Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 498
  • 感想数 : 50

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    途中でエンドカード流すアニメは神アニメ

    とても良い

    ぼっちちゃん頑張った!

    とても良い

    陽キャといるとひとりの感情の起伏が激しくておもしろかったです。
    実写含めたいろんな演出も輪をかけて分かりみでよかった。

    とても良い

    演出(?)が色々工夫凝らしててすごかった。原画6人でこのクオリティなのか…。

    とても良い

    いいきゃら

    とても良い

    ぼっち妹、辛辣だぁ・・・
    逃げたギターって喜多ちゃんだったのか。
    優しすぎる絵に書いたようなコミュ強。と思ったらヤバい人?
    ぼっちちゃんのリアクションが今回もまた面白いwゴミ箱に入ったあとニュルっと出てくるギターと最終回特有の原作者エンドカードで笑ったw

    虹夏ちゃん天使だ・・・

    とても良い

    突然のヒューマンビートボックス、アイデンティティ崩壊の音、実写パート、3話打ち切りのエンドカード、草を食べて生きていく、コメディタッチでテンポ良い。
    指先の皮でわかる練習の跡。喜多ちゃんを引き留めるぼっちちゃん、えらい、ようやった!アニメになって、より印象的なシーンに化けた感じ。

    とても良い

    面白い

    とても良い

    妹は陽キャっぽいなw
    結構辛辣である。

    その横のアホ毛、一応とかして直そうとはするんだw

    アイデンティティ崩壊の音「ぺちょ」w

    いうて結構行動的ではあるよなぁ。
    話しかけてほしいからギター持っていったり、今回は話そうとしたり、ボーカル誘おうとしたり。

    喜多さんが逃げたギターボーカルだったw

    結束バンド再結成。

    ぼっちの感情の浮き沈みが面白いw

    とても良い

    ぼっち妹かわいいな。ぼっちの壊れてる作画どれもかわいい。モンエナ箱買いだぁ。喜多さんメイドかわいい。百合じゃなくて、娘になりたいやばい奴だった。6弦ベースというオチ。

    とても良い

    「憂鬱な月曜日がやってきた…」←Twitterで無限に見るやつ
    アジカンの君の街までの謎のアイテムwwwww
    「アァ"!」オタクが話しかけようとして急に大声出すやつ…。
    突然の実写パート結構すき。へーちょ。
    挙動不審なストーカー予備軍のぼっちちゃんの謎ヒューマンビートボックスに咄嗟にノッて返してあげる喜多さん優しすぎるよ……良い子かわいい。後でサンプリングするからな。
    まるでカラオケみたいな実写の背景だぁ…
    褒められるだけで良い人認定しちゃうのチョロオタクくん過ぎて泣ける
    「ア…イ、イヤ、ほとんど独学で……」「ヴゥエ!???!」青山吉能とかいう声優、良い声出るだけのただのオタクくんなんじゃねえか?オタク声の解像度が高すぎる
    喜多ちゃん……ぼっちちゃんの脳破壊が…良い最終回だった…。ぼっちちゃんの顔面崩壊見ると安心するな~
    バンドは家族のようだと憧れて、逃げた自分を追い立てて。
    「喜多ちゃんが逃げ出してなかったらぼっちちゃんとも会えて無かったよ(神フォロー)」「フ!フ!(ちいかわ)」
    金の亡者リョウ。貢ぐ女喜多。断れない後藤。
    ギター弾こうとして6弦ベース買っちゃう女。
    特殊EDいく感じの流れだっただろ!!!!おい!!!山田リョウ!!!

    とても良い

    やべー百合キャラ +500億点

    ぼっちちゃんめっちゃ頑張ったな。知り合ったばかりの人と2時間も一緒に電車乗るの無理だわ。
    作画の遊び心が楽しくて見入っちゃう。この雰囲気を最大限に活かしたアニメーション。あと、単純に場面の切り取り方が上手い。印象に残るシーンをばっちり作画で魅せてくれる

    とても良い

    逃げたギターはお前かw
    憧れでバンドに入ったりベース買ったりそそっかしい?でも素人には楽器の違いなんて分からん
    ぼっちちゃんの成長も感じた
    まじで草食ってるw

    とても良い

    喜多ちゃん、可愛いな。
    行動力モンスターすぎる。
    垣間見えるリョウ大好きっ子なところがいい。

    ぼっちが不器用ながらも喜多を引き止めてメンバーが揃う流れ、素敵だった。

    とても良い

    色々凝っててスゴかった。
    バンド仲間も毒舌妹もクラスメイトも、ぼっちの周りはみんな良い人ばかりなのに、彼女の認知が歪んでてひたすらネガティブなのが面白い。陽キャに対する偏見が酷くて笑った。
    今まで色んなことから逃げてきたぼっちが喜多を引き止める流れがキレイだった。
    褒められるとでろでろになるぼっちがキモくて可笑しい。

    とても良い

    ぼっちちゃん泣かないで……な場面ラッシュからの喜多ちゃん加入になんだか成功してしまった
    喜多ちゃんも喜多ちゃんでなかなか癖が強そう
    喜多ちゃんもぼっちちゃんみたいに不器用だけど、強い思いも胸のうちに秘めていて、それに付き従って一歩ずつ進んでいくのがいいわね
    そらにしても二人とも輪郭がすぐふにゃふにゃになる……

    とても良い

    喜多ちゃんはもっと常識人かと思ってたらめちゃくちゃ癖強なキャラだった
    学生時代にバンドを組むってだけで青春だなあ、Fコード指吊りそうになる

    とても良い

    妹からも「クソめんどい」と言われてしまうひとりと対極に居る喜多登場回
    奇行と陰キャ根性が暴走するひとりは人の話にすら入れない。けど喜多は友達に恵まれているし接客業も出来る
    なのにひとりが喜多をバンドに連れてきて留める役を担うという不思議な構図に説得力有る描写だったかな

    虹夏は面倒見良いタイプだったけど、喜多は褒め殺し的コミュ力によりひとりとの距離を詰めていくね。特にひとりの黒歴史に対し咄嗟にボイパで返すのは中々出来る事じゃない
    でも全くひとりと別次元というわけでもないのが面白い。逃げた経験とか、不順な動機とか、重いリョウ愛とか
    それは喜多であっても「クソめんどい」部分を持つ証左

    同じ世界に生きてないと思えるひとりと喜多は実は同じ人間。バーカウンターでバンド観を語る二人は同じ世界(ライブ)を見ていた。だからひとりは喜多の頑張りを肯定し、彼女を引き止められる
    虹夏の台詞も良いね。喜多が逃げ出すというネガティブな一件を、ひとりと出会えたポジティブな一件と捉えていた
    …ただ、決め手がリョウのノルマを貢ぎたいだなんて流石に不純過ぎるけど(笑)

    ひとりの教え子としてバンドに加わった喜多
    喜多の「バンドは第二の家族」という考えを借りると、プレイングの下手さに嘆く喜多の姿はひとりにとって昔の自分であり、同時に子供の姿
    音合わせシーンは未熟な二人が親子のように歩んでいる様を思い起こさせたよ

    とても良い

    喜多ちゃんいいキャラだなw

    とても良い

    ぼっちちゃんのリアクションひとつひとつが見ていて楽しい、自作の曲を歌うのはもはやノルマなのか
    作者のはまじあき氏の描いたエンドカードが入って強制終了にしかけた所に笑った
    今回から本格的に登場する事になった喜多ちゃんもいいキャラだった、ぼっちちゃんに積極的に話しかけてくれる優しい陽キャ所やリョウに憧れて結束バンドに一度入った事、そしてギターと間違えて6弦のベースを買っていたりと少しぶっ飛んでる所もあって今後の活躍も楽しみ
    リョウが喜多ちゃんのベースを7円で買っていて、草を食べていたシーンも面白かった。本当に金欠なのか…

    123
    Loading...