プリマドール

プリマドール

  • 視聴者数:900
  • 評価数:0
VISUAL ARTS / Key / BAS・プリマドール製作委員会
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

あらすじ

喫茶・黒猫亭。
それは皇都五区の片隅に、ぽつんとある喫茶店。
そこで働くのは、技術の粋を結集した、自律人形(オートマタ)の少女たち。

数年前に終結したばかりの大戦争。
そこで兵器として作られた彼女たち。

やがて迎えた戦後の平和。
新品同様に修復されて、ぴかぴかの着物に身を包んで、
新しい役目を探して、高らかに歌声を上げていく。

あなたも彼女達と素敵なひとときを過ごしてみませんか?

Key × バイブリーアニメーションスタジオ。
少女人形が歌と奇跡を奏でる
オリジナルTVアニメーション、2022年開幕!

引用元: https://primadoll.jp/intro.html

エピソード

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

萌え萌えだけど、泣かされ続ける物語でした
灰ちゃんの一挙手一投足が愛らしい

結局、オートマタたちは宝物な一瞬を届けることが役目。大好きな人と一緒にいて、楽しかったり嬉しかったり、時には悲しかったり。そういうその時々の刹那の感情っていうのは、長い長い記憶とかそういうものとは無関係に、ふっと咲いては消えていくことを繰り返していくものだと思う。だからこそ、その一瞬一瞬を大切に抱き締めたいと思えるような物語でした。

全体
とても良い

最終話放送記念♪TVアニメ『プリマドール』黒猫亭放送局

TOKYO MX 9月30日 24:30 -
MBS 9月30日 26:55 -
BS朝日 9月30日 23:30 -
https://primadoll.jp/news/20220926_1.html

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

Key原作 という感じがいい意味でも悪い感じでもした感じがする。最後泣かせようとするとことか。歌ってるの良かったしアルバムとか出る?

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
良い
音楽
良い

予想より面白い展開だと初見視聴で思った作品。
(最後見逃したが、感想書いている)

軍事利用されていたロボットを、戦争終結してきたから少しずつ戦争以外でも普及させるべく[ナギ]が作ったのが喫茶店?
[主人公]をきっかけに、オートマタ達の過去を知る。感動できる展開もあったが、刺さらない場合もあった。(理由がわかったら良いな〜)

[主人公]の無能?ながら、明るく、みんなに幸せを届けようと努力する姿勢に癒された。OPの無意味にフライパン振るシーン、好きw。


評価似ている作品

向き
1.モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-
2.ラブライブ!スーパースター!! 2期
3.まちカドまぞく 2丁目
4.ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~
5.モーレツ宇宙海賊

距離
1.ラブライブ!スーパースター!! 2期
2.モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-
3.ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~
4.モーレツ宇宙海賊
5.まちカドまぞく 2丁目

らしい。
機械文明発展、超能力なし、女性多め、作画良さげ...が近い?

全体
良い
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
良い

まあこんなもんでしょ

全体
良い

★★★★★★★☆☆☆
rated on myani.li

全体
良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
普通

意外と面白かったな

全体
良い
映像
良い
キャラクター
普通
ストーリー
普通
音楽
良い

Keyは大好きだけどプリマドールは通ってきてなかったのでアニメで初見。Keyらしさを良くも悪くも随所には感じつつ、どこかマイルドになっている感がある作品だった。特にキャラクターの個性はもう少し尖らせても良かったのかなと感じる。灰桜はめちゃくちゃ可愛いけど、脇を固めるキャラもみんな良い子でシナリオの中での深掘りがそこまで強くはされてなかったので感情移入しづらかったかな。もちろんエピソードの中には凄くいいものもあったのでポテンシャル自体はあったと思う。
どうしてもKey本編作品と比較してしまうので厳しく見てしまう気がする。

全体
良い
映像
良い
キャラクター
普通
ストーリー
普通
音楽
とても良い

灰桜と桜花の関係性を初期から仄めかすことで考察させてきたわけだが、予想を裏切られてなるほどと思った反面、それがありなら何でもアリやんって感じもした。
この関係性が最後のワンシーンに関係してきて考察の予知を残す終わり方になったわけだが...
オートマタが歌うことを主軸に据えているのは面白かったが、泣かせようとしてくるのが逆に泣けない感じで冷めるというか、面白いなぁとはなれなかった。

全体
普通
映像
良い
キャラクター
良い
ストーリー
普通
音楽
普通

最後の方は良かったけど・・・

Loading...