Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 266
  • 感想数 : 34

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    優勝できなかったのかと思ったら、優勝してた。
    朝練してるなぁ。がんばってるなぁ

    とても良い

    体育祭
    後夜祭

    後夜祭中の演武と連動して体育祭を回想するという見せ方が斬新で良かった。
    終始 演出やキャラクターの動きが豪華だった。

    とても良い

    球技大会。某バレーアニメの作画超えてますたねww

    とても良い

    最高の作品でした。一本の名作映画を見終わった後のような満足感が得られました。これ以上の最終回がありますか?

    作画、演出、音楽、それらが素晴らしいことは言わずもがなだが、この作品の最大の魅力は"青春の濃縮"というとこにあると感じた。天真爛漫な明日ちゃんが紡ぎ出す眩しすぎる青春。明日ちゃんのキャラは一歩間違えればウザがられてもおかしくないけど、本当に魅力溢れたキャラに仕上がっている。話としてはなんでもない青春の1ページの連続なのに、ここまで爽やかな気持ちになれるのは凄い。いやはや、おそれ入りました

    とても良い

    冒頭から後夜祭のシーンではじまり、小路のダンスとともに体育祭を振り返っていく構成がうまい。
    小路自身が大活躍でもあるのに加えて、クラスメイトたちも小路の応援に支えられている。
    ダンスでは、3組の面々はもちろんのこと、他の生徒も小路に惹きつけられており、学園のヒロイン。
    木崎ちゃんも、小路のダンスに呼応するかの如く見事な演奏を見せる。
    小路のおかげで、楽器を弾く楽しさを取り戻せた。
    最終話まで映像が美しいまま、1クールを駆け抜けた、爽やかで癒される作品だった。

    とても良い

    後夜祭のシーンからスタートしたので体育祭のシーンは無いのかと思ったら、音楽に乗せて。
    曲も相まって感動した。
    木崎さんヴァイオリンも弾けちゃうのね。
    明日ちゃんもいろんな部活からスカウト来そう。
    通常通りのOPに、2番の歌詞をEDに。
    最初から最後までずっとキラキラしてた。

    とても良い

    福本幹ちゃんの曲で踊る明日ちゃんに合わせつつハイライト形式で見る体育祭超良かった…
    体育祭後でも卒なくこなしてしまう明日ちゃんの身体能力もすごいけどピアノに加えてヴァイオリンも使って演奏しちゃう木崎さんもすごい。
    「いつも小路さんには驚かされるわ」って木崎さんも大概ではw
    そしてEDでまさかOPの2番が。アニメが終わってしまうという悲しみよりも満足感がすごい。最高でした。

    とても良い

    体育祭本番、[主人公]はダンスを披露。司会の発言によれば誰にでも挨拶するとのこと...偉い!

    [主人公]が壇上に上がってからの[木崎]さん登場は見てる人からすると違和感な気がする...
    ([主人公]へのサプライズなので致し方なし)

    [木崎]さんのピアノ演奏&バイオリン演奏は盛り上がるな〜。
    こんなことする子がいたらどんな学祭でもスタンディングオベーションっすわ。

    体育祭で薙刀競技あるのは珍しい!

    田舎っぽいのに5組まであるんだね。偏差値高い由緒ありそうな学校だし、田舎だろうと人は来るか...。

    [主人公]の演技後、礼をしてセーラーの襟?が裏返る描写良い。確かにそうなりそう。
    (ランドセルが閉じてなかったら全部飛び出てしまうみたいなものを想起した)

    [主人公父]が車の鍵を回して喋るシーン良いな〜。回し始めから止める描写まで書くのは作画量増えるのに...流石。

    最後ED入る部分よかった!opの2番をここで流すのも好き。
    (今日観た『高木さん3』と比べてよかったのは歌がしっとりか?...の違いによる視聴し終えた感の有無?)

    とても良い

    明日ちゃんの能力が超人的すぎる。というのはさておき、久しぶりに良い作品が見られた。満足感でいっぱい。

    とても良い

    バレーのシーンのあの切り返しは精神的にも一瞬で切り替えられるのはすごい!
    理想的なきれいすぎるぐらいの青春で、浄化される。

    とても良い

    兎原さん名采配すぎる
    2人とも輝いてたなぁ・・・青春だった。
    サプライズ、こっちまでびっくり。

    ハードル高かったであろうこの作品をよくこのクオリティで最後までやり抜けたなー。感謝。

    とても良い

    神アシスト兎原さん
    前から好きなキャラだったけど最後の最後でさらに兎原さん好きになった。
    もちろん他のキャラもみんな好き。
    最終回EDに2番歌詞絡めた特殊OPを流すのは最高だとおもいます。

    優しくて爽やかないい作品でした。

    とても良い

    眩しい

    とても良い

    あれ?体育祭端折って明日ちゃんのダンスかーって思ったら、明日ちゃんのダンス中に体育祭を振り返る。

    結果のでなかった競技もあったけれど、そのどれにも応援部がいて、みんながそれを思い出しながら明日ちゃんのダンスを見届ける構成。いいなぁ。

    木崎さんも伴奏練習の成果をだせたようで。バイオリンまで弾いちゃった。

    最終回も相変わらずすごい作画でもあった。

    とても良い

    音楽に載せて体育祭のシーンをダイジェストで見せる演出いい。
    これだけいろんな競技をこなした後にアクロバティックなダンスを完璧に踊り切る小路と、器用に楽器を弾き分ける木崎、超人すぎる。
    最高だった。

    とても良い

    面白かった!

    とても良い

    後夜祭という晴れ舞台、ダンスの衣装はなんとセーラー服。しかし不思議と、セーラー服以外にはあり得ないと思える。
    そう、満を持してのセーラー服でのステージ。一歩間違えれば珍妙な場面になってしまいそうなこのシーンの映像美に圧倒された。特に、相方の木崎さんがバイオリンにスイッチするシーンには鳥肌が立った。

    セーラー服は物語の始まりだった。
    バイタリティあふれる学校生活を回想を経て、最後もやはり、セーラー服をまとってのステージで締めくくられた。
    OPの詞にある様に、関わったクラスメイトたちを友達にしていった、小路の行動力の象徴がセーラー服だった様に思える。それは、劇中には登場しなかったアイドル、福元幹への憧れであり、卒業生である母親から受け継いだ想いでもある。様々なものが「明日ちゃんのセーラー服」に詰まっている。

    福元幹と言えば、ステージでの伴奏が彼女の楽曲だったのも良かった。
    まんまとCDを買わされてしまうではないかw もっとも、自分は配信で入手することのほうが多いのだけど。

    とても良い

    ここまでやられると納得するしかない

    とても良い

    良い最終回でした。明日ちゃんと木崎さんのついにコラボレーションが実現。あらゆる面でのこだわりが詰まってるなぁ。
    ピアノからバイオリンに切り替える時の一瞬の静寂マジで震えたわ。
    CloverWorksさん、バスケの描写がめっちゃいいから次は女子バスケアニメとか作ってみませんか??(バレーのがすごかったが…)

    とても良い

    体育祭の看板降ろしてるー? と思いきや。後夜祭のステージ舞踏の合間に競技の回想織り込んでく流れなのね。止め絵と動画、無声部と台詞付き、緩急ある良い演出。みんないい表情してるなぁ。
    それにしても江利花ちゃんすごい。ピアノに加えてバイオリンまで。しかも暗譜してるというより、そもそもスコア見てなくて耳コピぽいし。でしゃばるのはよくないと迷ってた江利花ちゃんの背中を押した兎原さんもすばらですわ。
    エンディングの「はじまりのセツナ」は単にフルサイズから2番部分を切り出したのではなく、微妙に順番違うのね。

    12
    Loading...