Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 175
  • 感想数 : 20

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    ペンギンあんなに機微が見て取れるとかわいいだろうな。見に行きたくなった。
    しらたまの背中をそっと押すことで、いろんな人の決断を後押しする優しい空間だったな。

    とても良い

    ふうかさんかっこいい。大人

    とても良い

    お守りだった赤いハイヒールを託して、これからは自分のために頑張ればいいと言うのが良かった。
    ペンギンのしらたまがプールに入るのを怖がって逡巡する描写がすごく丁寧で、空気感が伝わってきた。
    空回りしがちな後輩のこともペンギンのことも背中を押せる風花、偉いなあ。

    とても良い

    2クール目の風花の精神年齢の高さが際立つ……。
    風花から、私のぶんまで頑張って、と言われたら、意識しないつもりでも気負ってしまうよなあ。
    そんな後輩の様子に感づく風花。これからは自分のために頑張って、と。アイドル卒業。

    とても良い

    ルカちゃんとしらたまの背中を押して、自身も吹っ切れた感じがした

    とても良い

    神回

    とても良い

    城居ルカちゃんが風花の引退を必要以上に背追い込んじゃってるのを察した風花が、テレビに出たくないって思いを捨てて出演してルカちゃんの背中を押すところが最高に魅力的な回でした。
    くくるの館長代理を支えたり、ルカちゃんのモヤモヤを晴らすために励ましたり、ペンギンのプールデビューを見届けたり…「周りの頑張りを応援したい」っていう風花の望みが一貫しててかっこいいし素敵だ…

    良い

    風花、良い先輩過ぎる

    良い

    話し ⭐⭐⭐
    映像 ⭐⭐⭐⭐
    音楽 ⭐⭐⭐
    人物 ⭐⭐⭐
    全体 ⭐⭐⭐
    16点÷2=8点

    良い

    風花大人だなぁ。
    しらたまちゃんとルカちゃんの背中を押す。

    良い

    風花がアイドルやめた原因は、思ったより苦労してるな。風花の東京より星が良く見えるがよく表してる。結局ペンギン落としちゃうのかい

    良い

    ペンギンとるかちゃんを重ねるような描き方がとても良かった
    風花のそっと背中を押してくれる優しさと寄り添い方とっても好き

    特に印象的だったのが、TV出演を懇願された風花の「ここは東京じゃ見られない星がたくさん見られるの」って台詞
    今の風花にとっては水族館がその星の一つで、アイドルとは違う新しい道を歩んでることを感じた

    良い

    風花はやっぱり魅力的なキャラだなと思わせてくれる回。自分が引退したことで慕ってくれていたルカちゃんに必要以上に肩肘張らせてしまっていないかと思いつつ、あくまで前向きに出演してあげることで応援するという構図は清々しかったね。

    良い

    俺も風花ちゃんに背中押されたい

    良い話だった。最後風花、背中押してたよね。それも必要か。

    アイドルの仕事になかなか慣れないルカと、プールに入れないしらたまを対照的に描いた上で、背中を押すという意味でどちらも送り届ける風花の母性みが素敵。「ここは東京じゃ見られない星がたくさん見られるの」っていう、アイドルをやめてしまい、風花に負い目を感じているルカに対し、撮影を一緒に受けつつ、ここでの自分の生き様を印象付けること自体が彼女なりのルカに対する「背中を押す」という行為だったのかなぁ。そしてアイドル時代の糧であった赤いハイヒールを渡すというダメ押しと。風花ちゃんのママみ溢れる素晴らしい回でした。

    そして、そういえばうみやんって、アイドルファンっていう設定だったなぁとか思い出しつつ笑、ルカ役菊池さんの絶妙な演技が素敵。

    弱々しげなルカの存在が、風化が芸能界に対して感じていた枷を断ち切らせ、元アイドルの人から卒業して完全に誰かを支える人(飼育員)になるのが印象的。ハイヒールを渡し「あなたはもう私のために頑張る必要はない」という風花の清々しさには胸がすくわれるようでした。

    風花の優しくそれでいて揺るぎの無い静かな決意を感じさせる言葉には本当の強さとは何なのかを教えられているよう。一見おとなしく地味な性格にみえる彼女ですが、他者を思いやれる優しさとしなやかな強さは本当に素敵で憧れすら感じます。

    話の頃の頼りなさやあたふたした姿を思うと風花は間違いなくこの物語で一番成長した人だろうと思うのですが、一方ですっかり達観した人になってしまったのが少し寂しくもあり。もうちょっと主役として四苦八苦しつつ成長していく姿を見ていたかったなと思ったりもします。

    滑るシロイルカ

    空回りだが行動するルカとプールに入れない(行動しない)ペンギン(ファーストペンギンの対比?)の関連度合いが弱いかと
    ハイヒールがアイドルの象徴というより、落ち込んだ自分を奮い立たせる糧の象徴なのでしょうが、風花は映画を蹴って飼育員になっているので、今さらだし
    風花とルカを並べると、どうしてもルカにアイドルとしての華がないと感じてしまうのでした。要は、ルカに明るい未来が……ね

    テレビ取材。アイドル時代の後輩。
    先輩、思うところあり出演。
    空回る後輩。飛び込めないペンギン。
    信じて背中を押すこと。

    1
    Loading...