Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

あらすじ

800年の時を超える祈りの物語

《祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす》

平安末期。平家一門は、権力・武力・財力あらゆる面で
栄華を極めようとしていた。
亡者が見える目を持つ男・平重盛は
未来が見える目を持つ琵琶法師の少女・びわに出会い、
「お前たちはじき滅びる」と予言される。
貴族社会から武家社会へ──
日本が歴史的転換を果たす、激動の15年が幕を開ける。

引用元: https://heike-anime.asmik-ace.co.jp

エピソード

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

素晴らしい。主題歌も良い。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

歴史は苦手ですが本当に面白かった。歴史初心者さんにもおすすめです。他の平家物語作品にも興味が出た。言葉にして感想を言うには人名が覚えづらい部分はあるが視聴には殆ど問題はなく、私自身は他人と語り合うためにHPで何度も相関図を確認するのすら作品に浸れて楽しかった。映像美も素晴らしく引き込まれるばかりだった。少し意外な曲調のEDがまた良い余韻を作りだしていた。またこんな体験をしたい。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

とても良かったです。ただ話が早足で、もう少しじっくりやって欲しかった・・・もう1クール・・・
平家物語に興味がわきました。
あと悠木さん、やっぱ最高です。でも他の豪華メンバーも素晴らしかった!

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

ビワだけが異質で、平家の見届け人というか、人間ではないようなキャラだった。ビワの謎は謎のままだった。

負けると分かっていても、こう平家側から見てると助かってほしいと思ってしまうもので、当たり前なんだけど、教科書数行の出来事にもそれぞれの人生があったんだなって考えさせられる話だった。

ただ、名前が似過ぎで誰のことか分かってなかったり、血縁関係が複雑で、諦めて聞き流してたりしたので、相関図手元に用意しとけば良かったかな。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

作品の雰囲気が凄い良い、雰囲気作りに成功しすぎている
内容は平家の絶頂から始まり、清盛の死を境に半々くらいの配分
後半の没落の様子は結構飛ばし気味だけれど、それがまた滅びていく平家の様子を際立たせているように思う
平家の人間たちが、彼らの個性とともに生き生きと描かれていて、それがまだ後半を引き立ててる、諸行無常・・・

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

自分の大好きな山田尚子監督作品ということで非常に期待していた作品。

歴史はほんと無知なので、調べつつ見たりしていたので、このアニメを見たことで平家物語自体に興味も湧いた。
栄華を誇る平家が話の構成もあるだろうけど、一気に転落していく様は見ていて悲しくもある。

各人物はそれぞれに個性、愛嬌があって、それぞれの人生を歩んでいたんだなぁと、自分は文献だけではきっと感じられなかったであろう物語を汲むことができた。

11話というのはちょうどいいのかもしれないけれど、もう少し長めに深掘りしてみてもほしかったなと思うくらいに楽しかった。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

平家物語(平家サイド)

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

山田尚子最高!

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

これは本当に良いアニメ。
歴史好きならマジでおすすめ。
平家の勉強してまた観たい。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

吉田、山田ラインの作品、今回はSARUでの作品。期待してみたけど、それをはるかに超えてきた感。
吉田さんの構成力さすが。悠木さんの演技も詠が凄くて言葉もない。

全体
とても良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
良い

古典アニメ化シリーズの走りとなりそうな本作。前評判通り全体としてのクオリティが非常に高く、脚本やアニメーションへの落とし込み方・理解のしやすさが素晴らしく良かった。特にアフレコ面も素晴らしく、作品の特性上キャラクターの見た目ではなかなか記憶が一致しづらいところを、アフレコでカバー。平家が没落していくまでのやるせなさが痛いほど伝わってきたね。

Loading...