Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 270
  • 感想数 : 41

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    1期が放送されていたのは私が大学1年の頃でした。あれから10年ほど経ってしまいました。原作小説も読み、総集編も入れて何度も劇場版をみて、住むところも2回変わり、いま最終話を見れて大変うれしいです。声優の方々の成長も感じられました。原作者の武田綾乃先生と、最後までアニメ化してくれた京アニに感謝!本当に完走おめでとう・お疲れ様でした!

    とても良い

    北宇治高校吹奏楽部で良かった、本当に

    とても良い

    終わってしまった。そうか、9年も経っていたのか・・・

    徐々に迫る本番。先輩から受け継いだあの曲も、仲間と後輩へ受け継がれていく。
    本番直前のメンバー同士の掛け合いからもう胸が熱くなってた。
    部員一人一人にフォーカスされたとてもいい構成だった。

    演奏は今までで一番鳥肌立ったかもしれない。
    3年間駆け抜けた青春、いろんな名場面が流れる演出粋すぎて涙が止まらなかった。
    そして掴み取った全国金。本当に良かった。
    あとから黒澤さんのツイートで知ったが、客席に京アニのクリエイターさんが。
    本当にありがとうとしか言いようがない。この響きは届いたに違いない。

    Cパート。そう来たか!
    確かに、久美子にぴったりかもしれない。
    声も大人に。
    こうして北宇治の音楽は受け継がれ、次の曲が始まるのです!!

    とても良い

    これも継ぐって感じだ。本番が迫る演出からもうグッとくる。最後に集大成としての演奏が来るのやっぱりずるい。いい曲だな。その濃密な体験はもっとやりたくなっても仕方ないよな

    とても良い

    9年の想いの詰まった最終回だった。
    …いろんなことがあった。。。

    そして、次の曲が始まるのです。。。

    とても良い

    北宇治金…これで本当に部長としての久美子が報われた。ソリは叶わなかったけど、部として、部長として、久美子としての目標が叶った瞬間だった。
    あすか先輩から譲り受けた曲もしっかり譲り、そして自分は先生として吹奏楽部の顧問に。最高だなあ。

    とても良い

    全てが完璧なアニメだ 走馬灯を見ているような気分だった

    とても良い

    アニメーションの力ってすごいや。
    冗談でもなんでもなく、生きるためのバイブルだよ。

    とても良い

    美知恵先生も滝先生も、この進路を予想してたのか。大人ってすごいですね。

    とても良い

    3年間のすべてが、辛かったことも悲しかったことも嬉しかったことも、特別で大切な思い出のすべてが、詰まってた。

    とても良い

    良い最終回だった、それ以上に表しようはない。

    とても良い

    良かった。

    とても良い

    悔しくて泣きそう(最終話の構成について)

    とても良い

    久石奏3年生編、待ってます

    とても良い

    全国金賞とれてホントよかったです。
    今でも久美子がソリの世界線を見たかったなという気持ちはありますが、一連の演出には満足している自分もいます。
    あれっ、秀一には触れないの?からのヘアピン1つで判らせる演出恐れ入りました
    音大にはいかない選択をしたので、てっきり音楽は学生で終わりと思い込んでいたので、黄前先生になって母校の吹奏楽部の副顧問になるとは予想できませんでした。
    1期から9年と聞いて、長かったような短かったような。
    途中色々な事も有りましたが、この素晴らしい作品を送り出してくれた皆々様に感謝です。
    劇場版総集編あっても良いんですよ!

    とても良い

    この展開でここまで来てしまったらもう何も言うことはないよなぁ。
    最高のアニメーションをありがとう……

    とても良い

    嬉しくても死ぬんかい

    とても良い

    集大成としてふさわしい最終回で最高でした

    とても良い

    10点
    謎のカウント五日前からスタート
    卒業記念として桜を植えることになる
    周囲の様子から、それが秋であることが分かる
    どうやら全国大会の直前らしい
    北宇治カルテットに混じって写真に写ることをしない真由

    三日前
    響け!ユーフォニアムの曲に興味を示す真由と奏
    あすか先輩との約束を思い出し、
    曲を奏たち後輩に引き継ぐ

    二日前
    麗奈と一緒に吹く久美子
    ユーフォの色が銀色だった

    一日前
    合宿を彷彿をさせる食事
    ここでもカレーを食べている
    気合を入れる部員たち

    その日
    中世古先輩、小笠原先輩が演奏を聴きに来る
    久美子の「先輩方が積み上げてきたものがあったからです」という言葉に心を打たれた
    1年生から真由、久美子、奏、百花(ユーフォパート)が映っている写真を手渡される
    以前真由の演奏が良いと言った子たちであることも感慨深い
    スキンシップトレーニングは謎だが、ここまでのやり取りは良かった
    ここでキービジュアルにも書かれていた「私、北宇治が好き」という台詞がよい

    そして演奏へ
    遅れてくる優子先輩と夏紀先輩
    一年の詩の中でアイキャッチのフレーズが使われているのは驚いた
    演奏中によみがえる久美子の三年間の思い出
    春夏秋冬が意識しているのも、無音なのも素晴らしかったし、効果的に入れられていた
    単純に回想シーンに頼るようなアニメはこの演出を見習うべき
    3期EDで表現されていた春夏秋冬とも重なるのがとても良い
    ソリの部分は劇場版などでいいから麗奈と久美子のバージョンも視聴してみたい

    いよいよ結果発表
    ついにつかみ取った勝利
    かつて先輩たちとなしえなかった現実が、ここに
    滝先生の「やりましたよ、千尋さん」と奥さんに報告する姿に心を打たれた

    塗り替えられた全国大会出場の記念写真の演出も素晴らしかった
    エンディング後に舞い散る桜
    おそらく冒頭で植えた桜なのだろう
    ここで「ディスコ・キッド」が流れているのも、一話から続く物語なのだと思わせる演出でぐっときた
    教師として北宇治に勤務する久美子
    この展開は予想できた
    滝先生の台詞、動きを踏襲しているのもエモかった
    黒沢さんの、高校生の久美子と教師としての久美子の演じ分けも素晴らしかった

    久美子たちにとっての3年間、視聴者にとっては9年間の集大成だったと思う

    とても良い

    一、二年生編では届かなかった高み、久美子部長の下でとうとう追い続けていたその栄光の頂に達する。そしてあすか先輩から久美子へと受け継がれたその音楽はまた次の世代へ引き継がれる。サブタイの「つながるメロディ」というのはこれらの事なんだろうなぁと思う。久美子は今までその頂に達せなかった先輩たちとメロディで繋がっているし、これから部の未来を託す後輩たちにも先輩から貰った音楽で繋がっていく。過去と未来、両方メロディで繋がっていると。最終回に相応しき良いサブタイだなぁと思う。
    全国大会から数年後の久美子はどうやら教師になっている様子、それも母校である北宇治にて。久美子が奏(後輩たち)に受け継いだ音楽は、久美子が教師になった今も受け継がれていて、再び繋ぎ合わせるのかな?そう思わせるような素晴らしい物語の幕引きでした。

    123
    Loading...