レインボーライブ二週目鑑賞中。キンプリ楽しい。

Started: 2020-05-11 (169 days ago)

Statistics

Rating
Overall
Great

・果たして罪人は許される日が来るのか?→現代日本における犯罪者に対する過剰なバッシングともリンクする作品
すごく現代的な題材の作品ですよね。
罪を犯した側の少年を主人公にし、その贖罪の物語を描ききる――圧巻でした。

・まわりの人はみんな『✕マーク』だらけ→『✕』は『罰する人々』という意味か
これが映像演出として効いているんですよね。
最初✕マークだからの学校を見た時はゾッとしました。

・永束くんがいいキャラ!→ちょっとクサイところもあるけれど、言っていることはすべてまっすぐで正しい
『かつてイジメっ子』にして『イジメられっ子』だった将也。
そんな将也を救う存在として、永束くんはとてもいいキャラでした。

・西宮もまた罪の意識に悩まされていた→罪を背負いあった二人
『イジメで西宮を傷つけてしまった』将也と『自分のせいで全てが壊れた』と悔やむ西宮。
そんな二人が終盤の展開を乗り越え、やっと友達になれたシーンにはホッと安心しました。
『壊れてしまったものを治すため』駆けずり回る西宮の姿にまた涙です。

・✕マークが剥がれていくラストシーン→『もう罰する人はいないよ』と言う許しと涙。自分の中で一番美しいラストシーン
こんなに美しいラストシーンがあるのか、感激しました。
罪は償えば許される、過去に罪人であっても、幸せになっていいんだ。
そんな制作側からの強いメッセージを感じました。

柿久ケーコ changed status
見た
Great

・ほぼ初めての舞台で緊張し失敗するそら→対してスターとしての才能を見せるレイラ
そら達の失敗をアドリブでカバーするレイラがさすがです。
このあたりでしっかり、レイラのスターとしての実力が描かれているのがいいですね。

・義理の親子だからこそ育まれる愛もある→過労で倒れさせ、そらへさらに揺さぶりをかけるハードな展開
とにかくこのアニメは展開がハードですよね。
そらのハートを折るような要素が次々出てきます。

・そんな『利口な生き方』→できないからそらは帰ってきた!
それでもそらは帰ってきた!
きっとレイラも『利口な生き方』ができないタイプなんだなと、しみじみ思います。

Great

・釣りは海に落ちて溺れる危険性が事実→だからこそ備えが大切なことをしっかり描く
Aパート丸々使って水での浮き方をレクチャーしてくれたのがよかったですね。
釣りをするならライフジャケットは必須ですね。

・釣り糸が絡んだアオサギ→ギャグをやりつつ、しっかり釣りのマナーを解説する
かなり重いテーマをギャグで中和しながら描ききったのがすごいです。
釣りをするならマナーも大事です。

・生き物が苦手だった陽渚→気づけば他の怖い生き物を思いやれるように
この変化って大きいですよね。
釣りは魚の気持ちを探るゲーム=より人の気持ちがわかるようなってきたということでしょう。

Rating
Overall
Great

・ド派手でトンデモな戦車道物語!→多いキャラ、笑える設定など見どころ多し
めちゃくちゃな設定の数々はガルパンの見どころのひとつですね。
初回からキャラが大量に登場した時は『これでちゃんとキャラを描ききれるのか!?』と心配しましたが、まったくの杞憂でした!

・しかしメインテーマは王道の『友情』もの→友達0の主人公が周りだけでなく、敵対していた人とまで友情を結ぶ
派手な見た目に反して、中身は実は王道なこの作品。
しかし『友情』に注目してみると、この作品がいかにこのテーマを大切にしていたかがわかります。

・戦車道の試合は大迫力!→毎回あの手この手で視聴者の予想を裏切る!
格上相手に弱小高が奮闘する展開が熱いですよね。
作中で出てきた作戦はどれも思い出深いです。

Great

・ハイカロリーなご馳走と言える戦車戦
ありとあらゆる手で視聴者にサプライズを与えてきて、本当に見る甲斐がありました。
ラストの一騎打ちシーンは特に燃えましたね。

・みほが友情を育ててきたからこそもたらされた勝利→最後には姉まほとの絆を取り戻し、母もひとり優しい笑みを浮かべる
友達がゼロだったみほが、友情の力で勝利する――完璧にテーマを描ききった最終回でした。
母であるしほのやさしい笑みがまたよかったです。

・大洗に帰ったらなにする?→戦車乗る!→みほたちの戦車道はまだまだ続く!
この最後のセリフがまた象徴的。
実際ガルパンはOVA、映画、最終章とまだまだ続くわけなので、期待ですね。

Great

・自らが悪役になることで部員をまとめた滝→麗奈の言うとおりのスゴい人
滝先生は吹奏楽部の顧問は初なのに、すごいやり手ですよね。
あらゆることが計算された上で動いていると言うか。

・ついに麗奈へ気持ちを伝えられた久美子→あとはダメ金の時のことをちゃんと伝えられるか
4話目にして二人の関係が大きく動き出しました。
ダメ金の時の話は終盤までもつれ込みそうですね。

・本気で全国を目指す物語→もうダメ金で喜べない!
もう引き返せないところにきつつありますが、吹奏楽部はどうなることやら。
麗奈が上級生と確執を生みつつある点にも注目ですね。

Great

・新規音声で過去映像をまとめた総集編→報告資料っぽくしたり、使徒の名前を明かしたりと工夫が
ここまで凝った総集編を見るのは初めてですね。
三十分間飽きずに見られました。

・『水、気持ちがいい、碇司令』→もしかしてレイとゲンドウは肉体の……
関係があるんじゃないかと邪推します。
ゲンドウ、中学生相手になんてことを……。

・『ゼーレのシナリオ』『ゲンドウのシナリオ』『ロンギヌスの槍』→総集編なのに新情報が盛り沢山
とりあえず作中に『二つのシナリオ(死海文書を元にしたもの)』があり、ゲンドウはそれを元に何かを企んでいることがわかりましたね。
総集編と油断して見ていなかったら、後からビックリしたことでしょう。

Great

・マリオンが見たもの→そらもマリオンの母のようなスターになれる!
このシーンがとてもよかったですよね。
そらのスターとしての才能がビシビシ描写されていて、見ていてとても気持ちいいです。

・フールのタロットカード→逆位置から正位置に変わることで意味が変わるギミックを活かした良演出
最初こそ挫折を感じさせる展開でしたが、それを乗り越えたそら達の姿には胸が熱くなりました。
現実的で厳しいシーンを描くからこそ、成功もしっかり描くシナリオがすばらしいです。

・次回はそらの父が連れ戻しにやってくる!?→次から次へピンチとチャンスを描き盛り上げる、この作品の勢い
一話目から絶体絶命のピンチが次々押し寄せ、さらにそれを乗り越えてチャンスに変えていくそら。
この作品が持っている熱と勢いが凄まじく、期待せずにはいられません。

Great

・海と川での釣りの違い→しっかり漁業権の説明を挟む
前の回でも指摘しましたが、この作品を見て釣りに興味をもったファンに『こういうルールを守りましょう』と作品が言ってくれるのはありがたいです。
スタッフこそ違いますが、ゆるキャンからの作品としての成長を感じます。

・雨の日でも楽しめる釣り→釣りを覚えれば一生楽しめるのでは?
ザァーザァー降りの雨の日でも、橋の下で手長エビ釣りが楽しめる。
本当に釣りという趣味は一度覚えると、一生楽しめるんですね。

・おいしそうな手長エビの素揚げ→これで酒を飲めないのは拷問!
あんな美味そうなツマミでビールが飲めなかったら、そりゃ拷問ですよ!
先生はわりとクズキャラ的な感じですが、ここはしっかり共感しました。

Great

・過去のトラウマを友情で乗り越え、自らの戦車道のために(文字通り)飛翔したみほ→この作品で一番の名シーン!
ここ、本当にいいシーンでした。
ガルパンという作品のテーマを語るなら、ここは外さないでしょう。

・ガルパンのおもしろさを詰め込んだ、最高の戦闘シーン
そしてガルパンのエンタメ要素、おもしろさを構成する戦闘シーンも、十分なスケジュールで作られただけありハイクオリティです。
モクモク作戦、おちょくり作戦、橋を落とす戦略等、見ていて飽きることがありませんでした。

・最大級の敵マウスが登場→さらにまほとの決戦が……
いよいよ最終回へ向け走り出したガルパン。
この最大のピンチと壁をどう乗り越えるか、最終回に期待です。

Great

・やる気のない一部の部員たち→部活内の対立を本気で描く、スタッフの覚悟
部活内の対立を描いたアニメって、自分の知る限りだとあまり知らないですね。
あの仲良し部活ものの王者とも言えるけいおんを作ったスタッフが、今度は部活だからこそのギスギス感を描く……新たな挑戦に期待です。

・まっすぐ真実を言う、正論だから恐ろしくきびしい人、滝
滝先生は物腰こそ柔らかいけれど、とてもきびしい人ですね。
でもこういう厳しさのある人、自分は好きでむしろ憧れます。

・麗奈の怒りにほほ笑む久美子→変わらない麗奈の姿勢に対する最大の賛辞
みんなが部活を休む中、麗奈だけは一人で練習を続け、叫び声をあげた。
中学から変わらない麗奈の気高さに、思わずほほ笑む久美子の構図がすばらしいです。

Great

・技術部の戦い→エヴァの活躍を一切描かない異色の回
こういう知的なバトルも楽しめるのがこの作品のいいところですね。
シンジたちパイロットだけでなく、サブキャラまでキャラが立っているからこそできる芸当です。

・マギはリツコにとっての母親→隠されていた『碇のバカヤロー』の文字
ある程度ネタバレを知ってしまっているので、この隠し文字には胸が痛くなりましたね。
ゲンドウ……本当に罪深い男です。

・加地はなにをしていたのか→使徒との決戦に割り込んだハッキングがまさか……?
このあたりも加地に関する情報をある程度知っているからこそ、推理できる内容ですね。
この後も加地はどのような動きを見せるのか、気になります。

Great

・カロスの期待とそらの苦悩→エヴァのゲンドウと似ているようで、根底が全然違うカロス
キャラ的に似ているカロスとエヴァのゲンドウですが、口下手なこと以外、本質は全然違いますよね。
ゲンドウはシンジから目をそらしているけれど、カロスはそらのことをちゃんと見た上で厳しくしているというか。

・ただクラウンになって活躍!で終わらせない脚本→主人公の気づきと成長をしっかり描く
普通の作品だと初回失敗→次に主人公がひらめいた手で大逆転!というのがよくある展開ですが、ここでもう一度失敗を描くのがすごいですね。
しかもその理由もしっかりしていて、主人公をちゃんと成長させている……とてつもなくレベルの高い脚本です。

・レイラはそらの成長を見ていた!→ますますライバルとしておもしろい状況に
自ら舞台で大技を披露している時も、しっかりそらの活躍を見ているレイラ。
本人はまだ認めないでしょうが、そらをライバルとして見ているのはまちがいないでしょうね。

Great

・大野先輩の恥ずかしい過去→ここでも釣りの楽しさと危険さを描くバランス感覚がいい
この作品は本気で釣りの良さを広めるために、敢えて危険な面もしっかり描いていますよね。
ゆるキャン放送後にマナーの悪いキャンプ客が増えたことに対する、危機感もあってのことでしょう。

・夏海の意外な家での姿→陽渚より頭が良くてビックリ!
見た目だけだと陽渚のほうが頭よさそうなのに、意外でいいですよね。
頭が良くて運動神経抜群でコミュニケーション力高い夏海は、もしかして結構すごい人なのでは?

・思わず釣りへ出かける二人→もうすっかり釣り好きに
最初は釣りと聞くだけで顔を青くしていた陽渚。
それが自分からすすんで釣りに行くようになったのですから、視聴者目線から見てもジーンとします。

Great

・それぞれに成長した華と沙織→みほ自身も過去と向き合う
一話の段階で友人になったみほ、華、沙織の三人がそれぞれ成長しているのがいいですね。
特にみほの成長を嬉しそうに見つめる秋山殿の姿には、胸がキュッとしました。

・大洗チームがそれぞれカツを食べる名シーン
カツ丼だったり、とんかつだったり、カツサンドだったり。
それぞれ形は違うけど『同じ目標で』カツを食べているところがいいですね。
大洗チームを象徴するシーンです。

・新キャラであるネトゲチームがまさかの活躍!→当時はここで一度放送終了したのだから恐ろしい……
こんなとんでもないところで、放送を一時休止したのですからすごいですよね。
残り2話のクオリティに期待できます。

Great

・赤い糸で結ばれた楽器→まちがいなく久美子はユーフォニアムと赤い糸で結ばれている
他の楽器に変えようと(逃げようと?)しても追いかけてくるユーフォニアム。
どうみても赤い糸が結ばれてますね。

・意外と熱い子、サファイアちゃん
一話目から結構熱いセリフ言ってますよね、サファイアちゃん。
作品の雰囲気的に本当に『魂』とか『根性』的な熱い展開を描くのかは不明ですが、見続けたいキャラです。

・まっすぐに本気の道をいく麗奈→麗奈に対する答えが見つけられない久美子
麗奈と上手くコミュニケーションできない久美子が印象的でしたね。
最後に少しだけ会話を交わし、一歩前進か?
あの日のことを謝るのが、作品全体で見た久美子の課題になりそうですね。

Great

・ミサトとシンジは似た者同士→真のヒロインはやはりミサト?
エヴァというとレイやアスカがヒロインというイメージが強いですよね。
でもこうやって実際に本編を見ると、ヒロインはミサトなのではと思い始めました。(キャスト順もミサトが上ですし)

・進化する使徒、その上をいくヒト→SF怪獣プロレスのおもしろさ
ウルトラマンをリスペクトした使徒との戦闘が毎回堪らないですよね。
今回も『奇跡』に挑んだ熱い展開でした。

・初めてゲンドウが褒めた!→でもどこかすれ違っている感じがする碇親子
今回だけ見ると一見歯車が噛み合ったようにも見える碇親子。
でも見ていて違和感(特にゲンドウの)があるのはなぜでしょう?
どうもゲンドウの発言には裏がありそうな予感がします。

Great

・カロスに気に入られたそら→だからこさの周りからの冷たい目
サブタイトルどおり孤独になってしまったそら。
まわりの厳しい目や、ハブられるシーンでは本当に胸が痛みました。

・そらの努力が周りまで変えていく→まっすぐなそらの魅力
そんないやな雰囲気を、自らの実直さで吹き飛ばしていくそらは、本当に主人公してますね。
まわりの変化や、対立の雪解けシーンには心を洗われました。

・レイラがそらに厳しいわけ→無意識のライバルだと思っている?
レイラはただそらが嫌いだから厳しいのではなく、何かを感じ取っているのかもしれませんね。
自身の大技を一週間で形にしたそら……そのスターとしての才能を一番感じ取っているのは、同じスターであるレイラでしょう。

Great

・楽しいアジゴ釣り→釣り終えたら陽渚に試練が……
初めて魚の解体を体験した陽渚なワケですが、解決策がおもしろかったですね。
無心でアジゴを解体するシーンはある意味ホラーでした笑

・釣具屋のおじさんがなかなかいいキャラ→セクハラしつつも、子どもたちを見守るやさしい目
すごくいいキャラとして描かれていますよね。
釣り人としてていぼう部を見守るやさしい目が印象的です。

・釣りは失敗をくり返して上手くなる→失敗すら楽しめる釣りは最高では!?
人生もまた失敗から学び成功を勝ち得るものですが、釣りは失敗そのものすら楽しいのですからすごいですよね。
王ドロボウJINGの『一生楽しく過ごしたいなら釣りを覚えなさい』という言葉を思い出し、釣りの奥深さに感心させられました。

Great

・士気が下がるなか、まさかのあんこう踊り!→これも伏線だったとは……
あんこう踊りが最初に出てきた時は、ただのサービス要素を含んだギャグシーンだと思っていました。
それをこうしてしっかり物語に活かしてくるのですから、ガルパンという作品はすごいです。

・生徒会チーム、まさかの大奮闘!
今まで砲撃を外してばかりだった生徒会チームが、まさかの大活躍!
最初から会長が砲手をやれば……と思いつつ、遅れてきたヒーローってやっぱりかっこいいですよね。

・作戦が決まり最後の一手が打たれたところで次回へ→最高の引きに興奮!
ここで次回に続くあたり、なんて視聴者の心をもて遊ぶ脚本なのでしょう!
次回予告でもネタバレは一切なし、続きが気になります。

Great

・ダメ金に涙する麗奈→自分の中で革命が起こる久美子
冒頭からこの作品を象徴するようなワンシーンでしたね。
あの悔し涙を見てしまい、自分の中でそれが飲み込み切れず、罪悪感で麗奈から逃げた久美子。
二人がどう絆を結んでいくのか期待です。

・名前にコンプレックスのあるキャラ緑ちゃん→現代的なキャラ設定のおもしろさ
キラキラネームがネットで話題になっていた頃だけあって、それを活かしたキャラ設定が上手いですね。
京アニ作品らしい女子四人による友達グループから、とても安定感を感じますね。

・陽気で人懐っこいあすか先輩に注目→こういうキャラって結構好みかも
手品をしたり、すぐ後輩に教えようとしたり、あすか先輩の積極的なキャラが結構好きですね。
今後どんなキャラとして描かれるのか楽しみです。

Great

・珍しくクセの強い作画、珍しくゲンドウにギャグをさせるシナリオ
とにかく珍しいことづくしの話でしたね。
綾波とアスカをケンカさせたのも、今まで見なかったキャラクターの描きかたです。
使徒に対する疑問がわかりやすく描かれるあたりも、わかりづらいエヴァンゲリオンという作品のなかでは珍しい伏線のはりかたでしたね。

・あの電話が切れていなかったらゲンドウは何を言っていたのか?→シンジの到着を信じることで父親らしさを初めて見せたゲンドウ
あの電話が続いていたら、少しはゲンドウも親らしいことを言った……かもしれませんね。
どちらかが心を開こうとしてもすれ違い、また心を閉ざし合う――碇親子は本当にめんどうですね。

・ネルフの敵は使徒ではなくヒト→停電させたのは誰だ?
ゼーレやら日本のお偉いさん、外国の勢力あたりが犯人の候補ですが、個人的に実行犯なのではと怪しく思っているのが冬月。
この日に限って早めに出社するあたり、停電の準備をしていたのではと、疑っています。

柿久ケーコ changed status
見てる
Rating
Overall
Great

・ノンストレスの癒しに満ちあふれたバケーションにご招待→最後にはホロリとさせる展開も
この手の映画だと中盤あたりにトラブルを入れて観客に敢えてストレスを与えるのですが、この映画にはそんなストレスが一切ありません!
最後まで沖縄での癒しバケーションを堪能できる、やさしい映画でした。

・登場キャラがほぼ全員主役!→すべてのキャラにちゃんと活躍が用意されている
各キャラがテレビ版で見せた個性をさらに発揮し、映画らしい活躍をしていましたね。
特に二期あたりからイジられかたが見えてきた、ひかげのあつかいには笑いました。

・中でもメインエピソードを担当するのは夏海→旅先での出会いと別れを爽やかに描く
夏海というと、キャラは立ってるのになぜかメインエピソードが他の三人より少ない、不遇の存在だと自分は思っていました。
その点、今回の映画ではメインとなるエピソードの主役に抜擢され、しっかりと成長が描かれていたので、大満足です。

柿久ケーコ changed status
見た
Great

・コメディ系かと思いきや、意外とハードなストーリー
平成初期のアニメに通ずる愉快な雰囲気で始まったので、てっきりコメディ系の作品なのかと思っていました、
しかし話が進むに連れ、現実の厳しさをしっかり描くあたり、意外とハードな物語のようです。

・夢を追う少女そら→身体能力はカロスのお墨付き、そこへ才能とも言える客を惹き付けるなにかが……
主人公のそらがいいキャラでしたね。
憧れからカレイドスターを目指し、その実力と魅力で周りを認めさせていく。
まだ成長途中ではありますが、とても応援したい主人公です。

・厳しい人、レイラ・ハミルトン→プロだからこそのプライド
レイラさんの厳しさには驚きましたね。
でもただのイジワルキャラではなく、プロとしての美学を持っている気高い人だからというのが、これまた好感持てます。

Great

・潮干狩りの魅力→ここでもしっかり危険さも描くバランス感覚
泥の感触の心地よさや貝が取れる楽しさだけでなく、ちゃんと危険なところもさり気なく描いているところがいいですよね。
ただいいところだけ書いて理想化しないところが好きです。

・顧問の先生は酒乱キャラ→ゆるキャンの影響を受けた作品だとは思っていたけれど、まさかそんなところまで……
顧問の先生、顔のデザインまでゆるキャンのあのキャラの影響を感じましたね笑
たまたま被っただけなのか、それともリスペクトで寄せたのか。
ひとつ言えるのはこっちの先生のほうが厄介だということです笑

・最近のアニメで珍しく下着を見た→でもサービスというより健康的なギャグ描写で不快感なし
セクシー系のアニメはあまり見ないので、下着の描写がとても珍しく感じました。
下手なサービスシーンにせず、ちゃんとギャグとして落としていたので、不快さを感じませんでしたね。

Great

・みほが得た『勝ち負けがすべてじゃない戦車道』→それを教えてくれた学校が勝たないと廃校になる
このあたりの展開が巧みですよね。
勝たなければならない状況に追い込まれたみほは、どんな決断をするのか楽しみです。

・冬の寒さが見事に描かれている戦場→砲撃で雪を四散させるなど興味深い描写も
場所が寒冷地とのことで、しっかり温かいココアを持ってきてるあたり秋山殿はさすがです。
雪だからこそのシーンが多く描かれ、見応えがありました。

・カチューシャ&ノンナの強烈なコンビ→ライバルのキャラが濃いのがガルパンのいいところ
大洗陣営はもちろん、敵側のキャラまで濃いところがガルパンの魅力ですよね。
特にカチューシャ&ノンナ組はなかなかおもしろい取り合わさです。

Rating
Overall
Great

・登場人物の新たな一面を描きなおした続編
一期でも十分魅力的なキャラたちでしたが、二期ではさらに深堀りされていましたね。
各キャラの新たな面が見られて、一期を楽しんだファンとしてはとても満足度の高い続編でした。

・のんのんびよりシリーズ恒例である4話のれんげが泣く回&10話の駄菓子屋回
二期目の4話もれんげだけでなく、視聴者すらも泣かせにきてましたね。
それだけに一期4話と同じくハッピーエンドで終わってくれ、とても安心しました。
10話の駄菓子屋回もすばらしく、れんげと駄菓子屋の絶妙な関係が描かれていました。

・『りぴーと』に込められた意味
二期目は一期の1話以前まで時間がさかのぼったので『りぴーと』とはそのことを示した言葉なのかと思っていました。
しかし最終回で明かされた真の意味によって、この『りぴーと』というタイトルが大切なテーマを持ったものであることがわかりました。