Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

あらすじ

都心から遠く離れ、色濃く残る自然に囲まれた集落──雛見沢村。

かつて、ダムの底に沈むはずだった村は、
今もなお昔と変わらない姿で、
転校生・前原圭一を迎え入れる。

都会で暮らしていた圭一にとって、
雛見沢の仲間と過ごす賑やかでのどかな生活は、
いつまでも続く幸せな時間のはずだった。

一年に一度行われる村の祭り、綿流し。
その日が来るまでは…。

昭和五十八年、六月。
ひぐらしのなく頃に。

日常は突如終わりを告げ、
止まらない惨劇の連鎖が始まる──。

引用元: https://higurashianime.com/intro.html

エピソード

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

毎度毎度とぞくぞくするような展開が楽しかった
締め方もじゃあずっと一緒にいようねじゃなくて、2人だけの世界を出て別れを知って...っていうのは良かった
ただの甘いハッピーエンドじゃなくて別れってい痛みを知って成長をしたとこが旧より幕引きが好きなとこになるのかな、楽しくない本物の恐怖は旧が勝るけど

あと、楽しければ何でもいいエウアさんは本当に扱いやすかったよなぁ

全体
良い

なんだかんだでとても綺麗な終わり方だった

全体
良い

3.5/5.0
youは名曲。
ワシが可愛い・・・。

全体
良い

雛見沢で起きる事件は同じだが新たな視点と解釈が与えられたというところか。前期もオリジナル版も見ておいてからみると、展開が分かっているだけに悲惨さが倍増して、こりゃうまいことやったなという印象。北条のオジサンがかわいそうになってきたw。しかし終盤はバトルがあまりに長すぎた・・・。

全体
普通
映像
良い
キャラクター
普通
ストーリー
普通
音楽
良い

私たちはもうひぐらしから卒業しなくてはいけないのだなぁと思った。

全体
普通

結局「沙都子xワシ」編だった……ってワケ。

全体
普通

ひぐらし卒業2部作なんとか見終えた。卒と業一緒っぽいので卒の方に感想記録を。
いやもう……なんこれ????
感想記録と書いたが、8割は愚痴になりそう。予めご了承願いたい。

業の出題編はさ、良かったよ。(鬼騙し~猫騙し迄)
ひぐらしの原作で触れてないカケラというか、視聴者の「こうしたら幸せなカケラに行けるはずだよね?」という視聴者の考えてた行動を古手梨花が実行しているのにも関わらず、悉く惨劇が起きてしまう、...何故!?っていう展開の見せ方はスゴく良いと思った。
祟騙しでは「これもう実質皆殺し編だし鷹野さえ…えっ!?鷹野に真っ向から…!?どうなるんや…」というワクワクがあったし、
猫騙しに至っては「えっ!?は?これ全部説明するのどないすんの?」とも思ってた。
今にして思えばドキドキを感じていた自分は純粋だとすら思う。この楽しみ方がしたかったはずだったんだ。

業の郷壊し編。ここから何かがおかしくなり始めたんだ…。運命の袋小路を奇跡の力で打ち破り、惨劇のない正史を進む古手梨花の"その先”。
悟志生きとったんかワレ!とか。魅音は最年長だから卒業するんだよな…とか。
原作の「その先」のIFだった世界が公式の手によって描かれていくのはスゴく魅力的だった。
勿論、旧作では悪役として描かれていたリナ&鉄平や、鷹野や小此木といった面々の別の面が見られたのは面白くはあった。タダこの点に関しては原作で"悪役に徹している"からこそ惨劇を乗り越える為の壁として機能していたので原作ブレイカーだなあとも思う。鉄平が丸くなってたら皆殺しとかタダの胸糞話なわけやし。
沙都子の(完治しないと言われていた筈の)L5が寛解したり。
鷹野が厳重に管理していた薬品を入手することで"実は誰でも自由にL5を任意に発症させることが可能"になったり。
ループを繰り返す結果として徐々に蓄積されていき、「(ループしている人間以外であっても)記憶や人格が変わる」というループ作品の根底を覆すようなキャラクター性の崩壊であったり。
まあそういう感じで、原作の設定を謎の理論で次々に崩壊させていく。
多分1回運命の袋小路を打ち破ったから今までにないことが起きてもオッケー!とかいう謎理論なんやろなあ。要するに旧作の設定を自ら破壊していっているわけ。しかも公式の続編で。ええんかこれ?(良くないでしょ。)
ループによる蓄積の結果、アレだけ人生懸けてたプロジェクトを祖父の手紙一枚見てたたむ決断をした鷹野の描写はなんなん…。本当に原作を軽視してるとしか思えんわ…。「えっ?そんな祖父のメッセージ一言で引き返せるレベルのプロジェクトだったの?」とか思っちゃうもん。100年の袋小路だった梨花ちゃんもそらビックリやろ。
個人の意見だが、設定だけについて論じるのであれば「沙都子もループ能力を手に入れる」ということだけは面白いと思う。

そして黒幕としての行動原理が余りにも弱すぎるんだよね……全く同情できないと言うか……。
梨花と沙都子が一緒にルチーア学園に行きたいので勉強して受かってヤッター!←わかる
沙都子が勉強苦手でついていけなかった一方で梨花は100年培ったポエム力でスクールカースト上位に←まあそうかもな
沙都子は梨花から差し伸べられた手を払って「梨花もいつかは飽きる」と思って放置してたのに、立場の差が開いていくと逆恨みし始める←は?
折角貰った記憶継承付きの(エウアは羽入より完全な存在らしい)ループ能力を使ってなお、梨花と仲良くするわけでもなく勝手に孤独になって勝手に逆恨み←は???
あっそうだ(唐突)、梨花をルチーアじゃなくて雛見沢にずっと居たいと思わせれば良いんですわ!(名案)←は?????
もうね、沙都子がループして繰り返す行動の動機がハチャメチャに意味不明なんだわ。よくこんなショボい動機でループ繰り返してんなと思うわ。まあ途中からは幸せなカケラを壊すのが楽しくなってるんやろうね。
でも沙都子もさぁ100年ループしてたら梨花を壊すだけじゃなくて、梨花の100年ループしてた苦しみに気付いて外に出たいっていう意志を尊重することも出来たんじゃねーの?とは思うよ。ていうかループしてる人間にしか分からないんだしさ。唯一の理解者になれる可能性もあったわけだよ?「100年あったら勉強しろ」がタダの正論なんだよ。

そういう設定が明かされて卒へ。
○明し編は旧作と違って全部同じカケラの解決編なので実質同じ話なんだ。だから設定理解してたらタダの茶番見せられてるから退屈なんだワ…。
旧作の「謎を完全に解説するわけではなく、別のカケラとして真相に繋がる設定だけを明かす示し方」はスゴく面白かったのに今回はもう完全にテレビのドッキリレベルで堂々とした「ネタばらし編」なんだよね。だからこそ苦行。
確かに別視点で見るの面白いんだけど、ネタが滑稽すぎてもうギャグなんだよな。エウアがヒィヒィ言いながら笑うのも分かる気がするわ...
でも俺らからしたら同じ話の2周目なんだヮ…俺が魔女だったら4倍速で見てるぞ…

ついに出題編の最後のシーンに追いついた神楽し編。
繰り返す者を殺す剣や、沙都子の別人格(?)、羽入に対して完全上位互換であるエウアとどう闘うのか、…一体どうやって収拾をつけるんだ……!?
→ 答え 『 シ ン : エ ヴ ァ ン ゲ リ オ ン 』
もう説明するのもイヤというか全く意味不明で理解できていないので神楽し編は君の目で確かめてくれ!!(Vジャンプ攻略本)

最後にyouとかいう超名曲流していい感じに終わってるけど何もわからんわ!
沙都子が何に納得して改心したのかも、あんだけ言い争ってたのに普通に梨花が折れて別離で進んでるのも、いつの間にか時間が進んだ世界になってるのも、羽入の「奇跡」という御都合主義で剣が降ってきたのも、まあもう挙げればキリが無いほどに全部ぶん投げて終わってる。

別件で、魔女とか上位存在をそんな軽々しく出してくるなら先にうみねこ散のアニメ化をしろよ!オイ!うみねこの続編をこちとら10年待ってるんだぞ!!!はよしろ!!

これが公式の続編…嘘だよな?ゴーストライターがやってるんだよな…?
いや、もしかしたらこれって実は同人作品なんじゃ…竜騎士07が原作をしてるだけの、ひぐらしの設定を使った大規模な公式による2次創作なんだわ。そうだわ。そうですよね。そうです。
いや2次創作でもダメだろ。設定壊しすぎ原作壊しすぎ。

このアニメを一言で表すとしたら、「蛇足」の一言に尽きると思います。
うみねこ散のアニメ化を待っていたいけれど、これを見た後だとアニメ化されるのも心配になってきたわ…。

内容と関係ない部分に関する残りの駄文。
【1】
各話のタイトルが(各シリーズ最後を除いて)「○騙し編/○明し編 其のn」だけなのも正直悲しい。
第1話見たときは「リメイクじゃなくて"鬼騙し編"!?完全新作なのか!!!!」という衝撃があったけど旧作みたいにサブタイトルつけても良かったんじゃ…とは思う。-3点。
【2】
旧作のEDの途中から次回予告になって、モノローグとセリフの映像が映るシンプルな次回予告の演出が本当に好きだったのに、普通にED流して→「次回、○○編 其のn」って言うだけになっててめっちゃ悲しかった。あの後に引く感じの次回予告が見たかったの!-100000点。
【3】
作画はちょっと現代風になった。これは賛否両論個人差があると思う。
自分は旧作の方がシリアスな感じや狂気の描写が感じられるし、昔の深夜アニメのアングラな感じとかグロさとかをダイレクトに表現されてるのが好きだなあと思う。
一方で新作のほうは魅音やレナといったキャラの見た目が洗練されていてかわいくなってる。
【4】
曲は卒EDだけ半田翼で他は全部志倉千代丸(ボーカルは別)。
うみねこEP5のオカルティクスは当時めっちゃカッコいいと思って聞いてたんだけど、ココ最近の志倉千代丸曲はもう胃もたれするんだよな…千代丸節、全部同じに聞こえるんよ!
……いや、まあ好きだけどね…。作詞も毎作丁寧にやってくれてるし…。

全体
普通

終盤、「ドラゴンボール始まったぞ」と思ったけど、なんだかんだでハッピーエンド。
さとこは本当にクズ。人間の心は持っていないgm。そんな卒だった。

全体
普通

<ネタバレ注意>

・良かった点
鉄平や間宮リナといった前作では悪役として描かれていたキャラの改心したところが見れたこと。
最終回の終わり方
(特に、「you」が流れて卒業する場面、すき焼きの流れが良かった)

・悪かった点
急なバトル展開
尺稼ぎや中だるみを感じた物語の中盤の話
重要な描写にもかかわらず、あまり描かれない沙都子の心情
(沙都子の勉強ができないというくだりをもう少し掘り下げたり、梨花に嫌がらせをするまでの心情変化を描写していればかなり見方は違ったと思う)
あまり面白さを感じないアニメの演出
解決編にも関わらず、あまり目新しさが出てこなかった点

全体的に総合してみると、ひぐらし業ではある程度面白かったと思います。
しかし、ひぐらし卒になってからは、業の再放送のような使いまわしのシーンが多く、見ていて退屈な場面が多かったです。
また、話の内容とアニメの演出が合っていない部分もあり、ちぐはぐな印象を受けるときもありました。
最終話の1話前までは、駄作だと思いましたが、最終話ではyouの力もありある程度まとまっていて見てある程度の満足感を得られました。
(最終回までの流れがよかったら、素材も良かったし、もっと良い話にできたんだろうな…)
今後、コミカライズでひぐらし巡として解答編を描いていただけるようなので、そちらにはアニメ以上に期待しています。

全体
普通
映像
良い
キャラクター
普通
ストーリー
良くない
音楽
良い

終わりまでに持っていくやり方が雑すぎる印象がした。特に14話は大戦犯、ひぐらしが新しい道を切り開いた瞬間だった。その反動でもうこれはひぐらしではないとさえ思えるようになった。

全体
普通

こんなに長々とやる内容ではなかったかな

Loading...