Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 129
  • 感想数 : 15

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    やっとお出ましか
    フェルディナンドよりも上の階級?
    叔父上?
    領主様!?
    こいつほんま…
    見苦しいですぞ
    弟!?
    はーんなるほど…
    母は違えども
    泣き落とし…
    死罪に値する!やったぜ!!
    デリア…
    ジルヴェスターやるやん!
    なるほど孤児院でディルクと一緒に!
    戸籍ロンダリングwww
    名前が変わる…家族とも会えない…辛ぇやつだわ
    マインが暴走しそうなので…か
    家族を思って溢れた魔力…?
    全属性の神に?
    あー家族への加護的な?
    いや違うな…?マインに関する人達か?
    ローゼマイン…
    あーエンドカードのツイート探してた時にこの名前言ってた人いたなぁ…そう言う事か…
    他人行儀なとこが辛ぇわ…
    the story to be told is over.
    …After that.
    本です!
    今回は終わりかな?続き気になるわぁ…

    とても良い

    ジルベスター領主かよ!領主の養女か。処刑よりはだいぶ優しいが、家族との永遠の別れは悲しい。印刷業に全力が出せるのだな

    とても良い

    [神殿長]は死罪...!
    [デリア]は[主人公]の計らいで孤児院で一生暮らす

    [主人公]は世間的に死ぬため、家族との最後の別れ。以降は貴族と接する態度で合わないとダメ。
    一人一人との別れの言葉と[主人公]の祝福魔法、泣ける

    これで新章に突入するためアニメも一区切りか〜。満足!

    とても良い

    別れの3期完結、涙した
    祝福の時は感動してしまった
    その後、マインが家族へのお辞儀姿
    言葉詰まるシーンでした
    ここから上級貴族となったローゼンマイン
    印刷の産業革命していく辺りを
    続編でみてみたいですね

    とても良い

    ジルヴェスターまじかよーw
    お前「おもしれー女」とか言いそうなのに領主なのかよー。
    しかも腹違いとはいえ神官長の兄、神殿長は叔父とは。

    神殿長は死罪、あの貴族もだろうなぁ。
    今回のことだけでなく、マインが家族と離れるきっかけになったし、死罪でも軽いな。
    デリア許されて良かった。ディルクも大丈夫そう。

    家族との別れ辛いなぁ。
    マインは死んだこととし、家族として合うことは許さず、対応は貴族を相手にするように。
    ひっそりあうときくらいええやんかーって思うけど、あんまなぁなぁにしてもいけないかとも思う。

    こっから新章って感じですかね。

    とても良い

    えの3段活用。いや活用してないな全部えだしな
    マインが、のんべんだらりとした顔してるな。
    トゥーリはいいおねぇちゃんだったなぁ。
    ひどいケガっていってたけど、ギュンターのケガちょびっとだよなぁ
    おぉタイミングよく起きた。
    トゥーリの切り替えがすごい。いやこういう世界だから、できるように教え込まれているのかな。
    平民時代の終焉、そして始まる貴族世界

    とても良い

    神殿長小物過ぎ
    家族との別れ…泣いた
    かけ足展開は残念だし、思う事もあるけど…ここから更に面白くなる作品だから続いてくれるといいな

    とても良い

    泣ける

    とても良い

    仕方がないこととは言え、もう家族を家族として呼べないのがつらいし、寂しい………
    エンドカードの仲良さそうな家族が涙腺に来るんよ

    良い

    36話でローゼマインになる重要な話にたどり着く丁度いい流れのアニメでした

    良い

    フェルディナンドが王族であることは見当がついていた。
    似たような設定は先例が多いから、構成が難しかったことは解る。
    ジルヴェスターは好印象が無かったから
    正体が判明しても、感動はいっさい無かった。

    神殿長への裁定は妥当だな。
    動機を勘案すると、デリアを不問にできないのは当然。
    デリアを守ったマインの優しさだけが光る。

    このアニメでちゃんと泣くとは思わなかった。家族や皆を守るためにはこうするしかなかったのだろうが、やはり家族と家族として接することができなくなるのは寂しい。
    しかし、神殿長は死刑になり、デリアも救われ、領主公認で印刷業を発展させることが出来そうなので、おおむねハッピーエンドっぽい。

    今の家族とのつながりが固いのはわかるけど、それをいうなら前世の家族はどうなのじゃろうか。
    当初は前世との関係性が切れているのに前世知識チートしてきたのがうざかったので、3期になってようやく異世界転生設定が薄れてようやく普通の異世界ファンタジーとして見られるようになった。
    そもそも異世界転生設定が必要ないどころか邪魔だったとおもうのだけど、今の若い読者層にとっては異世界転生や召喚という設定が物語の世界にログインするために必要な儀式なのかもしれない。

    ジルヴェスタ様が領主で、神官長は腹違いの兄で、神殿長は叔父ですと!?
    お守りは、養女である証か。確かに領主の身内は最大限のお守りだな。

    マインは死んだことにして、養女になると。 身分ロンダリングww
    本来なら、余計なものは残したくないが、それをしたら街が消滅するだろうな…
    で、家族として会うことは禁止、顔を合わせても見ず知らずの平民と貴族として接する が落としどころか。

    タイトルの「司書になる」道のりはまだまだかな…
    商会は存続、印刷・本づくりはこれからか。
    でも、3期は次週最終回か

    まさかジルヴェスターが領主で、お守りは養女の証だったのか。家族との別れを乗り越えてどのように本作りを発展させていくのか、続きが気になるラストだなぁ。

    1
    Loading...