ラブライブ!スーパースター!!

ラブライブ!スーパースター!!

  • 視聴者数:847
  • 評価数:231
プロジェクトラブライブ!スーパースター!! 2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!
  • 記録数 : 141
  • 感想数 : 17

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    観る前はふつうの神津島観光回かと油断していたが、濃い24分だった。

    嵐千砂都さんが秘めている想いを想像して胸が詰まる。

    練習場所を借りるのもためらわれる普通科と音楽科の距離感。
    ランニングもちーちゃんだけ待たせておくかのん。

    「自分たちで作り上げた(自分たちのための)ダンスじゃない」「あなたもスクールアイドルだったら脅威だったのに……」とサニパに指摘されて思い詰めるちーちゃん(クーカーのライブを少し観ただけで看破するサニパもすごい)。
    それを受け、かのんたちに自立を促すため、神津島に行かないちーちゃん。

    ちーちゃんがダンスを始めたのは、(歌が上手くて大好きな)かのんちゃんが持っていないものを補い、夢中になれる大好きなものを手に入れるため。そんな幼いころの約束を原動力に、音楽科受かって学校からの大会参加の推薦を打診されるまでに上達したちーちゃん。

    一方のかのんちゃんは、一時は人前で歌えなくなり、音楽科にも落ち(このことを知ったときのちーちゃんの気持ちを想像するとつらすぎる)、歌をあきらめかけていた。それを取り戻させるきっかけがクゥクゥであり、幼いころちーちゃんと約束を交わした場所でのライブだった……。3話でクーカーのライブを見つめるちーちゃんの表情が今になって意味深に思えてくる。

    歌詞を書こうにもちーちゃんのことがよくわからないとこぼすかのんちゃん。
    何らかの決意を固めてダンスの練習に打ち込むちーちゃん。カバンに隠された退学届(その下にもう1枚書類があるようにも見える)。ダンスの大会で成績を残せれば、スクールアイドルになってもよい、残せなければ……?といったハードルを自らに課しているようにも思える。
    どうかお互いの思いの丈を伝えあって、心を抑えつけないで、未来への一歩を踏み出してほしいと願うばかりです。

    良い

    可可かわいいって毎回言ってる
    ・逸材?…まぁ逸材か
    ・日本語でおk
    ・個性が無い
    ・どんどんドーナツドーンといこう!
    ・そうはならんやろ
    ・廃校ではなく退学は新しい

    良い

    じわじわと花田節が効いてきた

    普通科と音楽科というのもあるけど、ちーちゃんとの距離感をやっぱり感じてしまうなぁ。
    サニパに言われたことも、ちーちゃんを動かすきっかけになったんだろうか。

    それにしても、転科どころじゃないとは・・・
    もう心に決めていることなのか、今度の大会の結果によって、という覚悟の表れなのか。

    良い

    島ライブ楽しそうだなぁ。やはりちーちゃんが鍵だ

    良い

    ちゅーではなくふーでしたね

    転科かと思ったらまさかの退学届・・?

    良い

    序盤からかのんや可可に協力的だけど、音楽科としての立場を優先していた千砂都。いわば壁を作っているとも感じられる状態だったのだけど、そこには幼い頃の約束も関わっていたようで、これは簡単にはメンバー入りしてくれなさそうだと感じてしまう

    元々普通科と音楽科という壁が存在する学園が舞台の作品だったけど、今回は更に壁を感じさせる描写が見られたね
    炎天下はかのん達の練習を阻む壁となるし、可可とすみれの間には反発する壁が見える。音楽科レッスン室の使用にも科としての壁を意識せざるを得ない
    また、アイドルではない千砂都は一緒にランニング出来ない

    でも、壁があれば分離された異なる世界かと言えばそんな事はないんだよね
    南の島からやってきたサニパは別世界のスターに思える。また、すみれは旅行をバカンス扱いし皆で避暑を満喫するけど、神津島は本物の南国じゃなく同じ東京都
    壁が有っても分離を意味しない場合もある

    なら、大枠としてはアイドル活動に含まれるダンスを学ぶ千砂都もアイドルになれるかと思いきや、そうはならないようで
    かのんと千砂都は目標を分け合った存在。だから壁で分離されたのではなく、分担したと言える。かのんがアイドル活動を頑張るなら、同じくらい千砂都もダンスを頑張るという話になるのだろうね

    だからダンスに専念する為にあの退学届けが登場してしまうのだろうけど……
    かのん達のダンスが千砂都に頼り切りになっているという点、歌詞の為に千砂都との関係性に悩むかのん
    どうやら、かのんと千砂都にとって目標の分担とその為の行動を見直す機会になりそうだ

    良い

    海にはなかなか行けないこのご時世に水着回はありがたい。温泉回も同時に満たすのは優秀。
    左に壁がないと寝られない可可ちゃん。
    ちさとはガチでダンスに打ち込みたいみたいだけど、どうなるか。

    良い

    可可ちゃんと指相撲したい。

    良い

    少し揺らいでいたようだけど、千砂都はやはりダンスに本気なんだな。
    かのんもそれを知っているこそ、簡単には誘えない。いい子だなあ。

    しかし、最後に千砂都のバッグから見えたもの。
    そこまで本気になった彼女を、どうやって誘うのか。どう心変わりするのか。気になる。

    良い

    退学届け...!?!?

    普通

    ちさとはかのん達と一緒に居ること自体を諦めようとしてしまっている。
    かのんとちさとは親友だけど、その一言では表せないようなかんじがあって、人間関係って難しいなあ。

    青山アナ今回はギャラ無し

    少女たちのもがき
    千砂都で割ったのはタメみたいなヤツかも
    てか、髪型がお団子で、こっちの方が中華風

    ラブライブ!スーパースター!! 第5話。ダンス担当ちゃん加入への前振りなんだろうけど、ほんと、どんな流れで加入することになるのだろう。そして今回はついに出番なしだった会長も。

    サニーパッションに誘われてライブ披露…の前のバカンス回と。千沙都の立ち位置がふわふわしている点について、何か展開があるのか気になるところ。

    屋上-真夏は練習ムリーという現代性。
    かき氷、クー。
    豪華な船。詩のためのポーズ。
    飛び込み。戻ってくる帽子。
    カベー

    最後に千砂都のカバンから見えたもの… あぁ…
    ダンスに本気で向き合ってるのから、それ以上のものから引き込まないといけないのか

    1
    Loading...