Kimetsu no Yaiba Movie: Mugen Ressha-hen
吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

Kimetsu no Yaiba Movie: Mugen Ressha-hen

1793
Watchers
-%
Satisfaction
0
Ratings

Information

Title (kana)
げきじょうばんきめつのやいばむげんれっしゃへん
Title (en)
Kimetsu no Yaiba Movie: Mugen Ressha-hen
Media
Movie
Release Season
Aired
2020-10-16
Official site (ja)
Twitter username
Twitter hashtag
Wikipedia (ja)
MyAnimeList

Share

Synopsis (ja)

果てなく続く
無限の夢の中へ———

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、
《無限列車》に到着する。そこでは、短期間のうちに
四十人以上もの人が行方不明になっているという。
禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の
剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉󠄁獄杏寿郎と合流し、
闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。

Source: https://kimetsu.com/anime/story/

Staffs

吾峠呼世晴
Original Creator
外崎春雄
Director
松島晃
Character Design
松島晃
Chief Animation Director
ufotable
脚本制作
佐藤美幸
サブキャラクターデザイン
梶山庸子
サブキャラクターデザイン
菊池美花
サブキャラクターデザイン
小山将治
プロップデザイン
衛藤功二
コンセプトアート
矢中勝
コンセプトアート
樺澤侑里
コンセプトアート
寺尾優一
撮影監督
西脇一樹
3D監督
大前祐子
色彩設計
神野学
編集
梶浦由記
Music
椎名豪
Music
ufotable
Studio

Comments

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

本当に煉獄さんのための映画だ。これまで鬼殺隊の主要なメンバーが亡くなるようなこともなかったから煉獄さんの背景がしっかり描かれていて対照的に下弦の鬼が亡くなった時はあまり細かくは描かれてないのがより煉獄さんの死を強調させる。また上弦の強さがどれぼどなのかというのが際立った話でもあった。炭治郎たちも常時全集中の呼吸を手に入れたしかに強くなったかと思ったら柱や上弦の鬼たちとあまりにも実力差がありなにもできないことに悔しさが込み上げる。ああ二期楽しみだなあ

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Good
Overall
Great

まあ映像がきれい。背景や呼吸を使う際の演出がきれい。お館さまの墓参りの場面や炭治郎の雪山なんか実写のようで音まで絵から伝わってくるかのようだった。
無限列車のやさしく誘うかのような灯りも良かった。
周りの客は泣くほど感動してて、そこまで感情を揺さぶられはしなかったけど、そこまでハマってなくても見る価値あると思う。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Good
Overall
Good

原作は未履修 アニメをリアタイと再放送、GYAOで視聴

 全体的に映像が綺麗で、映画席ど真ん中で見れたのは幸運でした。内容はありがちの精神攻撃ですが、列車での戦闘は初めてでしたのでとても興味深く、面白い作品でしたね。

 ですが、完全初見では理解できないのは間違い無いので、アニメ視聴推奨という点では入りづらい。これもアニメ映画あるあるなのでそこまで大きな問題ではないと思いますが。

 感動する、タオル必須と聞いていたので覚悟してましたが、やっぱりアニメのみだとキャラクターに感情移入するには短時間すぎるのもあって泣くことは難しかったです。
原作を読んでいると、とても楽しめる作品なんだなってネットの評判を見て思いました。

 原作読める機会があったら読んでみて、また映画を視聴したいですね。きっと、今回より更に楽しめると信じてます。
ゲームの発売もありますしね!感情移入は自由で、また見たら泣いてしまうアニメ映画だと思いました。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Great
Overall
Great

「劇場版鬼滅の刃無限列車編」視聴終了
評価A+(名作)

今年一番、劇場版だからこそ輝けた作品だと感じた。劇場版で一気に駆け抜けたからこそここまでのめり込めたのだと思う。
前半シーンは、列車内での戦闘というのを本当にうまく描いてるな〜ぐらいの感想だったのだが、後半の煉獄さんと猗窩座のシーンは最高すぎるの一言に尽きる。煉獄杏寿郎というキャラはこの映画で初登場、バックボーンなどがこの映画で初めて語られるというキャラにも関わらず、煉獄さんの熱い生き様、母上の想い、そして最期など、映画内でギュッと濃縮され一気に押し寄せてきた。短い尺内でここまで思い入れの深いキャラに仕上げるのは流石だと思いました。そして最後の炭二郎の言葉、決意、柱たちの想い。煉獄さんは全て守りきった、負けてないというセリフが大好きです。三人には今回の経験がどう写りどう今後に関わってくるのか。これは続きを見たくなりますね。

この作品は初めてEDクレジットで泣いた作品であります。炭二郎の「負けてない」というセリフでも涙腺には来てたが、EDクレジットで「炎」を聞いた瞬間に初めて涙が溢れました。びっくりしました。今まで、本編で泣いてクレジットでは余韻に浸るということはありましたが、この経験は初めてです。理由としては一目瞭然、「炎」という曲とこの作品との完璧なマッチ具合ですね。歌詞を聴いてるうちに煉獄さんの生き様、炭二郎の決意、成長というラストのシーンが一気にこみ上げてきて泣かずにはいられませんでした。

あとはなんといっても圧倒的な作画。もうこれには脱帽ですね。力強い線が本当に見応えがある。音響も相まって、映画としてのクオリティは、全映画作品の中でもトップクラスだと断言できます。これ以上進化する余地はもう無いんじゃないか?と思うほどでした。

原作未読勢にも是非見てほしい。もちろん原作の設定を知ってた方が、前の話を見た方が良いというのは当たり前だが、この映画が初めての鬼滅だという人でも十分に楽しめるだろうと思った。いや、だからこそここまで売れたんだろう。おそらく歴代収益ナンバーワンは固いと思うが、それにふさわしい、素晴らしい名作でした。

ラスト3回くらい泣かせに来るのやめて欲しい(大泣き)

流行ってるので、出だしから何かあるのかなと思ってたけど、まさに本編からの続きで(制作陣もここまでの大ヒットは狙ってなかったのかな?)。あと、汽車の造形といい、流石の迫力な作画でした。

そして、始まる鬼との戦闘。夢で家族に謝り続けながら戦いに戻る炭治郎の切なさ悲しさはとても印象的。そして、夢の中で自殺することで術を解くという、明解かつショッキングな対抗策を後々の伏線にしたのはうまいなと。

あと、各々の深層心理も描写されたのが面白い。ひたすらに優しい空間だったり、燃えていたり、暗かったり。夢への対処も各々工夫されていて物語的に良く作り込まれてるのは流石ジャンプだなと。

電車内外でのバトルは作画が凄いのはもちろん、音響が映画館を最大限に活用してる。金属音、衝撃音、爆発音、そしてその方向性。汽車×派手な技と、スタッフさん楽しかっただろうなぁ(笑)

そして後半のバトルシーン。敵を倒した後に上弦の敵。圧倒的な再生能力に徐々に削られる煉獄に敗北を予感させるのが辛い時間。それでも最期まで「守り抜く」という宣言を果たし上げ、柱を全うする姿には少しの感動と切なさ溢れる。

極めつけはラスト。「卑怯」だと罵る炭治郎、泣くなと言いつつ大泣きしてる伊之助。それぞれがそれぞれの語り口で自分の溢れる想いをやるせなくぶつける様は耐え難い描写。ここまで練り上げた構成には脱帽しかない。

衝撃的な今回の経験。各々がどう受け止めて行くのか、続きが待ち遠しいところ。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

映像がすごくきれい!さすがufotableといった感じです。特に列車が走るシーンや戦闘シーンのクオリティは高いです。
ストーリーも原作同様感動しました!
最後に流れるLiSAの『炎』でさらに感動!
全体的にすごく良い映画でした!

劇場にて視聴。原作未読、TVA視聴済。
物語的には、TVAの続き。そして、話はまだ続く…。
煉獄さんの見せ場だけど、話の途中感はあるかな。
続きは見たい(ただ、これだけ周りの期待値があがると、次を作るのは大変だろうな)。

周りの反応で期待値があがりすぎていた。
原作を知っていたためかそこまで感動や驚きはなかった。単行本で追っていたが映画を見て泣かなかったため自分ってそこまで鬼滅すきじゃないのかも、、と思った。けど一瞬映った推しにウキウキしたので推し回を楽しみに生きる。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Good
Character
Great
Overall
Great

もちろん神作だけど、映画としては「話の途中感」が強すぎるな。

Rating
Animation
Great
Music
Great
Story
Great
Character
Great
Overall
Great

作画見に行ったんで、大満足です

Stats

Watchers

Status

Related Works