪いと感じるところがありました(ここは少し残念でした)。

さて、作品自体は素晴らしかったですが、ひとつとても気になったことがありました。それは「テレビ版の頃から何年後の話なんだろう? ヴァイオレットは何歳?」です。
ヴァイオレットがイザベラのところへ教育係として行っていた時期から、テイラーがC.H郵便社に来たときは、少なくとも2~3年は経過していたでしょうし、何よりもルクリアに結婚の話が出ていたことからも、ヴァイオレットは20歳前後だろうかと想像しました。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

毎度描写の丁寧さ、そういえばこういうものだったなと気付かされる細やかな風景に驚きます。今回は特に雨が降りはじめる描写、パラパラと雨の跡が地面を徐々に塗りつぶしていく瞬間で感動して鳥肌が立ちました。ストーリー、キャラクターに持たせた物語についてはもう僕は語るべき言葉を持ちません。ただ劇場で涙を流していました。とってもよい作品でした。この時代に生まれてよかったです。

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

配達員はしあわせを届ける仕事のところで大泣きしてしまった。

Rating
Animation
Great
Music
Good
Story
Great
Character
Good
Overall
Great

クライマックスに限らず、物語の途中でも、感極まって何度も涙しました。

原作を読んだ直後に見たので、(そのときどきの心情が分かりすぎて)精神的な牢獄に囚われの身となった姉 エイミーが登場するだけで泣けてきたし、妹 テイラーに至っては、娘2人と年齢設定が近過ぎて、ことあるごとに涙でスクリーンが見えなくなりかけました。

原作の良さが、たくさんのスタッフの方の手によって磨き上げられ、数百倍に増していたように思います。原作では「永遠」の意味するところがフワッとしているように感じたのですが、この映画では、そのフワッとしたものに輪郭が与えられて目に見える形になったような、そんな印象を受けました。

最高に良かったです。

前半、たびたび涙してから、後半のほんわか・まったりした空気になってフッと肩の力が抜けてからのクライマックスシーンは完全に虚を突かれました。何1つ飛び道具的な展開のない王道展開そのものだったのですが、分かっていて号泣せざるを得なかったです…。

〆のエンドロールでは、黒背景に曲だけが流れ、自然と歌詞が耳に入ってくる構成。これまでの話が頭の中で蘇ってきて、またまた泣きそうになりました。ヤバかった。最後までヤバいやつや‥。

期待通りに、期待を越える完成度で、ヤバかったです。

BGMについて

アニメ版の原作準拠のエピソードと同様に、原作小説に準拠しながら細部がリファインされていました。BGMには、アニメ版と同様の曲も使われていました。

音楽といえば、作中、BGMに、「A Simple Mission」(オリジナルサントラ5曲目)が何度か流れるのですが、

この曲、ルロイアンダーソンの「タイプライター」という曲のように、タイプライターの操作音(カチャカチャというタイピング音や、チーンというレバー操作時のベルの音)が1つの楽器パートとして含まれています。

サントラでは、さらに『万年筆(かな?)で文字を書くときに、紙と万年筆が擦れる音(カリカリ、という音)』が1つの楽器パートとして含まれています。これは、『ヴァイオレットが万年筆で手紙を書くシーンが含まれている』原作小説の内容に準拠して取り入れられたものかと思われるのですが、

映画版では、『ヴァイオレットが一貫してタイプライターでのみ手紙を書く』アニメ版に準拠して、万年筆が擦れる音は含まれていませんでした。こんな細かいところにまで神経を張り巡らせて、アニメ版と地続きになるように作品を磨き上げられたのかと感動しました。
(※ 自信満々に書いておいてアレなのですが、自分が聞き取れなかっただけの可能性はあります。)

Stats

Watchers

Status

Related Works

Violet Evergarden Series