• 記録数 : 175
  • 感想数 : 18

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    新設水族館 アクアリウム・ティンガーラ からの刺客を中心に、各方面の話が動いてきた回。
    ペンギンは仲良く歩けるのに人間同士はバチバチにやりあっててウケてしまった。
    しかし、刺客の主張も正論含み。たしかにくくるは(館長代理として奮闘しているが)家業の手伝いをしているだけで、大規模水族館のビジネスとしての側面を知らない。スタッフになるための厳しい選抜を受けてきたわけでもない。もしかすると他の水族館に行ったこともないのかもしれない。
    がまがまを残したいという気持ちは、自分の思い出にしがみついているだけなのではないか、と思い悩むのも示唆的。他の水族館の存在を意識し、がまがまの相対的なポジションを考えはじめ(てしまっ)た。そこで、子供たちにがまがまのいい所を聞いても、はかばかしい答えは返ってこなかった。ただ、がまがまの特長は丁寧に描かれていたように思う。
    実際、大規模水族館はそう頻繁に行くものではなく、非日常の側にあるものだと思う。1回限りの来館でも良質な体験をしてもらおうと、客をもてなし、様々な展示で魅了する。一方で、がまがまは、近所の人たちが日常的に通えるような居場所となっている。魚を見るために行くわけでなくても、水槽の魚をバッチリ覚えているほど、頻繁に通う子供たちもいる。どちらが良いと決められるものでもなく、スタイルの違いなのだろうと思う。
    引きのシーン、ティンガーラの建設現場に行ったくくるは何を思うのか……。風花の後輩からの電話の用件とは……。

    その他各方面で気に留めた点。
    キジムナーのイリュージョンは、近所の子にも発動する。会いたい対象がある人に発動する感じか。
    もうひとつの母子手帳の件をついに風花に打ちあけた。家族が増えるとうれしいと話すくくるに対し、心なしか表情が曇る風花。気のせい?
    カレンダーや8月売上実績のグラフは意図的に描きこんでいるか。8月末閉館なら、あと1週間。
    おじい=伝説の飼育員。
    ティンガーラ=天の川。project ティンガーラ。2クール目はティンガーラ編かな。

    良い

    まぁ研修生の言うことも一理ある。
    このいやーな感じのキャラのままフェードアウトなのか、今後また挽回に出てくるのか。

    良い

    いやー、立場的には焦る気持ちもあるよね
    くくるの方が先に嫌な感じだしてたから悪いよねー
    がまがまのお客さんのレベル高くないか?
    工事現場に来て何するつもりだ

    良い

    研修生、大人げないところはあれど言ってることは割と的を射ている。
    くくるが他の水族館を知ろうとするきっかけにはなったのかな。

    良い

    仲良く歩くペンギンたちの後ろでバチバチにやりあってる二人・・・
    知夢煽るなぁ~。態度は置いておいて、言ってることは正論だし、仕事に対して真剣に向き合ってる。

    良い

    今回は、伏線の回なのか?

    良い

    原作projectティンガーラってなってるってことは、がまがまがなくなって、ティンガーラに吸収されるような感じになるのかな?

    良い

    くくるの向かった先がティンガーラというのは想定通りだけど何をするつもりなのか。

    良い

    くくるはがまがまを守りたいのか、それとも思い出にしがみついているだけなのか...

    おじいが見せてくれたがまがまは観光施設ではなく、コミュニティの一部としての場所で、そういうところに大切なものがあるのかなって

    最後の建設途中のティンガーラはくくるに現実を無情にも直視させているように思えた

    良い

    女同士の静かだけどあからさまな対立外から見る分には面白い。
    言い方はともかく、言い返せなかったのはそれが本当のことだと分かってるからだよな。

    普通

    おじいさん伝説だったんだ。それなのになぜがまがまは…研修生何も得られず帰ったけど、そんな話でいいんか?

    普通

    でかいな

    なんとも気になる終わり方。これまでは水族館を通して登場人物が何かしらの成長をして終わっていたのに、今回研修生は何も学ばずにがまがまを後にする展開、伏線臭がすごい。

    研修生には変化がなかったものの、他の水族館への興味という新たな価値観を手に入れたくくるにとっては、変化があったようでないより。風花への電話の内容が気になりつつ、ラストの建設中のライバル水族館で何をするつもりなのか気になるところ。

    くくると知夢は、自分の目標に前のめりになるあまり異なる見方に寄り添う余裕が無いという点で似た者同士にも思えます。その二人が出会えば諍いも必然ですが、結果としてくくるにこれまで見えていなかったモノを突きつけ、心境に変化をもたらしているようにも見えました。

    そしてどうやら風花にも心を揺さぶられる事態が訪れそう。ここまでの物語は奮闘するくくるにそれを支える仲間たちという水族館の”内側”が描かれてきましたが、今話はくくるにせよ風化にせよこの先その”外側”と対峙するような新たな展開の予兆を感じさせますが果たして。

    沖縄というのは、エアコンなしでも生きていけるのか。扇風機も動いてなかったし
    知夢が送られてきて、逆にがまがま存続か?と思ったら、帰還
    コロナ禍でアフレコが別録りになって、ワンポイントでも大者起用もあるので、キャスティングでは展開が読めない
    風花はアイドル復帰とか?

    くくるのこういうところを見るとまだまだ子供なんだよなぁと….。研修生も研修生だけど…笑
    風花の気遣いやしっかりと注意できる関係性が可愛いな。
    まぁ両者の言い分はわかるけどそれを直接言っちゃうの大人としてどうなのって話よね。

    伝説の飼育員。
    悪気しかない。
    空気悪すぎて酸素不足。
    甘エビより甘い。
    甘鯛より甘い。

    ちゆさん流石にこれでお役御免ではないだろう

    1
    Loading...