かげきしょうじょ!!

かげきしょうじょ!!

  • 視聴者数:831
  • 評価数:393
斉木久美子・白泉社/「かげきしょうじょ!!」製作委員会
  • 記録数 : 138
  • 感想数 : 16

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    感情って、やっぱり経験から生まれてくるんですね。

    とても良い

    紅華の運動会は普通の運動会ではなくこれも一種の舞台
    そこに立つ者を見る為に観客が集まるわけだから、紅華乙女達は自分がどう見られるかを意識しなければならない
    演技に個性が無いと言われたさらさにとって一種の試練となる回だったね

    まだ自分の演技を手に入れていないさらさにとっていきなりの舞台は厳しいもの。緊張に負けそうになるし、小さなミスの後は萎縮してリコーダーを吹けなくなる
    そして本科と予科、成績による序列はさらさに、分不相応な舞台に立つ事になるとの思いを更に抱かせるものになる。素の自分のままぶつかれば壊れてしまいそうな恐ろしさ

    ただし、演技が必要と言ってもさらさの立場はちょっと特殊なんだよね
    聖の「無になりなさい!」は嫌みだけど、真理を突いている。運動会を見に来る人達はトップスター達や専科を見たいのであって、予科生のさらさなんて知られてもいない
    だからさらさに求められる役割は自身は目立たず、他を目立たせること

    リサと星の激励はさらさに何をすべきか、そしてトップの人達が舞台以外の場所でもどう振る舞っているかを教え示しているね
    そして赤薔薇は誰も見てくれる人なんて居ないと落ち込んでいたさらさに観客の存在を教えてくれる
    ……その果てに得た解決策がEカップの自分というのはちょっと凄い発想だったけど(笑)

    ただ、Eカップの理想像はさらさを舞台に立たせる大枠でしかないんだよね。Eカップになったからってさらさの役割が変わるわけではない。自分に求められるものを考えなければならない
    咄嗟の判断で、あの場面で観客が見たい役割を星に与えたさらさは素晴らしいね

    あの土壇場で自分の役割だけでなく、他者の役割まで推し量ったさらさは大きな成長を見せたんじゃなかろうか
    予科生の中から特別にバトンを受け取る役割を与えられたさらさ。彼女はきちんと先輩達の教えを受け取ったのではないかと思えてしまう

    あと、愛は助言に失敗したと思っていたのに、意外とさらさの役に立っていたようで良かったね(笑)

    とても良い

    今回は、さらさに掛けられる言葉たちが印象的な回だった。
    突然リレーメンバーに抜擢されたさらさに対する風当たりの強さ。特に本科の聖がこわかった……。
    役ではない素の自分を客に見せるのが不安、という点に対し、自分という役を演じよ、という里見様のアドバイスはなるほどと思った。
    また、リサ先輩がさらさに対し、選ばれた者として覚悟を決めろと説くシーンもよかった。何事もそうだなあと思います。
    リレーでは、愛のアドバイスを思い出して窮地を切り抜けるのもよかった。そして里見様がかっこいい。

    しかし…… 舞台で観たオスカルが大好き!とその張本人の前で言ったのが抜擢の後押しになったとすれば、
    さらさは相当持っていると思った。チャンスはどこに転がっているかわからない。

    (さらさの不安に関連して、虹ヶ咲1期ep.08 を思い出す。スクールアイドルの場合、アイドルという役割を演じる自分だけでなく、素の自分もさらけだして、そのmixtureとしての、ひとりの桜坂しずくを見せるという着地点に至った。一方、格式高い歌劇団のスターは、舞台でなくとも、客の前では常に、スターという役割を演じる自分を見せなければならない。)

    良い

    この一方的なサンドバッグじゃなく、さらさと聖の直接対決を早く見たいです。

    良い

    さらさの設定が、巨乳だったとは…

    良い

    花澤さんのいじり、そこまで陰湿じゃなくて助かる。理想の自分を演じる。顧客が求めていたもの。

    良い

    ダンシング玉入れ、映像で見たい。

    良い

    虚乳。

    良い

    さらさのEカップが!!!!

    良い

    止まってる。
    スポーツじゃなくてお祭りだからね。
    助演女優賞。まあ、アレ以外だと批判が強いだろうけど。

    すっごいなー
    さらさすごい成長した気がする・・・

    静止画多かった
    いつの間にか、つっぱり棒の壁がなくなっていた
    バトンの受け渡しが失格じゃね?ローカルルールなのか

    さらさは、主人公のくせにブレるよね

    助っ人に選ばれたことで自分自身を演じるという壁をぶち破ったさらさ。巨乳設定でどうなるのかと思ったけれど、真似だけではないお客さんが求めていることを意識して選択する姿にはこの先を期待できる頼もしさがあるなぁ。倒れ込みながらジト目で合図を送る姿が可愛すぎでした笑

    無,自己フィルター。
    素ではなく常に演じる。
    何をみせるのか。

    どこが聖や!邪やないか!

    1
    Loading...