Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 201
  • 感想数 : 21

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    周りから女の子扱いしてもらえないことを悩む少女、桃恵ちゃんの登場。そんな彼女を自然と女の子扱いしたアイちゃん、さすが主人公という感じ。
    桃恵ちゃんの名字が先生と同じなのが、今後の展開にどう絡んでくるのか期待。

    とても良い

    OP曲と最後の「つづく」の声が最高に不穏

    とても良い

    これで全員出揃ったのかな。
    すごーく今更だけど全部自殺絡みか。助ける対象も含め。
    ねいる大企業の社長だった。
    最後桃恵の名字に反応してたけどなんだろう。
    と、公式サイトみたら担任と同じ名字か。

    とても良い

    絵も綺麗だけど色彩も豊かで綺麗。そしてキャラデザがシンプルにかわいくて好き。
    死を後悔する娘たちのための場所ということなら、助けるために必死になって絶望に手を差し伸べる存在がいるというだけでも救われるんじゃないかな。

    とても良い

    救う女、救われない女。

    4人目の(最後の?)『救う女』が登場しました。
    救う女たちは皆一様に救われなかった女たちに人生を変えられていると表現できますが、桃恵はきっと女の子の最も女の子らしい部分に苦しんできたんだと思います。その点他の3人の救う女たちは普通の女の子とはだいぶ異なる子たちなので、彼女たちとの交流で桃恵も少しは救われるんじゃないかなと思い、ほっとしています。

    巨視的に見ると救う女たちは桃恵含め全員救われないのではないかなという雰囲気が漂っていますが......。
    5話が楽しみです。

    とても良い

    桃恵が出てきてまだ一話なのにいままでの過去想像させて救うのが薄っぺらくなってないのすごい
    ラスト4人の楽しそうな光景をもっと見ていたい

    とても良い

    本当に良いOPだ。飛ばせない。

    リカ大丈夫だったかー良かった。
    大戸さん、桃恵ちゃんの求めてた100点満点の回答するあたり主人公だなぁと。

    そしてあの担任と関係あるのか気になりますね。

    とても良い

    新キャラ桃恵ちゃん登場。周囲に期待される「僕」と素の「私」の狭間で感情が揺れ動く様がとてもリアル。期待に応えてはどっと疲れ、次は恐る恐る「私」を出しみるけど怖くなってすぐ引っ込めてしまったり。それだけにアイちゃんに女の子として、みてもらえた時の救われたような笑顔はホントに良かったなと。

    本作品は登場人物の感情表現の描写が豊かで現実感があるのがとっても魅力的。感情を笑う泣くとか画一的に割り切れるモノとしてでなく、もっと曖昧で複雑に揺れ動く、生々しいモノとして描こうとしていると言いますか。

    それから、ラストで4人揃ってみんなで笑い合ってるシーンがとても好きです。4人ともそれぞれ重いモノを抱えて独り生きてきたのだけど、自然に笑え合えたあの瞬間にそれぞれが自分の居場所を見つけたような、そんな感じがしてなんだかジーンとしてしまいました。

    とても良い

    アイが桃恵の気づいて欲しかった部分に気づいてあげると言う主人公力を見せつけた。
    エッグを中心に人間関係の構築や、人格のアップデートが行われてるな。最終的な救いはもきかしたらエッグの世界に行っている当人たちに訪れるのかも。

    とても良い

    表裏の入れ替わった性自認の不一致のような。性他認の不一致とでも言うべきような。

    女性から女性として見られない少女、沢木桃恵
    それを拒む思いはあるものの、特に回想の彼女に対して、どこかでそういう自分をある種のアイデンティティのようなものとしている節を感じる。

    そして、3話で沢木先生に泣きつく小糸を見てしまったアイの回想。もしかして沢木先生が原因なのと呟いたアイ。

    同じ沢木の姓が、アイの小糸ちゃんを救う戦いにどう作用するのか、次回にも大いに期待を込めて待つ。

    良い

    ストーカーのワンダーキラーをアイドルの音楽とペンラで撃退したのはちょっと笑ってしまった。痴漢ネタにLGBT(?)など、タイムリーな問題を拾っていた印象。
    第4のヒロイン・桃恵の登場で役者が出揃った。さて、ここからどう進展するのか。

    良い

    輪るピングドラムという選ばれず社会から存在を抹消され行く子どもたちという話を見た後に、この話の痴漢された女学生が色々あって親からあなたが可愛いから選ばれたということなのよと言われるエピソードを見ると趣深い

    選ばれることを選り好みできる子どもとそうでない子ども

    良い

    同性から同性扱いされないのは可哀想可哀想

    良い

    リカ生きてた。ねいる社長なのか。桃太郎もとい桃恵。生き返らせたいと思う子がいる子のための場所だよなー。4人揃った

    良い

    ・沢木百恵の電車世界も並行
    ・リカ復帰 ファン撃破

    今回も良作画。新たに百恵が登場し、これでレギュラーは揃ったのかな。

    録画失敗して見れてまてん。

    光の四戦士

    石化した戦闘不能になったリカに代わりエッグたち2人を守るアイ。バトルの進行はそれこそ独特でしたが、復活したリカとともに無事倒せて良かったところ。そして、新たに桃恵と出会うアイたち。なんだかんだアイを中心に人間関係が構築されつつあるのが、主人公らしいなぁと思いつつ、沢木という苗字はアイの担任の苗字ですね。何か関係があるのかないのか。

    ストーカー女、痴漢男。
    2箇所でのバトルの見せ方。
    (どちらも自殺した少女の協力により助けられる)

    リハビリ場で体操選手のような跳躍。
    しゃ、社長。

    女性専用車両から排除される"少女"。
    首筋を褒めるという絶妙さ。

    1
    Loading...