Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
キャラクター論者 〘Icon from https://picrew.me/image_maker/168503〙
twitter.com

サービス開始日: 2019-01-14 (1984日目)

視聴状況

お気に入りのキャラ

暁美ほむら
魔法少女まどか☆マギカ
鹿目まどか
魔法少女まどか☆マギカ

お気に入りのスタッフ

岡田麿里
8作品見た

お気に入りの団体

スタジオバインド
3作品見た
kinoが記録しました
全体
良い

赤き月、信用崩壊については擦り芸メインで切れ味が足りなく感じた。
しかしオリアナ王国では一変して1期のようなシリアスとギャグの異様な融合が楽しめる。
終わり方がいいので振り返ってみると満足度は高い。
あとやはりキャラが立っていて良い。主人公に好きアピするだけではなくそれぞれの人生でやることがあるのが良いのかもしれない。



kinoがステータスを変更しました
見た

kinoが記録しました
とても良い

スタッフが一期と同じな割にテンポやキレに欠くと思っていたが、お菓子モグモグで久々に異常ギャグの神髄を見た。



kinoが記録しました

相変わらず驚異的にテンポが良い。
映画を見ていなかったのであまりに濃厚なめぐみんルート気配で驚いた。



kinoがステータスを変更しました
見てる

kinoが記録しました
全体
とても良い

冒頭から非常に一人称的なのが印象的だが、その予感させる通りアイビーの内面については心の傷を徐々に緩和していくのが終始丁寧に描かれている。
アイビーがほとんど常にかわいい。OP曲が素晴らしい。
星の数とか作戦会議とか時々恐ろしく話の運びが露骨になるのが難点。

「とても良い」の個人的条件としている「アニメファンなら見るべき"良さ"を含む作品」とは少し違うかもしれないが、物語というのは本来このくらいは「何か」(この場合は心の傷の緩和、ある意味では成長)を描くべきことを思い起こさせる点で高く評価したい作品。まぁ私が内的物語を志向するのもあるが。



kinoがステータスを変更しました
見た

kinoが記録しました
とても良い

まさに鬼気迫る戦闘演出。
バトルシーンに興味があるならこの回だけでも観るべきだろう。



kinoがステータスを変更しました
見たい

kinoが記録しました
全体
良い

悪くないしところどころ良い芝居もあった(特に夜の教室の花子など)が原作既読的にはもうちょっと何か欲しかった思いがある。



kinoがステータスを変更しました
見た

kinoが記録しました
全体
とても良い

リアルタイムで言えばなんだこのテンポはという部分もあったが、宿儺vs漏瑚の映像化には文句の付けようがない。



kinoが記録しました

原作で騒然とした情報の錯綜と描かれていた事後処理が整然と1シーンずつ描かれるのでやや妙な印象。
先の話をすると総監の指示は遂行されてしまう訳だが、五条先生が結局全員を処理してしまう。今一どういう権力基盤か分からず、もう少し早くクーデターすべきだったのではないかという疑念を拭うことができない。



kinoが記録しました


kinoが記録しました
全体
良い
映像
とても良い
ストーリー
良くない

文化庁の金が入っているだけあってか作画や演出は素晴らしい。ハッカーが両手両足でタイプするような外連味も個人的には◎。棒読みもジブリみたいなもんだと思えば個人的には気にならない。
問題は話だ。どう考えてもノリで出した巨大怪獣をさっと倒し、世界設定は碌に開示されず終い。残念の一言。
しかしそれでもヴィジュアルが素晴らしいので、どこか説得力を感じてしまう。TV版とは別の意味で味わいがある。



kinoがステータスを変更しました
見た

kinoが記録しました
普通

ちょっとちぐはぐすぎてシリアス作品としては…。
陰実みたいな異常ギャグ路線はありかもしれないが何とも言えない一話。



kinoが記録しました
良い

キルアみたいなことを言っている。
媚薬とかいう便利アイテムだが、作って終わりなのか。
内容見てからだとOPの美女は一体? という気持ちが



kinoが記録しました
とても良い

千年物の欺瞞作戦。見た奴は全員死んだということか。「理ではダメだ」騙すためには血肉を。
また「これがレベル制MMOの理不尽さなんだよ」も思い出す。
少しは情報が伝わりそうな気がするが、魔物はそういう風に言語を使わないから「猛獣」なのだろう。つまるところ非合理的であり反文化的であるが故に敗北したのだ。
しかしかわいい魔族を豪快に殺していくな。



kinoが記録しました
とても良い

魔法戦と白兵戦、いずれも素晴らしい。
非常に戦い方が映えるリーニエが死んで残念。



kinoが記録しました
とても良い

リュグナーはああ言ったが思いっきり油断して後ろを向くドラート。フリーレンが放ったのは鎌鼬のようなものか? 杖は砲撃のようなものの補助なのだろうか。
「断頭台」らしく首無し兵を従えるアウラ、持物は天秤だが公平の精神があるとは思われない。「裁き」のような意味合いか。
魔術師が飛べる場合、我々の世界よりも大幅に早く防空について考えなければならない訳だが、単身で戦えるほどの魔術師は少ないとか魔力感知があるとかその辺りで均衡があるのかもしれない。
フェルン達を通り過ぎようとしたのはその方が覚悟か決まると思ったから?



kinoが記録しました
とても良い

捕縛時のフェルンの反応が意外に冷静。
エルフに種の保存の観念が薄いのは実は人造の種だったりするのか?
まるでフリーレンが古い価値観の差別主義者みたいな感じだがそうではなくマジで魔族が人類の敵らしい。
「利己的な遺伝子」の無い知的生命体がいたらどういう社会性を獲得するのかという話は興味深くはある。



kinoが記録しました
とても良い

ヌマヅって本当に沼津なんだ…から犬喋ってる!からいや普通かと思ったらやっぱりファンタジーなんだ…という感じで独特の味がある。
ダンスシーンってちゃんとしているほど「これで落ちるのおかしいやろ」と思ってしまうところがある。あとライラプスがややオタクの嫌なコメントっぽいのも少々気になる。
何にせよヨハネが非常に分かりやすくて可愛い。



kinoが記録しました
とても良い

中華風。
巻き込まれ系みたいな感じだがイケボの女がやると様になる。
こういうちょっと飛ばしすぎくらいのテンポ感が現代アニメとしては理想的ではないか?



kinoがステータスを変更しました
見てる

kinoが記録しました
とても良い

脳内イメージが強すぎる男。掌のダメージ感が原作より明確で良い。



kinoが記録しました
とても良い

真人が思った以上にハイテンション。戦闘も素晴らしいがそれ以上に表情芝居が卓越している。



kinoが記録しました
全体
とても良い

ナチスなどの名称も隠さないことで歴史のIF的なリアリティが非常に強力。
「恐ろしいから」攻撃する。エッカルトの単純な理由はこうしたリアリティを以て差別が描かれることでむしろ強烈な説得力を持つ。
旧アニメのビターな風合いが結晶している名作。



kinoが記録しました
とても良い

急に悪くないテンポ感になる。虎杖の格闘センスがちゃんと出ていて良い。



kinoが記録しました
普通

進まない!
遠景気味とはいえ「後は頼みます」の後の虎杖が雑なのは流石に演出に差し障る。
変に壁のアクションを入れた所為で卍蹴りの名シーンも分かりにくくなっている。(真人もまるで無策で突きを撃ったかの様だ。)
前々回とは逆に2期の悪いところを詰め込んだような出来。
ちゃんと動いているので「良くない」とは言わないが…。



Loading...