ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020年版)

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020年版)

  • 視聴者数:784
  • 評価数:1432
三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (c)SQUARE ENIX CO., LTD.
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 40
  • 感想数 : 6

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    ロンベルクとノヴァが覚悟を表して、師弟関係に。
    ザボエラは確実に息の根を止めておかないと、これまでのように必ず禍根になるだろうなぁ。

    良い

    最後、ザボエラを即殺さないのはクロコダインだなあ、ザボエラが改心するとは思えない。

    良い

    ジャンプコミックス29巻収録分。

    「真の勇者とは自らよりむしろ、みんなに勇気を湧き起させてくれる者なんだ」と説くシーン、サブタイ通りのノヴァ最大の見せ場。
    「北の勇者」を名乗ったことをノヴァは見栄と言ったが、勇者の肩書きにこだわったことは悪いことばかりでもない。ダイとは反対に強く勇者であろうとしたことにより、言語化できるほどに成熟した勇者観を持っている。
    ノヴァの言葉は、作品「ダイの大冒険」そのものの勇者像と言ってもよさそう。前回の感想で「強者とは異なる複数の強さを併せ持つ者」と言ったけど、ノヴァが言う皆に勇気を湧き起させる強さも、その様な強さのひとつなのだろう。ダイがバーン戦で、皆に勇気を与えたシーンを思い出す。

    ノヴァが見せた「生命の剣」は闘気で出来ており、ハドラーがダイに使ったのと同じ技と思われる。ノヴァが「勇者論」を語った流れで出した技だからこそ、超魔ゾンビにこの技を試すことが出来なかったのは少し残念。
    超魔ゾンビの代わりに血を流したのはロン・ベルクで、刃の両端に赤い血と緑の血が付着したシーンは印象的だった。この回は原作ではカラーではなかったこともあり、アニメならではの好演出と思う。

    ザボエラがノリノリで大暴れするシーンが見られてうれしい。自分は結構なザボエラびいきで、例えば、恩人であるはずのザボエラを牢に入れたハドラーに理不尽を感じたりもしていた。
    この回はノヴァやロン・ベルクの見せ場であると同時に、ザボエラの見せ場でもある。星皇剣に切り刻まれて絶叫・悲鳴を上げるシーンも含め、このどうしようもない悪党にふさわしい大立ち回りだ。

    良い

    表でダイたちが闘おうとしてる中で裏ではもう1人の勇者たちが勇気を振り絞って闘ってるという展開はアツいよね。

    本当メインパーティー意外のキャラにもスポット当てるダイ大好きだわ
    つか原作連載中も思ったんだけどロン・ベルクが完成型の星皇剣持ってたら少なくとも強さランク3位~5位には入るよなと。

    ノヴァもかっこ良かったが、更に上をいくロンベルク。

    1
    Loading...