@pooza
プリオタですがダイ大等、プリキュア以外のアニメも観ます。後日振り返る為の、自分に向けた日記的な感想が中心です。同じ回を繰り返し観ることがあり、感想がぶれることもありますw
precure.ml

サービス開始日: 2020-08-10 (403日目)

視聴状況

お気に入りの声優

小林星蘭
2作品見た
斎藤千和
23作品見た
悠木碧
16作品見た
宮本佳那子
7作品見た
西村ちなみ
12作品見た
広橋涼
18作品見た

お気に入りのスタッフ

田中裕太
1作品見た
吉田玲子
21作品見た
成田良美
8作品見た
佐藤順一
11作品見た
牧野由依
10作品見た
@poozaぷーざが記録しました
とても良い

本日の朝実況。キュアダイヤモンドの誕生日だったので、この回。
7月ごろに観たばかりの回らしいけどw

女子中学生のお年頃特有の、友達への嫉妬。それがしかも肯定的に描かれる表現は新しい。
六花の内面を知るには必ず観なければいけない回として、今年はこの回。



@poozaぷーざがステータスを変更しました
視聴中止
精霊幻想記

@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の夜実況。
重要な回も、ゆるい回もお手のもの。成田さんの懐の広さ。
ガムテ補修に吹くw

るみちゃんとはるかちゃんがお友達だったとは知りませんでした。



@poozaぷーざが記録しました
とても良い

本日の朝実況。
忍者屋敷のような四葉邸(これらの仕掛けは何を目的としている?w)での追跡劇に荒唐無稽な印象を持っていたけど、それはこの回の要素のひとつにすぎない。

逃げるありすに、ありすパパが追いつけず息を切らせるシーン。病弱と思っていたありすが随分元気になっていたし、幼いながら利他を語る等、精神的にも成長していた。
ありすをここまで変えたマナらとの関係を、父親としてまさか否定するわけにもゆかず。海外での療養を白紙に戻すありすパパは、なかなかの人格者。このようなシーンに泣かされてしまうのは年齢のせいか。

父親にキュアロゼッタと名乗ったが正体はお見通しだったシーン、攻撃に転じるロゼッタの立ち回り等、戦闘シーンも見どころたくさん。
ロゼッタリフレクションダブルクラッシュに目が行きがちだが、ジコチューのミサイルを捌く目まぐるしいアクションも必見。これぞタナカリオンの実力か?



@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の夜実況。
自分の弱さを受け入れるという試練を、1話遅れでブロッサムも乗り越えた。ダメなところも含め、自分を許し好きになる。ダメさに関わらず、自信をもつ。それがブロッサムの望んだ「チェンジ」だったのかもしれない。
結局、人はそんなに大きく変わることはできない。だから、自分だけでチェンジしようとは思わず、誰かの力を借りてチェンジしてもいい。ひとりで戦っていた自分を「愚かだった」と振り返ったムーンライトだけど、それと似た気付きが皆にも必要だったのかも知れない。

ハートキャッチミラージュの封印を解き、デザートデビルが気の毒になるような新しい技を習得。
全員が自分の弱さを受け入れて得た力だというのに、それはある意味、圧倒的な暴力だったw



@poozaぷーざが記録しました
普通

本日の朝実況。
「幸せの王子」が振りまき続けた愛は、皆の心にも届いていた。
恩は売りっぱなしにはならない。必ず報われる…のだといいな。

ウェイトレスの真琴が眼福。
大貝一中の生徒たちがうらやましいw


ドキドキ!プリキュア

@poozaぷーざが記録しました
とても良い

本日の朝実況。

この回はドキプリ屈指の良回。だから、この回だけピックアップして観ることもよくある。
序盤とラストのいつも以上に強調された平和の描写と、絶望の描写がきれいに1話に収まっているなと改めて。



@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の復習分。先の展開のネタバレあり。
サブタイ通り、この回はマァムとポップのやりとりをニヤニヤしながら楽しむのもいい。

「あいつが思ってる程、オレは強くもなければ『勇気』もないんだ」三条先生は終盤の展開を検討する上で、この回は間違いなく見返しただろうと想像。
少し前に「決まってんだろ、勇者の武器は『勇気』だよ」という台詞もある。このふたつの勇気は少し違うけど、意図があってすぐ近くに寄せられたシーンである可能性もある。


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020年版)

@poozaぷーざが記録しました

渋いおっさん、チーフことイビチャの掘り下げ回。

引き続き、ナルの出番はなし。
今となってはナルの唯一の手がかりである、変身兄ちゃんが登場したのみ。


エウレカセブンAO

@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の夜実況。
学園祭が終わり、日常回をはさむ間もなく慌ただしく新展開。

試練の内容は、皆がプリキュアになる為に既に越えた葛藤であると気付く。そして、「既に終わった問題」であることを裏付けるかのように、ブロッサム以外の3人の試練はあっという間に終わる。
特にムーンライトの試練は、つい先日試練を越えたばかりの彼女ならば当然越えられるべきもの。ムーンライトがこの試練が越えられない様であれば、「ハートキャッチミラージュを手に入れる」という危険までおかしてまでムーンライトを元気づけようとしたブロッサムらに対して顔向けができないのではないか?w
ともあれ、自分に弱さもあることを認め受け入れるという「正解」は優しい。

ブロッサムだけがまだ試練を越えていないが、その「チェンジしたい」という願いはどうだったろう。心に何かしら強いより所を得たからこそ、ブロッサムはプリキュアになれたのではなかったか?
初回とこの回の関係を読み解く為に、近々もう一度初回を観てみたいと思う。



@poozaぷーざが記録しました
とても良い

KINGの大将軍バルコムが、ケンシロウへの総攻撃を命じる。
一見ただの総集編だけど、それだけで終わってはいない。より一層の引き延ばしを行うという、制作者の宣言にも見えるが。

武装バギー隊、塊し屋軍団、ブラックバード隊ら、凶悪な戦闘員たちが楽しげなBGMと共に次々に登場する冒頭シーンは最の高。否、このシーンに血がたぎらない者は「男ではない」と言っても過言ではない!
大将軍バルコムの演説は、彼らのようなKING配下の戦闘員にケンシロウや北斗神拳の脅威を伝えるもの。北斗神拳への理解が浅いバルコムの説明は、いい感じに頭がゆだったいい加減で適当なものだが、教養の低いKING戦闘員を対象とした説明としてなら特に問題はない。

シンがケンシロウからユリアを奪う回想もあり。
のちのち、シンがあたかも人格者であったかのような後付けエピソードが入るのだが、悪党ヅラのシンがケンシロウの胸に7つの傷を刻む、この有名なシーンのどこに人間性を見いだせるというのか。
この人間の屑がケンシロウにぶちのめされる、その為のフラグを立てまくっているシーンと言ってよさそう。



@poozaぷーざが記録しました
良い

昨日の回を視聴、2度目。
入れ替わり回15話を通じた、みのりんとローラの特別な関係の続きの様な回。みのりのことを案じるローラ、勇気を出してレポーターに挑戦したみのりはとても良い。今日の「良い」はこれらのシーンに対して。
みのりがルージュをひくシーンは自分の勇気の「スイッチ」を入れる為のもので、ある意味トロプリを象徴するかのようなシーン。メイクに不勉強なこともあってか、自分には黄色いルージュは奇妙なものにみえるけどw

ローラが「みのりは本当は小説が書きたいのでは?」と気遣っていた。
ラストのみのりの独白は「みんなと一緒に居るのは楽しい。但し小説は諦めたけど…」という、創作に対して前向きではない印象を与えるもので残念だ。「トロピカる部での様々な経験が、創作の引き出しになる」というオチを期待していたので、みのりんが創作に対しても前向きになる続きが描かれることを願う。



@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の朝実況。
試練、神器、そしてドラゴン。なんだか「RPGチック」な展開w

神器のひとつ、ミラクルドラゴングレイブはトランプ王国にあった。そして、水晶の鏡とエターナルゴールデンクラウンはこの世界に。
伝説はひとつの世界で完結せず、世界をまたぐ壮大なものだった。この伝説が生まれた頃には既にそれらの複数の世界の存在が認識され、行き来もあったことを示唆している。
メランは「最近のプリキュア」とも言った。多くのプリキュアたちが鏡の試練に挑んだ様だ。

少ししか語られていないトランプ王国もひっくるめて、ドキプリの世界観は面白い。
展開が二転三転したであろうこともあって、設定面では破綻した箇所が多いと感じるけどw、解釈次第で膨らませられそうなネタがたくさんある。


ドキドキ!プリキュア

@poozaぷーざが記録しました
とても良い

きららの誕生日だったので、大事な当番回のひとつを視聴。

本番前にリハーサルせずに休んでいるきららを見て「やはりきららは器が大きいなw」と思ったが、大舞台の不安から結局自室で練習してて「らしくないな」とも。普段のきららの自信に満ちた態度がとても好きだけど、自分を鼓舞する為の態度だったことがこの回に改めてわかる。
今のきららに必要なのはリラックスであると察し、様々な根回しをするステラの親心が泣かせる。泣きシーンじゃないのに実際泣いてた。

以前の感想でも言ってるけど、「シューティングスター」の語感がとても好き。
舞台では既に「スタープリンセス」の名で呼ばれているきららと、「アフロディテ」とも呼ばれる大モデルである母ステラ。シューティングスターキーは、ふたりの親子共演という夢が結晶化したしたものだった。
そんな素敵な由来がオチだった今回の脚本は、ヒーリングっど♥プリキュアのシリーズ構成を務めた香村純子さん。何度も観ているこの回だけど、改めて視聴してなるほどと納得。



@poozaぷーざが記録しました
良い

昨晩の夜実況。
なんとなく、存命のドクロクシーを観たくなって視聴。アンデッドに存命と言うのもおかしいけど。

ドクロクシーなどという男は元々おらず、ヤモーの傀儡に過ぎないのではないかと疑うバッティ。事実、ゴーヤーンとアクダイカーンはそのような関係だった。最後の出陣を決意するにあたり、主人の正体を確認せずにいられない。そんな真面目な一面を持ったバッティに好感。
バッティも疑ったドクロクシーの正体は、まほプリ前半最大の謎。正解は意外な人物だったけど、この時点では全くわからないw

はーちゃんはプリキュアになってからの印象が強いけど、改めて観ると、成長期のはーちゃんはとても愛らしい。
ドクロクシー以上にとんでもない、プリキュアという枠に全く収まらない存在が正体だったはーちゃん。この回でもその片鱗がほんの少し見られる。



@poozaぷーざが記録しました
良い

ジャンプコミックス、18〜19巻収録分。
19巻の表紙裏コメントは稲田先生。週間連載の多忙さの為にドライブにもなかなか出られない旨。

北の勇者ノヴァのダイへの対抗心は異常なレベルだったけど、勇者として「ダイより優れている」という自負がどのような成功体験に由来しているかに興味がある。ここまで魔王軍の軍団長はすべてダイに倒されてて、軍団長に匹敵するような強敵がそうそう居るとも思えない。
ノヴァには仲間がおらず、それは人望のなさからである様に思える。(似た指摘は、前回マァムがしている)精神論が指導の根底にあった、アバンという人格者を師とするダイとは対照的。
この場では謙虚さのないノヴァ(とヒム)が、精神性の低い未熟者として描かれている様に思う。

そのノヴァの勇み足から、メドローアの弱点を説明する回想への流れは面白い。
マトリフ師匠が言ったマホカンタと同じ効果を持った伝説の武具とは、「さざなみのつえ」とか「てんくうのたて」とか?ドラクエ3ではそれなりにレベリングもしたつもりだけど、さざなみのつえは結局ひとつも手に入れられなかったことを思い出した。これは余談。

女王アルビナス、田村ゆかりさんは期待通りの好演だった。
出番を増やしてほしいので、オリジナルエピソードでの活躍にも期待。



@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の朝実況。
ヒープリもそうだったけど、プリキュア各々に担当妖精がいるシステムは、妖精に相棒感があっていいね。

幕間回かと思えば、プリキュアと妖精の絆が深まることが試練をうける条件にもなっていたと言う。
次回から神器の話題が加わり、もう終盤を意識する展開に。


ドキドキ!プリキュア

@poozaぷーざが記録しました
良い

1日遅れだけど、シャイニールミナスの誕生日だったので。
ひかりとアカネさん、ひかりとポルンなどの関係が描かれる日常回。

まだパートナーになったばかりで日が浅く、ひかりと早く打ち解けたいポルン。いつも騒々しいけどw、この回のポルンはちょっといい。
ひかりの正体を知っている今、大人しいひかりが少しずつ表情豊かになっていくのが愛おしい。



@poozaぷーざが記録しました
とても良い

本日の夜実況。
劇中歌「HEART GOES ON」が象徴する、ラスト同様、これぞハトプリを代表する回。
いつき加入の頃からずっとほのめかされていたファッションショーが、本編で遂に形になる。

主題歌歌手たちががただのチョイ役ではなく、重要なゲストとして登場するのがなんとも心憎い。
そのアヤとマユだけでなく、前回から引き続き、過去の学校回に登場したゲストたちが総出演。
そして。ゆりさんはファッションショーへの出演を通じて、日常を取り戻せただろうか。



@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の夜実況。次回の学園祭を盛り上げる為に、まるまる1話を使い切った贅沢な回。
シリアスな回のあとにリラックスできる回というセオリー。過去の回のゲストたちもたくさん登場し、楽しい。

加入したばかりのゆりさん、服に合う靴を探してすっかりツンデレさんになっていた。
今までとは別人のようなお茶目な一面を見せる一方、デザトリアンには相変わらずノリノリで説教していた。
そんな楽しそうなゆりさんを見ると、つぼみたち3人は、前回までよくがんばったなと感じる。



@poozaぷーざが記録しました
普通

ふたつのグループ「スネーク」と「スコルピオ」の抗争。
どちらもKING配下であるはずが、街の覇権をめぐって何故か対立している。一体KINGの統率はどうなっているのか。
ケンシロウはそんな事情はお構いなしに、両グループを戦わせてまとめて壊滅させる。

グループの首領は、それぞれ「南斗蛇鞭拳」と「南斗風車斬」の使い手。鞭と斧を扱う武器術に見えるが、いずれも南斗の一派であるという。南斗聖拳のバーゲンセールである。
前回登場、南斗暗鐘拳のザリアのほうがだいぶキャラが立っていた。今回はちょっとイマイチ、次回に期待。



@poozaぷーざが記録しました
とても良い

本日の夜実況。
こころの花を蘇らせる為の試練は前回で終わってて、今回は、満を持して大暴れするキュアムーンライトを堪能する回。

以前とは比較にならないほど、凛々しく覇気のある表情。また、プリキュアの種はコロンの力を常に宿す。
元々強かったムーンライトではあるけど、様々な力を授かった今日のムーンライトは、その復活前をも上回る強さだったのではないかと想像。敵幹部全員を実質ひとりで片づけ、やりすぎと思えるほどの強さであるw
今までのうっぷんを晴らすかのような押せ押せの展開だけど、サバーク博士がダークプリキュアの側に立つシーンには胸が痛む。

ゆりの元気を取り戻す為にハートキャッチミラージュの試練まで受けたのは、彼女の意志を引き継いだプリキュアたち。
お礼の言葉のひとつも聞きたかったところ、ゆりの不器用なところはあまり変わっていない。とはいえ、ファッションショーのモデルを恥ずかしげに承諾した態度を見れば、感謝の気持ちを察することもできよう。



@poozaぷーざがステータスを変更しました
見た
キラキラ☆プリキュアアラモード

@poozaぷーざが記録しました
とても良い

テレ玉での再放送。後日談にたっぷり尺を取られた、贅沢なラスト。
作画が、特に少しだけ成長したことを意識して描かれた(様に見える)いちかの作画がとてもよい。やわらかな笑顔が印象的。キャラデザ氏が自ら作監しただけはある。

後日談がいい感じに進行しているところで、こう言ってはアレだがw、水を差すかのような戦闘開始。戦闘はなくてもよい様にもみえるけど、ペコリンの活躍を描かなければいけないという構成上はやむを得ない。
また、ゲストのキュアエールが巨大長老を思い切り蹴る、いや「蹴りまくる」シーンには興奮する。プリキュアはやはり格闘あってこそと感じる。

ペコリンが活躍して留守を任せられることは、いちかが心置きなくいちご坂を旅立てることにつながっている。
エリシオとの約束通り、世界に笑顔を届けるという夢の為にいちかが旅立つ大団円。ノワールとルミエルを思わせる二人組の子供たちが登場、そんなラストシーンが心憎い。



@poozaぷーざが記録しました
良い

キュアソレイユの誕生日だったので、当番回の視聴。
前後編の前編に相当、あとで後編も観るかも。

進路に迷うえれなだが、まどかが「えれなの笑顔に救われた」と助言したことから、ひとを笑顔に出来る仕事という方向性がみえてくる。
ノットレイとなったママが「えれなが本当の笑顔を見せてくれない」と言ってみたり(デザトリアンの様なダダ漏れ)、テンジョウが「笑顔などうわべだけ」と言ってみたり。
笑顔の価値やえれなの進路についての葛藤は、後編に持ち越される。

笑顔には価値があり、えれなにはひとを笑顔にする力がある。
様々な想いや立場が交錯している回だけど、えれな本人以上にまどかがえれなのことを知っていて、真実に近いところに居ると感じる。



@poozaぷーざが記録しました
とても良い

本日の夜実況。ネタバレ含む。

ハートキャッチミラージュや心の大樹が奇跡を起こしたと言っても、コロンは安易に蘇ることはない。
既に肉体は滅んでいる為、ただ会話ができるだけ。だがしかし、ゆりが前に進むためにはその対話が必要だった。
コロンや後輩たちの「戻ってきて欲しい」という想いから、以前の熱情を取り戻したプリキュアとしての名乗りはとても熱量のあるものだった。

コロンの忠告にもかかわらず、かつてのゆりは「ひとりで戦える」という慢心を持っていた。ゆりはそんな自分を振り返って愚かだと言ったが、「プリキュアの任務の重さを、誰よりも理解していた」為だったとコロンは慰めた。
コロンの思いやりにあふれる台詞ではあるが、その後のゆりの実際の行動とは異なっている。その様な任務の重さを彼女が知っていたなら、自分がプリキュアの力を失ったとしても、ブロッサムら後輩たちを導くことが出来たはずだ。実際には後輩らを冷たく突き放す行動が多かった様に見受けるが、自分はこれを、ゆりの弱さ脆さと解釈している。哀しみが彼女を変えてしまったのではないか。
コロンの命を奪ったのも、ゆりと縁の深いサバーク博士。なんという因果なのだろう。

欠けたプリキュアの種が元に戻ったことに象徴される様に、ゆりは心を取り戻して再びプリキュアにも変身できた。
でもプリキュアに戻るだけでは十分とは言えず、沈みがちだった日常にも活力を取り戻さなければいけない。その為に必要なもうひとつの仕掛けは「ファッションショーで新しい自分を見つけること」で、ファッションという意外性あるつながりを描写する、この変身回直後の展開がなんともハトプリらしく面白い。



@poozaぷーざが記録しました
とても良い

本日の復習分。
言わずと知れた真アバンストラッシュの初披露、そしてヒュンケル裁判の回。

ダイはこのフレイザード編で、竜の騎士に由来する能力に頼らずに戦い抜いた。そして、竜の紋章は戦いの為ではなく、レオナの命を救う為に姿を現した。
ダイは完全にとは言わないまでも、自分の意志で紋章から力を借りることが出来始めているのではないか。自分はどんな勇者になりたいのか、そんなダイの勇者観がこの一件から見えてくる。


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020年版)

@poozaぷーざが記録しました
良い

本日の朝実況。

一見大人びて社交的に見える亜久里が、不器用なところや無邪気な表情をみせる。亜久里が歳相応の一面も持っていることがわかり、好感。
当初は「お説教のために登場する」ようなキャラクターだったがw、幼さの描写により逆に厚みが増した感がある。

亜久里は王女の記憶を断片的に持っているけど、改めて、心は別のものであるとわかる。
王女としての皆より長い人生経験が「5つの誓い」の説得力につながらなければいけなかったところ、経験に由来しない教科書的な(悪く言えば軽薄な)ものにも見えていた。「5つの誓い」のことは知識として知っていたけど、皆には精一杯背伸びしてそのことを伝えていたのかもしれない。

自分には秘密があるが、教えられないと言う亜久里に誠意を感じた。
亜久里の言葉の通り、えるが目を閉じて亜久里の無事を祈るシーンはとてもよかった。

ところで、キュアエースの変身解除をねらった時間稼ぎの作戦は、結局どこに行ったのか?w


ドキドキ!プリキュア

@poozaぷーざがステータスを変更しました
見たい
平家物語

@poozaぷーざが記録しました
とても良い

キュアエースが強さや弱さ、秘密を全てさらけ出し、今までの非礼を詫びて真の仲間となる。
ミステリアスな登場をした為、これまで亜久里のキャラクターがあまり描かれてこなかったけど、この回からはそれも描かれ始める。
キュアエースの本格加入に応じるように、今回からは後期ED「ラブリンク」。

亜久里の記憶で気になるところがある。
「こちらの世界で生まれ」「キングジコチューに敗れた」と語る一幕。結末まで知っている者であれば、この発言が矛盾していることを知っている。
設定が矛盾しているのではなく、亜久里が何故か「矛盾した記憶を持っている」というこまやかな描写に好感。



Loading...