ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020年版)

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020年版)

  • 視聴者数:744
  • 評価数:1254
三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (c)SQUARE ENIX CO., LTD.
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 30
  • 感想数 : 4

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    何度でも蘇るヒュンケルの心配はしてなかったw
    いつも上から偉そうにしてトカゲの尻尾切りみたいなことしてたミストバーンをそろそろぶちのめさないとなぁ。
    クロコダイン本当好きw

    とても良い

    ヒュンケルあの状態から復活して光の闘気で制圧しちゃうのカッコ良すぎる。やっぱ好きなキャラだなー。
    ミストバーンに対峙してダイが飛び出してくるシーンとかアバンの使徒集結するのとかほんとに胸熱だね。面白くなってきたんじゃないかぁ!?

    良い

    ジャンプコミックス25巻収録分。
    それにしても、なんという魅惑的なサブタイなのか。「ヒュンケル自身がいかにも好きそうw」などと笑ってはいけない。

    魔剣戦士時代のヒュンケルの強さの秘密について、かつてミストバーンは語った。曰く、
    「相反するふたつのエネルギー。即ち、正義の闘気と暗黒の闘気の双方を体内に併せ持つことの出来る、究極の戦士が生まれたのだ」(40話)
    ヒュンケルはこれをただの挑発ではなく、冷静に事実として受け止めた上で、逆手にとってミストバーンの裏をかいた。40話の感想にも書いたけど、やり手に見えるミストバーンを、20話余りかけて出し抜いたこのシーンは本当に痛快。
    とはいえミストバーンは、たとえ今のヒュンケルにとっても「花を摘むように」討てる敵では全くないのだが。

    今にも処刑されそうだったクロコダインは、この時にやっと、ヒュンケルに何か考えがあるらしいと気付いた。
    この状況でかけた言葉は「ヒュンケルがんばれ」。難しいことはわからないが、とにかくがんばれ。この言葉選びには、クロコダインにいつも以上に侠気を感じた。
    ヒュンケルの復活に涙ぐんでいた獣王を原作と比較し、涙がより鮮明に描かれた作画に好感。また細かいところだと、マァムがクロコダインの枷を正拳で破壊するシーンが描き加えられていたのがよかった。

    アバンの使徒たちが全員集結。血わき肉躍る、形勢逆転の回。
    あとはポップのしるし件さえ解決すれば、なんの心配もないところ。

    1人だけあばんのしるしが光らないポップ。
    さて、本番で光を見せられるか。

    1
    Loading...