古見さんは、コミュ症です。

古見さんは、コミュ症です。

  • 視聴者数:765
  • 評価数:42
オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校
  • 記録数 : 106
  • 感想数 : 16

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    見た印象は――無駄にクオリティーが高い!

    当然、良い意味で無駄にクオリティーが高いと思った訳ですが……

    ストーリーや設定は、珍しくはないはず

    ただ映像が凄い透き通ってる感じといい、躍動感といい、内容より見た目で凄い引き込まれる感じが凄かったですねぇ

    とても良い

    オノマトペの表現が豪快ww ジョジョを超えているかもしれん。なんか最後の方ちょっといい話になっている。古見さんの目が時々でっかくなるのかわいい。文字を読み続けるのはちょっと疲れたな。

    とても良い

    ティウンティウンティウン…

    とても良い

    古見さんの発音が間違っていたことを知る

    とても良い

    黒板の筆談シーン、黒板に擦れるチョークの音や削れた粉が落ちていく描写がすごく綺麗だった。漫画1話を濃密にアニメ1話にしていて期待できる!

    良い

    筆談のシーン良かった。
    コミュ症でも話をしたくないわけじゃないって気持ち、すごい分かる。
    伊旦(異端)高校、他にも個性的なキャラが出てくるというのは知らなかった。もっとコメディ要素強くなるのかな?

    良い

    パロディとかコメディチックな演出もありつつ、黒板で筆談するときの文字の太さ、チョークの粉の舞い方など、細かい描写がきれいで良かった。

    個性の強いこの学校での古見さんの成長にも期待。

    良い

    黒板を裏側から透過する見せ方いいな

    良い

    正直シナリオ的な面白さは未知数ではあるが、独特な作風でやりきってやろうという気概は感じる初回放送だった。筆談のシーンは印象的だったね。顔のデフォルメも可愛い。

    良い

    原作未読なのでどこまで原作準拠なのか分からないけど、全体的に独特の演出。黒板に文字を書く時、チョークの粉がパラバラと落ちるところとか細かい描写にもこだわってるなーと。総監督:渡辺歩でちょっと納得。自分的には「謎の彼女X」テイストだ。

    普通

    映像はいいんだけど
    今後登場するキャラ次第かなぁ

    普通

    背景描写は綺麗
    個人的に面白さは微妙・・・

    朗読は会話じゃないけど、ダメなのか?

    原作未読で、キャラはド変態なファンアート、物語はNHKのドラマで知ったので、本作がギャグテイストなことに戸惑いも。

    黒板が会話で埋め尽くされていく展開はアオハルだなぁと爽やかに感じつつ、あくまでギャグテイストは崩さない姿勢が面白い作品だぁ。基本的に筆談しかできない古見さんがどうやって次の友達を作っていくのか気になるところ。

    黒板とチョークの描写に異様に気合が入っていた

    1
    Loading...