バブル

バブル

  • 視聴者数:493
  • 評価数:-
2022「バブル」制作委員会 In association with NETFLIX
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

あなたに会えたから私は私になれた。
人間には誰しもそのようなところがあると思います。私だけでは私になれない、いろんなものを見て、いろんな人に会って、知らなかった自分自身になります。多くの好きな作品に出会って今の私になったと思う私にとって、とても響きのある作品でした。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

とても良かった。老若男女におすすめ。しかし初日の新ピカなのに席が全然売れてなくてびっくりした。

監督は荒木哲朗(進撃の巨人など),脚本は虚淵玄(魔法少女まどか☆マギカなど),キャラクターデザイン原案は小畑健(DEATH NOTEなど),制作スタジオはWIT STUDIO(SPY×FAMILYなど)と,今のアニメ作品のトップクリエーターたちが結集している。

モチーフになっているのはアンデルセン童話の○○○。これをよく現代風に落とし込んだ。お見事としか言い様がない。虚淵シナリオだから何かひねってくると思っていたが,アンデルセンの○○○をそのまま踏襲していたかな。それもあって,ラストでは思いがけず一条の涙が頬を伝った。時間を作って青空文庫でアンデルセン○○○を読んでみたくなった。ノベライズもされていて,こっちは武田綾乃の手による。これも読んでおきたい。

映画.comのレビューを観ると,Netflix先行試聴組の間では評がすこぶる悪い。そういう人も劇場で観てみるといいよ。たぶん評価が変わる。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

パルクールシーンがよく動いてて面白かった。
泡が飛んでいたり、いろんなものが浮いていたりする幻想的な街の風景すごい好きだった。行ってみたい。

泡が降ることについては解明されてないのはちょっと気になるけど。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
普通
ストーリー
良い
音楽
良い

「王様ランキング」「スパイファミリー」のWIT STUDIOで脚本が「まどか☆マギカ」の虚淵玄、そしてキャラデザが「デスノート」「ヒカルの碁」「バクマン」の小畑健。盤石の布陣である。
感想としてはとても感動した。最後はウルッと来てしまった。人魚姫のオマージュ作品なのだが、パルクールのかっこよさはアニメでしか表現できない美しさだったし、人間関係もすっきりとまとまっていた。
童話「人魚姫」のラスト、泡になった人魚姫は本当に可哀想だったのか。その答えがこの映画で分かった気がする。

全体
良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

フィボナッチ数列から感じるガチめのSFマインド——映画『バブル』の雑な感想と幻聴
https://note.com/alltale2037/n/n5f8e980b69b0

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
普通
音楽
良い

映像美と音が良くてキャラが良かったので劇場で普通に泣いた。けど冷静に振り返ってストーリーに深みはなかった。
メインキャスト陣(非声優)も悪くなかった。

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
良い

ストーリーはすごいシンプルで特に考えなくても良いくらい、だけどラストの破壊力がすごい

人ならざる泡って自然の一部が人を好きになって、人の身を得て主人公と恋に落ちて…、だけどそれは禁断の愛で、最後に二人は離れ離れになってしまう、それもヒロインが人の姿を失って自然に還るという形でって何それ最高…
崩壊の美とかアニミズムとか好きなのでドストライクに泣いた、あぁ虚淵だ……となる

基本は映像と音で殴ってくるタイプなので劇場で見ないと良くないなとは思った

全体
良い
映像
とても良い

丸の内ピカデリーDolby Cinemaで鑑賞
映像めっちゃ綺麗でした
ストーリーはまあ… 嫌いではないです
ポジション・ゼロ!

全体
良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
良い

製作元が同じ甲鉄城のカバネリ作画だった。雰囲気のいいアニメに分類できるけど、ストーリーは微妙かもしれない。
Angel Beast!+天気の子を足した感じ

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
良い

良くも悪くもシナリオが素直だった。映像にとても力が入っていたのと、主人公が変にひねくれすぎていなかった(助けに行くときに素直に皆に助けを求めた)のが何故か意外に映って良かった。

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
良い

製作陣のファンなので期待しています
雀の扉と勝負ですね
ダークな作風が得意なスタッフだと思うのですがどうなるんでしょうか
もし若者ウケを狙い慣れないジャンル作品を制作したなら、変に転ばないか心配でもあります

良かったです
尺的な問題で素直なストーリーにしたのかなと予想

Loading...