ブルーピリオド

ブルーピリオド

  • 視聴者数:989
  • 評価数:257
山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 73
  • 感想数 : 14

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    心に刺さる数々の台詞が印象的だった。
    エンディングのイラストもなんともいえないエモさを感じる。

    とても良い

    自分のことも相手のことも気付かなかったこと、決め付けていたことを互いにさらけ出し、ありままの自分を知る。龍二とのそんなやり取りで感じた気恥ずかしさの照れ隠しが「海の青さに染まったからだ」とか詩人になったねえ、八虎も。

    小田原まで来て龍二と二人でセルフヌードを描くという滑稽さと興味津々な状況も交えつつ、それぞれが前をしっかり向き直す、気持ちの上がるエピソードにまとめていたのはさすが。予備校に戻って大葉先生との会話で補うとこまで完璧だった。

    とても良い

    自宅ではなく、画材も満足になく、海の音しか聞こえない、広い部屋でもない
    そんな場所では話すしか出来ないし、お互いの見えていなかった諸々が見えてしまう
    飛び込むつもりでやってきた海。けれど、飛び込んだ先は相手の懐になってしまったようで

    蕁麻疹や部屋が空になった話。それらは今抱えた苦しみであるのは本当だけど、あの部屋では意味を成さない。二人が明かしたくなるのは別の件
    自殺の件で引き合いに出したように龍二はまだ裸になれない。八虎もまた優等生の服を纏ったまま
    そんな二人が裸になるなんて普通はない。でも、美術部として自分の裸を描くなら有り得る話

    互いの裸は見えぬまま語る二人。龍二は小さい頃からの自分や家族との在り方、八虎は他者からの評価と自己評価の乖離と劣等感。それらは普段であれば明かす事のないような話
    普段は見せない裸に潜り込むように互いの心情に潜り合う二人。中でも龍二の最深部に有った秘密は好きな女の子の話か。それを語る時の龍二は震えているかのように見えた

    龍二にとって家族よりも進路よりも自分の姿よりも深い場所にあった別の好きの話
    龍二は自己矛盾として抱えていたそれを八虎に語る事で、自分が判りやすい形に拘っていた、カテゴライズしていたという点が判ったのだろうね
    また、八虎も自分を理解していくように龍二への理解も深まったのかな。それは他の場所では決して出来なかっただろう飛び込み

    最後に龍二の認識を改めさせた八虎の受験への向き合い方。受かるも落ちるも自分のせい
    なら突如訪れた身体の不調はやはり八虎の責任になってしまうのだろうか?それとも神様による意地悪なのだろうか。まだ本当の受験は始まったばかりだというのに……

    とても良い

    セルフヌードを描きあって見せるか。
    龍二もこうしてみると確かに男だ。
    二人して普段話さないようなことを吐露できてよかったのかな。

    いい流れだなぁって思ってたけど、体調面の不穏要素が表に出てきた。試験当日に大丈夫かね?

    とても良い

    八虎は自分では語らないけど蕁麻疹が物語るストレスのかかり具合。そんな中でも龍二の元へ駆けつけて思わぬ外泊展開。龍二との対話の中では、座学で向き合ってるだけではわからないことにたくさん気づかせてくれるね。本当の自分に気づかせてくれるのは案外他人だったりするよね。
    そして蕁麻疹、単なるストレスの暗示じゃなかったのか….。次回が気になりすぎる。

    とても良い

    セルフヌード来た。

    海の青さに染まったからだ。青春だな

    旅館の人いい人だな

    りゅーじがいい顔になった。

    寒いのに数時間ヌード描いてて、風邪ひかなくてよかったな。

    だいぶ弱っとるな

    良い

    セルフヌードって絵描く人は結構やるもんなのかな

    良い

    自分自身と向き合うことを避けて、自分が何者なのかさえ分からなくなっていた龍二
    小旅行を経て、答えは見つけられたみたい

    そして、八虎..大丈夫なのかよ...

    良い

    進路決めようとする親には面従腹背で
    あとで転向すれば良いような気もするが。
    嘘をつけないタイプなのか。

    チェックインで龍二が見せたのはのど仏?で、男性の証明?
    雛見沢症候群の腕版かと思ったら、じんましん。ちゃんと皮膚科で診断受けたのか、本人たちがかってに思っているだけなのかは不明。
    虫刺されだと思って皮膚科がつぶれていたので外科を受診したら帯状疱疹だと言われた。厳密には、血液検査の結果を見ないと確定できないので、見込みで内服薬を処方された。

    ED イラスト?の枚数が減ってる

    うへぇ画材持って8階…絵画の試験ならではのエピソードはこんなところにもあるんだなあ。

    夜の海、安宿。
    蕁麻疹、かきむしり。
    うまい朝飯。
    裸になって死になよ
    裸デッサン
    理論武装しないと人と喋るのも怖い
    自分が何が好きなのかさえ
    一生、服を着たまま
    裸を見せ合う

    エレベーターは使えないから階段

    一緒に海に行くことで、龍二と腹を割って話合えたからなのか、お互い迷っていた意思が一つの方向を向けたようで何より。ここでヌードを描くことで自分の弱さと向き合う意味を掛け合わしているのが素敵でした。

    そして終盤からは酷くなる蕁麻疹に加え、目の痛みと。そんな状態で画材を持って階段で8階までは過酷すぎる。

    ODAWARAはほんとにおさかなおいしいの?

    1
    Loading...