Sonny Boy

Sonny Boy

  • 視聴者数:715
  • 評価数:281
Sonny Boy committee

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    珍妙な言動が多く、興味深いエピソードだった

    とても良い

    さらっと重要パート。にゃまぞんの本質は元の世界のコピーを作り持ってくるそれは人間にも…つまりクラスのみんなもコピーされてこの世界へ?

    良い

    猫たちしゃべるんだ…てか能力持ってたのそっち?
    居なくなってもなお、上がり続けるラジタニの評価
    長良が世界作って、猫たちがコピーした?ってことなのかな

    良い

    猫普通にしゃべるじゃん。リセット能力者が分裂して面倒になってる。現実に本体がいるのは猫のせいなのか…実は生き物もコピーできる。気づいてたラジダニさすがだな。

    良い

    おおおおおお????これまた難解な回

    人は一人で生きてるつもりでも実は誰かの助けなしじゃ生きていけない的な感じなのかなぁ

    希のニャマゾンは実はコピーで、漂流してる彼らはその結果?だけど、それだけが原因じゃなくて

    ラジダニのダニの恋愛シミュレーションゲーム意味不明すぎて好き

    良い

    ラジタニやっぱ相当賢かったんだなぁ

    良い

    ニャマゾンの能力の真意はコピー。
    ラジタニは早くから真相に気付いてたんだな。さすがインド人。あのゲームはめちゃくちゃ気になるな。
    漂流の全体像が掴めてきそうでなかなか前進している実感は掴めない不思議な状況。

    普通

    何か前回とまた随分時が経っているような気がした

    今回は解釈が難しいお話でしたけど、様々な登場人物のあり様を描きながら子供と大人の違いについて示唆しているように感じました。

    猫のさくらが言うようになにも出来ないのが子供だとしたら大人はその反対なのだろうか。朝風は優れた超能力を持っていて様々な事を実現でき、多くの人を助ける事が出来ます。しかし彼は誰かに持ち上げてもらう事で自分を支えようとしており、周りに甘えています。他に依存するという点で更に進んでしまったのがソウで、彼は自分自身との闘いの中で神様に縋って身を任せてしまった結果、完全に自分を見失ってしまいました。

    一方で、希は自分の能力では直接何かを達成したり他者を助けることが出来ない非力さに悩んでいます。しかし長良の言葉にあるように、常に自分の道を切り開こうという意志と希望を失わなかった彼女の姿勢は、長良を勇気付け彼の心を支えていたんですね。

    大人になるというのは何もあらゆる事を一人で出来る事じゃない、自分のあり方は自らで切り開くという意思が実はキーになるのでは。その意思を忘れないならば、足りない部分があっても、決して一方的な依存ではなく他の人と心身を支え合う互恵関係を築けるのでは、そんな事を感じました。

    毛無しの裸動物。
    何らかの団体。
    リバース・リバース。
    コピー猫

    1
    Loading...