Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 243
  • 感想数 : 36

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    ・ヴォルツとタッグを組むことになったフォス。新型の大型月人の襲撃に対抗するが、拠点が襲われダイヤが危機に陥る。ダイヤが決死の一撃を喰らわせるが、2体に別れた月人がヴォルツの前に聳え立つ。

    ・ダイヤとヴォルツの絆が見られたのが良かった

    とても良い

    所蔵BDにて。逃げるダイヤの緊迫感が凄い!映像的には一番の傑作と言えるエピソードでは無かろうか。

    とても良い

    ダイヤさん好きなので死なないでほしい。

    とても良い

    無謀は無能がやる事。面白い

    とても良い

    月人が現れるところから対ダイヤのバトルまで瞬きするのが惜しまれる勢いで前のめり。めっちゃ怖いし、いろいろつらい。

    とても良い

    フォス優秀になったな。アンタークが響いてるなぁ。相変わらず大人気フォス。ボルツとタッグ。ダイヤエロい。流石ボルツ頑丈だ。でかい敵の上で戦うシーンいいなぁ。ボルツ撤退。新種強い。ダイヤピンチ。オレンジの動きほんとすごいな。二体になった…

    とても良い

    戦闘ちょーかっこよかったし,表情とキャラクター間で流れる空気がほんといい

    とても良い

    しろってダイヤモンドってこと?後半でダイヤモンドの顔が欠けてる状態でボルツと会話してたシーンがすごく印象的。ダイヤ自身の美しさとボルツ自身の気高さを感じ取れた気がした。

    フォスがアンタークの影を追ってるというかアンタークそのものに近い存在になろうとしているのがすごく切ない....

    とても良い

    家族には適切な距離感というものがあって、それぞれの性質によっては一緒にいる事が幸せに繋がるとは限らないという感じかと思った。ダイヤちゃん相変わらずかわいい。
    アンタークへの想いに縛られるフォスは見ていて辛いな…毎週思ってるが、続きが早く観たい!

    とても良い

    ああ、ダイヤ! ダイヤ!! ダイヤ!!!
    強くて、優しくて、脆い。ダイヤモンドのすべてを詰め込んだ、胸を締めつけられるすばらしいエピソード。巨大な月人と小柄なダイヤの対比が、CGでないと出せないパースペクティブで描かれているのも良い。

    とても良い

    フォスは完全にかませだったな

    とても良い

    なんだあの気持ち悪い月人…。。逃げ回るダイヤのシーンめっちゃ緊張した…臨場感やばいな。
    ボルツがフォスを新たなパートナーに迎え、なんとなくダイヤが寂しそうにも見えたけど、最後のボルツとのシーンはハラハラした…倒したと思ったのに新たな月人、しかも2体ってヤバい。。

    とても良い

    すごい、こんなに緊張してアニメを見るのは久しぶりだ…!ダイヤモンドかっこよすぎる…!

    とても良い

    おまえのようなかわいい兄ちゃんがいるか

    とても良い

    アニメでは見たことがない戦闘シーンが続いてずっと緊張してた💦 なんだろう、アニメの中のカメラワークが素晴らしいというか、臨場感が凄まじい!ダイヤモンド頑張れ!

    とても良い

    戦闘シーンはずっとハラハラしっぱなしだった。

    とても良い

    アンタークに似せてるのにやっぱ時々本来が出てきて面白い
    ボルツの髪は戦闘以外でも危険物なのか…
    戦闘シーンめっちゃかっこいい
    からの、逃げるシーンでフォスがぶらんぶらんw
    ダイヤ族最高かよ

    とても良い

    えー怖い怖い!迫力がすごい。
    今までの月人と違い過ぎる!
    ダイヤさんはいつも捨て身戦法だな。高硬度ゆえか。
    そして愛憎。離れて深まる。

    とても良い

    TVアニメで放映するのがもったいないレベルの戦闘シーンだった

    とても良い

    変な月人出てきた。
    ダイヤが追われている場面が今までも何人か仲間がやられているので緊張感が高い。
    シーツ?で隠れている場面なんかは初見のホラーゲーをやっているかのよう。
    ボロボロになりながらもなんとか切り抜けたと思ったのに…。
    先生ほんとここぞの所でいない。

    12
    Loading...